福井 県 コロナ ウィルス。 福井県鯖江市コロナ感染の飲食店40代女性従業員は誰で「晩酌ちろり」?

新型コロナウイルス対策支援特別ページ

福井 県 コロナ ウィルス

東京都で新型コロナウイルスの感染者数が増え続けている。 その影響で東京から地方へ「コロナ疎開」をする人も出てきている。 統計データ分析家の本川裕氏は「10万人当たりの感染者数(感染率)を調べると、東京より福井のほうが高い。 感染者数ワースト1位は東京都だが、感染率ワースト1位は福井県 4月4日、東京都で新たに確認された新型コロナウイルス感染者が118人と初めて100人を超え、累計は891人となった。 翌5日には143人が確認され、累計は1034人になっている。 こうした発表を受け、首都を中心に全国で感染爆発が起こるのではないかという不安や懸念がますます強まりつつある。 感染者数は実数で報道されることが多い。 確かに値が大きい場合には、それがもたらす影響度も大きいので、実数の報道には大きな意味がある。 しかし、人口約1300万人の東京と人口約78万人の福井とを比較して東京の感染者数が福井よりずっと多いといっても、感染リスクを正しく評価したことにはならないだろう。 時間が経過するだけ新しいデータが発表される。 ここで使用している値は4月5日17:00現在で入手可能なものまでである点を読者にはご了解いただきたい。 図表1には、感染者数の多い都道府県ランキングを実数と人口10万人当たりの両方で示したデータを掲げた。 感染者数そのものについては、1位の東京が891人と2位の大阪の387人の2倍以上となっている。 上位2都府が3位の神奈川以下を大きく上回っており、首都東京や関西の中心大阪の動きが極めて重大な局面にあることがうかがわれる。 3位以下、10位までの上位地域としては、北海道を除くと東西大都市圏の近郊地域や愛知、福岡といった中心都市が占めており、都市部の感染がウエートとして大きいといえる。 ところが、人口10万人当たりの感染者数(以下、「感染率」と呼ぶ)の都道府県ランキングは「実数」のランキングとはかなり様相を異にしている。 何と1位は6. 7人(10万人あたり、以下同)の福井であり、6. 5人の東京は2位なのである。

次の

福井県内の最新感染動向

福井 県 コロナ ウィルス

東京都で新型コロナウイルスの感染者数が増え続けている。 その影響で東京から地方へ「コロナ疎開」をする人も出てきている。 統計データ分析家の本川裕氏は「10万人当たりの感染者数(感染率)を調べると、東京より福井のほうが高い。 感染者数ワースト1位は東京都だが、感染率ワースト1位は福井県 4月4日、東京都で新たに確認された新型コロナウイルス感染者が118人と初めて100人を超え、累計は891人となった。 翌5日には143人が確認され、累計は1034人になっている。 こうした発表を受け、首都を中心に全国で感染爆発が起こるのではないかという不安や懸念がますます強まりつつある。 感染者数は実数で報道されることが多い。 確かに値が大きい場合には、それがもたらす影響度も大きいので、実数の報道には大きな意味がある。 しかし、人口約1300万人の東京と人口約78万人の福井とを比較して東京の感染者数が福井よりずっと多いといっても、感染リスクを正しく評価したことにはならないだろう。 時間が経過するだけ新しいデータが発表される。 ここで使用している値は4月5日17:00現在で入手可能なものまでである点を読者にはご了解いただきたい。 図表1には、感染者数の多い都道府県ランキングを実数と人口10万人当たりの両方で示したデータを掲げた。 感染者数そのものについては、1位の東京が891人と2位の大阪の387人の2倍以上となっている。 上位2都府が3位の神奈川以下を大きく上回っており、首都東京や関西の中心大阪の動きが極めて重大な局面にあることがうかがわれる。 3位以下、10位までの上位地域としては、北海道を除くと東西大都市圏の近郊地域や愛知、福岡といった中心都市が占めており、都市部の感染がウエートとして大きいといえる。 ところが、人口10万人当たりの感染者数(以下、「感染率」と呼ぶ)の都道府県ランキングは「実数」のランキングとはかなり様相を異にしている。 何と1位は6. 7人(10万人あたり、以下同)の福井であり、6. 5人の東京は2位なのである。

次の

新型コロナ感染率ワースト1位は福井 クラスター感染が偶発的に発生か

福井 県 コロナ ウィルス

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、福井県が4月25日から5月6日まで休業を要請する方針の県内の対象施設が4月22日分かった。 対象はバーやパチンコ店、カラオケボックスなど約100業種で、休業要請に応じた事業者には協力金を支給する方針。 スーパーや飲食店、医療機関、福祉施設、交通、金融機関など約100業種は対象から外す。 関係者によると、休業要請は新型コロナ特別措置法に基づき、施設管理者に対して行う。 このうち大学・学習塾、博物館、宿泊施設、商業施設については、特措法が対象外とする総床面積1千平方メートル以下でも休業の協力を依頼する。 ただし、100平方メートル以下の大学・学習塾と商業施設は協力依頼の対象外とし、営業を続ける場合は適切な感染防止対策の徹底を依頼する。 飲食店や喫茶店など食事提供施設も対象外としたが、営業時間は午前5時~午後8時に限定し、酒類の提供は午後7時までとするよう求める。 宅配や持ち帰りの場合は営業時間を制約しない。 原発や工場も対象外とし、適切な感染防止対策への協力を求める。 休業要請などに応じた事業者への協力金の額は検討中で、23日に必要経費を盛り込んだ補正予算を専決処分する予定。 杉本達治知事が同日説明し、県民や事業者に協力を求める予定。 休業要請を巡っては、21日から既に実施中の石川県が約100業種を対象にしており、福井県は先行事例に沿って対象施設を選んだとみられる。 杉本知事は21日、記者団に対し「石川県や京都府など近隣府県でも自粛要請をしており、水準をそろえることが重要だ」と述べている。

次の