さつまいもダイエット 効果。 さつまいもダイエットの方法は?【スッキリ効果で短期間で成功!】

さつまいもダイエット朝食置き換えの効果と成功のコツは?失敗してしまう原因は?

さつまいもダイエット 効果

「コグマダイエット」というダイエット方法をご存知でしょうか? 2017年に韓国の韓国のアイドルやコメンテーターの方々がコグマダイエットで成功して、日本でも若い女性を中心にブームになったダイエット法です。 日本ゴールドディスク大賞にもノミネートされたことのある、韓国の有名歌手のIUさんも短期間で -5kg ものダイエットに成功したのこと。 (ちなみに、日本ゴールドディスク大賞は 2019年には安室奈美恵さんが大賞を受賞しています) もうお気づきだと思いますが、その 「コグマダイエット」とは、さつまいもを主食にしたダイエットのことで、「さつまいもダイエット」として若い女性の間で注目されてきている 韓国発のダイエット方法なのです。 実際にそのやり方を見ていきましょう。 1 さつまいもダイエットとは ごはんやパンなどの主食をさつまいもに置き換えるダイエット法です。 ごはん一杯150gのカロリーは約250kcal、さつまいも150gのカロリーは約190kcalと 約60kcalのカロリーを一食でカットすることができます。 カロリーカットだけなら他食材でも可能ですが、 さつまいもは栄養価が高く、満腹感も得られやすい点で優れているのです。 2さつまいもの主な栄養素と効果 2-1 ビタミンC 体の細胞同士を結ぶコラーゲンを作るのに不可欠な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ他、カルシウムやミネラルの吸収を促進する働きがあります。 通常のビタミンCは熱に弱い特性をもっていますが、さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強い特性があるといわれています。 2-2カリウム 野菜や果物、豆類等に多く含まれている栄養素です。 ナトリウムとともに細胞の浸透圧調整を維持している他、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して排泄する役割も担っています。 2-3 アントシアニン アヤムラサキなどの紫品種には赤ワインに含まれているポリフェノールの一種、アントシアニン色素が含まれています。 アントシアニン色素は生活習慣病を引き起こす活性酸素の働きを抑制すること 抗酸化作用 が近年明らかになってきています。 2-4 ビタミンE 油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。 抗酸化作用を持ち、体内の脂質の酸化を防ぎます。 この働きによって 細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などの生活習慣病の予防になるといわれています。 3 さつまいもダイエットで痩せられる理由 3-1 カロリーが低い 同じ量のごはん 白米 とさつまいもを比べてみましょう。 ごはん 白米 150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalと同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、 約60kcalのカロリーカットとなります。 3-2 お通じがよくなる さつまいもにはヤラピンという成分が含まれています。 これはさつまいも特有のもので、腸の蠕動運動に働きかけて、便を柔らかくするといわれています。 さらに、さつまいもには食物繊維が含まれていますので、相乗効果でお通じが良くなると考えられます。 便秘が続くと、腸内の悪玉菌が増殖してしまい、それがむくみや血行不良の原因になってダイエットの障害になることもあります。 3-3 脂肪がつきにくい体になる さつまいもは低GI食品です。 GI グリセミック・インデックス とは食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。 GI値が高い食品は、食後に一気に血糖値が上がるため、体への負担も大きく、肥満につながりやすいといわれています。 GI値の低い食品は糖の吸収が穏やかであり、血糖値もそれに伴って緩やかに上昇しますので体に脂肪がつきにくいのです。 3-4 腹持ちが良い 胃にとどまる時間が長いか、短いかが腹持ちの良さとされます。 さつまいもは食物繊維を含んでいるので、食物繊維が水分を吸収して膨張し、胃に長く留まりゆっくりと消化されるので、腹持ちがいい食品といえます。 腹持ちがいいということは次の食事までに空腹になりにくいということです。 余計な間食を控えられるのでダイエットに適している食材と考えられます。 4 さつまいもダイエットの正しいやり方 4-1 主食をさつまいもに変える 夜にさつまいもをたべると消費しきれなかった糖質は体に蓄積されやすいので置き換えるのはエネルギーとして消費される朝食か昼食がおすすめです。 ごはん 白米 150g あたり約250kcal、さつまいも150gあたり約190kcalと同量のごはんとさつまいもでは主食をさつまいもに変えた方が、約60kcalのカロリーカットとなります。 4-2 調理方法 なにも加えずに調理できて余分なカロリーを摂取せずにおいしく食べられるやきいもが置き換えにおすすめです。 ダイエット中は甘いものにはなかなか手を出せませんが、砂糖を使わなくてもスイーツのように甘いやきいもで満足を得るができます。 4-3 皮ごと調理する さつまいもは皮ごと食べるのがおすすめ。 皮と身の間に栄養素が多く含まれているので、皮を捨ててしまうのはもったいない! ぜひ皮ごと調理して食べましょう。 4-4 冷やして食べると効果アップ やきいもをさらに効果的にダイエットに役立てる方法としてやきいもを冷凍するというものがあります。 一度やきいもを作り、冷凍することで、レジスタントスターチというでんぷんが増えるといわれています。 レジスタントスターチとは、難消化性でんぷんとも呼ばれ、消化されにくいでんぷんです。 消化されずに大腸まで届くので、さつまいもダイエットにぴったりの調理法といえます。 5さつまいも調理の基本レシピ 5-1蒸し芋 電子レンジの場合• さつまいもを洗ってラップで包む。 600Wで5分加熱する。 串が通るよう柔らかさになったら完成。 蒸し器の場合• さつまいもを洗って蒸し器に並べる。 蒸し器に水を半分くらい入れてふたをする。 湯気が出てきたら火を中火にして30分煮る。 串が通るよう柔らかさになったら完成。 5-2やきいも• さつまいもを洗って、アルミホイルで包む。 途中何度かひっくり返す。 ツラい食事制限もなく体への負担もなく、ムリのない食生活のままダイエットできるステキなダイエット法なので、ぜひ一度トライしてみてください。 また、 毎日さつまいもを蒸したり焼いたりするのが正直めんどう…という方にピッタリなものがあります! それが、 【 らぽっぽファームオンラインショップ】の 美腸やきいもです! 詳しくは。 さつまいもダイエットのポイントとなる、 ・皮ごと調理して食べる ・やきいもにして冷やして食べると効果的 を満たしていて、手軽に手に入るのも魅力的! 1袋150gの小分けパックになっているので、食べ過ぎの心配もいりません。 ただし、焼き芋にすると水分が抜けるため、同じ150gでも「生のさつまいも」よりも「焼き芋」の方がカロリーが高くなってしまいます。 置き換えダイエットのときは、 美腸やきいもを1袋全部食べるのではなく、少し残すのがポイントです! <さつまいもダイエットでよくある失敗例とは?>.

次の

ごはんの代わりにやきいも!?さつまいもダイエットの正しいやり方と効果

さつまいもダイエット 効果

さつまいもダイエットの方法は?なぜ効果があるの? さつまいもダイエットのやり方は簡単です。 1日の食事の中で1回だけ、主食をご飯やパンからさつまいもに置き換えるだけ。 この置き換える量は150gが目安です。 さつまいもは、蒸して食べると皮ごと食べられるし無駄なカロリーを摂取しなくて済みます。 さつまいもの皮や皮の周囲に豊富な栄養素が含まれているため、皮ごと食べることが大切です。 ちなみに、カロリー制限やおかずの制約はないので、その他は好きな物を食べて大丈夫ですが、栄養バランスを考えて食べ過ぎないよう気をつけましょう。 さつまいものダイエット効果はなぜ? さつまいもは甘くて美味しいイメージがあるのですが、なぜダイエットに効果あるのかご存知ですか。 それは、さつまいもの栄養に秘密があるからです。 1 低カロリー さつまいもの栄養バランスが豊富なことは知られていますが、低カロリーなことは意外と知られていないようですね。 さつまいもはポクポクして食べ応えがあるのでカロリーも多いのでは?と思うかもしれませんが、実はそのうち6割以上が水分なのです。 そして、主食としてご飯(白米)とさつまいもを同じ量だけ食べる場合、 ご飯 150g・・・約250kcal さつまいも 150g・・・約190kcal となり、約60kcalご飯よりも低カロリーなのです。 2 便秘解消~食物繊維・ヤラピン さつまいもには 食物繊維が多いので便秘解消にいいですし、腹持ちが良く空腹感を感じにくいです。 しかも、さつまいもには便秘解消に効果があるのは食物繊維だけでなく、 ヤラピンという成分が含まれています。 ヤラピンはさつまいもにしか含まれていない栄養素で、さつまいもを切ると出てくる乳白色の液体成分で、腸のぜんどう運動を促して便を柔らかくする働きがあります。 食物繊維も腸の働きを促すため、この2つの栄養素の相乗効果で便秘解消にとても良い食べ物といわれているのです。 ところで、ヤラピンと食物繊維はは熱を加えても効果が落ちないため調理法は問いません。 好きな食べ方で食べて大丈夫です。 ただ、 ヤラピンはさつまいもの皮やその周囲に含まれているため、皮ごと食べることが重要です。 効果を得るためには、ぜひ皮ごと食べるようにしてください。 3 ビタミンC さつまいもの栄養素としてもう1つ注目すべきものに、 ビタミンCがあります。 ビタミンCは熱に弱いという性質があるのですが、さつまいもの場合は、でんぷんに守られているためビタミンCが壊れにくく、熱を加えても壊れずに栄養を体に摂り入れことが可能なのです。 このビタミンCはどんな効用があるかというと、 美肌効果です。 メラニン色素を減らしてシミそばかすを防ぐ作用や、肌のハリや弾力を良くする作用があります。 4 クロロゲン酸 さつまいもの切り口が黒っぽく変色して「カビが生えた!」と慌てることがありませんか。 でも大丈夫。 これは、カビでなくクロロゲン酸というポリフェノールの作用なのです。 このクロロゲン酸も様々な働きをしてくれる成分で、ビタミンCと同じようにシミを予防する他、血糖値の上昇を抑えたり、脂肪を抑えたりしてくれます。 5 カリウム さつまいもには、 むくみに効果があるといわれるカリウムも豊富です。 以上のことから、さつまいもは我慢せず美味しく食べながらダイエットできる食べ物といわれているのです。 さつまいもダイエットで成功する食べ方は? さつまいもがダイエットにおすすめの食べ物ということは分かりましたよね。 ただ、さつまいもの食べ方によってはダイエットにならず、逆に太ってしまう可能性もあるので注意が必要です。 つぎに、成功する食べ方について確認しましょう。 1.ダイエットを成功させる食べ方は? 1 いつ食べるのがいいの? 置き換えるのは、朝食か昼食にしましょう。 消費できない糖質は蓄積される恐れがあるため、置き換えする食事は夕食や夜食を避けたほうが良いですよ。 2 良い食べ方ってあるの? よく噛んで食べましょう。 よく噛むことで満腹中枢が刺激されて満足感を得られますが、あまり噛まないで飲み込むと満足感を得られず必要以上に食べ過ぎてしまい、お腹の中で膨れて逆に便秘の原因になる可能性もあります。 3 調理方法は? シンプルに蒸かして皮ごと食べるのが一番おすすめです。 油で揚げる調理方法だとカロリーが増えてしまうので避けましょう。 また、さつまいもは熱を加えると甘味がより引き立つため、砂糖をあまり加えずにさつまいもの甘さを生かして調理しましょう。 2.ダイエットで注意すべきことは? ただ、さつまいもダイエットで失敗しないためには次の3つに気をつけることが大切です。 どんなダイエットでも、摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ太ってしまい、失敗するのです。 さつまいもは甘くて美味しいのですが、ご飯1杯150gをさつまいも150gに置き換えるのが基本です。 さつまいもには糖質が含まれており、これを過剰に摂取すると消費できずに蓄積されて太ってしまうため、 腹八分目にすることが肝心なのです。 2 さつまいもに砂糖を入れ過ぎない さつまいも料理では大学芋やスイートポテトなどの美味しい料理、お菓子もありますが、砂糖を使いすぎると血糖値がかなり上昇してしまいます。 「たまにはいいよね」と気分転換したくなるかもしれませんが、主食の置き換えですから、主食をスイートポテトや大学芋のような「おやつ」にしては意味がないのです。 3 たんぱく質などの栄養も大切 さつまいもダイエットでは、さつまいもだけを食べるのではなく、主食の置き換えですので、当然 主菜や副菜のおかずは必要です。 ビタミンやカルシウムなどの栄養素も大切ですが、特にたんぱく質は肌をきれいにするだけでなく痩せるための筋肉を作る働きがあるため、1日の必要量はきちんと摂り入れる必要があります。 【GI値とは?】 GI値は、食品が人間の体に取り込まれて糖に変化し、血糖値(血液中に入る糖質量)が上昇するスピードを表す指標です。 GI値が低いと血糖値の上昇が遅くインシュリンの分泌も抑えられるためダイエットに適しています。 GI値については研究者によってばらつきがあるし、調理方法によって値が変わることもあるので注意しなければなりません。 生のままだと次のようになっており、さつまいもは低GIとなっています。 ところが、 さつまいもは低温でじっくり焼くことにより、GI値がかなり上昇して白米よりも上になる可能性があるのです。 さつまいもは調理方法よって次のように変わるそうです。 つまり焼き芋は、実際にかなりの甘味を感じますが、GI値もそれだけ上昇してしまっているのです。 この理由は、さつまいもに含まれる次の2つの成分にあります。 ・でんぷん・・・じっくり加熱することで麦芽糖に変わる ・クロロゲン酸・・・熱に弱く、加熱すると分解される(本来は血糖値の上昇を抑える働きがある) ですので、 ダイエットにはGI値があまり変わらない、蒸かし芋が一番良さそうです。 また、干し芋のGI値は未確認ですが、干し芋と生のさつまいもを同じ重量で比較すると、干し芋は水分が抜けてしまい栄養価が生のさつまいもの2倍以上あるため、食べ過ぎは要注意です。 さつまいもダイエットで食べ過ぎが心配な場合は? 美味しく食べながら健康的に痩せるというのが理想的なダイエットですよね。 その点、さつまいもは確かにGI値が低くてダイエット向きの食品の1つではありますが、既にお話ししたように、調理方法によっては逆効果のこともあります。 ですから、あまり細かいことを考えずにダイエットしたい、という人にはちょっと面倒かもしれません。 その点、次のようなダイエット青汁は、美味しいのにダイエットが期待できます。 ちなみに、こちらの青汁は「贅沢コース」を申し込むと、初回月が680円と安いし返金保証もついている、という超お得なコースになっています。 (毎月300名限定かつ、最低6ヶ月続けるという前提ですが。 ) このダイエット青汁のコンセプトとしては、無理なダイエットだと続かないしリバウンドの心配もあるけど、そんな無理なダイエットをしないで、 ・栄養バランスを保ちながら、 ・美味しいものを楽しみながらダイエットしよう。 というものです。 ダイエットの方法は様々な種類がありますし、個人個人の性格や体質によっても向き不向きがありますが、「無理せず美味しいものを楽しみながらダイエットしたい」という気持ちがある場合は、こちらを一度見てみると良いですよ。 さいごに さつまいもダイエットに限らずどんなダイエットでも、そればかり食べていると栄養バランスが偏ってしまい心身のバランスも崩れてきます。 美味しいからといってさつまいもだけ食べ過ぎないで、栄養バランスを気をつけて、楽しくダイエットしてくださいね。

次の

韓国で話題のさつまいも(コグマ)ダイエットの効果

さつまいもダイエット 効果

さつまいもダイエットとは、 ご飯をさつまいもに置き換えるダイエット法です。 昼食か夕食を、ご飯やパンの主食の代わりにさつまいもを食べるだけでいいのです。 さつまいもというと、甘い炭水化物のイメージがあってダイエットには不向きのような気がしますよね。 ところが、 さつまいもは白米などよりもカロリーが低く、しかも腹持ちがよく栄養のある食品なんですよ。 消化吸収にかかる速度がゆっくりなので、炭水化物の中でも太りにくい食品で、食物繊維も多く、便秘解消に役立ちます。 満腹感も得られやすく、いくら食べても飽きないので、さつまいもが苦手でなければすごくいいダイエットといえます。 さつまいもは、比較的1年中手に入りやすく、冷暗所で長期間保存できる食品なので安い時にまとめ買いしておけるメリットもあります。 さつまいもは、こんなに甘くておいしいのにダイエットに最適だなんて、不思議な気がしますけど本当なんです。 好きな物を食べてダイエットできるさつまいもダイエットは、ストレス無く気軽に始められます。 効果は? さつまいもダイエットの効果はどのようなものがあるのでしょうか? 意外に思うかもしれませんが、さつまいもはカロリーが低い食品です。 さつまいもダイエットで、 主食をさつまいもに置き換えると、白米やパンよりカロリーが低い為カロリー摂取が少なくなり、体重減の効果が出るのです。 それから、さつまいもには クロロゲン酸という成分が含まれていて、このクロロゲン酸が糖分吸収をブロックする働きします。 さつまいもは炭水化物なのに、消化吸収がゆっくりで太りにくい食品だそうです。 さらに食物繊維が豊富なので、便秘の解消に効果が期待できます。 この食物繊維はお腹がふくれやすく、腹持ちがよく満腹感を感じやすいです。 カリウムも多く含まれていて、体内の塩分を排出する働きをするので むくみにも効果があります。 とかくダイエットというと、無理な食事制限をしたり好きな物を食べられなかったりと、ストレスが溜まり途中で挫折してしまいがちですが、 さつまいもダイエットは甘いさつまいもを食べていればいいだけなので、ダイエットをしている感がなくて続けやすいダイエットだと思います。 置き換える方法は? さつまいもダイエットはどのような方法で行うのでしょうか? さつまいもダイエットは、主食をさつまいもに置き換えるダイエットです。 方法としては昼か夜の食事の主食を、蒸したさつまいも150グラムに置き換えて食べるだけです。 その時、さつまいもの皮も栄養がたくさんあるので、 皮ごと食べた方が効果的です。 食べ方は良く噛んで食べます。 よく噛まないと、お腹の中で膨れてしまい逆に便秘の原因になってしまいます。 さつまいもがダイエットにいいからと食べ過ぎには気をつけてください。 過剰摂取になると、さつまいもの炭水化物と糖質は蓄積されて太りやすくなってしまいます。 食物繊維も多く摂りすぎると、消化しづらくなりやはり便秘を招きます。 さつまいもは、蒸したり焼いたりすると、より甘みが増すので素材の味を楽しむように砂糖などの甘みを使わないことも大事です。 どうしても間食をしたい人には、間食でさつまいもを食べるのもいい方法だと思います。 さつまいもの1日の適量を守り、それ以外ではバランスの取れた食事を3食きちんと食べるのが、さつまいもダイエットの正しい方法です。 成功しやすいの? さつまいもダイエットは成功しやすいダイエットといえるでしょうか? 結論から言うと、 さつまいも自体がダイエットに適した食品であるので、さつまいもダイエットは成功しやすいと思います。 甘くて食べごたえがあるさつまいもは、満腹中枢が刺激され食べるのに時間がかかるので少量でもよく、 食べ過ぎをおさえることができます。 そして、脂肪や糖の吸収を抑えて血糖値の上昇も緩やかなので、摂取することにより太りにくくなる体質に改善されていきます。 また、 むくみの解消となるカリウムやカルシウムも豊富に含んでいます。 以上のことから、さつまいもがダイエットに成功しやすい食品なのが理解できると思います。 それ以外にも、さつまいもは蒸すなどの加熱さえすれば食べられる食品だということも、成功しやすい理由としてあげられます。 むしろ、油を使ったり余計な味付けをするとカロリーオーバーになって逆効果なので、 そのまま皮つきで食べておいしいさつまいもは、まさにダイエット向きの食品と言えますね。 口コミではスッキリ効果も? スィーツ感覚で食べられる、甘くておいしいさつまいもを使ったさつまいもダイエットの口コミ状況はどんなものがあるのでしょうか? 元々ひどい便秘症の人は、さつまいもダイエットを始めてすぐに便秘解消された為か、いきなり2キロ3キロと体重が減ったようです。 体質にもよるようですが、便秘にはすごい効果があるみたいですね。 中には、 2ヶ月で10キロの減量に成功してウエストが10センチ以上も細くなったという人もいらっしゃいました。 この人は、さつまいもダイエットの成功を確信し、太りにくくなったことを実感し自分に合ったダイエット法が見つかってよかったと、本当に喜んでいました。 男性の口コミもあり、 ワイシャツの首回りがゆるくなってきてベルトの穴も減り、体重も減ったとのうれしい感想を寄せていました。 食事の量を減らす為にさつまいもをよく食べているという人は、まだ体重は減っていないが便通が良くなり体重増加が認められないので、徐々にダイエット効果が出てくるのでは、との思いを口コミにしていました。 さつまいもダイエットに関しては、概ね評価が高いようです。 糖質が多いとされているさつまいもですが、ダイエットに効果的といわれていますので、苦しいダイエットとはおさらばできそうです。

次の