ティックトック 危険性。 TikTo【ティックトック】ひなたの撮影テクニックがすごい!可愛く撮るコツとは?|ちむちむライフ.com

TikTok(ティックトック)の危険性とは?未成年の危ない体験が急増

ティックトック 危険性

音楽に合わせて15秒間のオリジナルの動画が作れる&作った動画を投稿できる音楽動画コミュニティです。 TikTok Japanからお知らせです。 本日SNS上でTikTokが終了するという捏造の告示をする投稿を確認しました。 この情報は事実無根であり、TikTokが終了することはありません。 TikTokは皆様が安心して楽しめるプラットホームになれるよう今後とも努力を続けてまいります。 AppStoreでは12歳未満には適さないとなっていますが、 13歳未満が正しい とのことです。 しばらくの間、古い情報を掲載しており大変申し訳ございませんでした。 教えていただいた皆様、ありがとうございました。 このように利用規約が変わったということで、TikTokの運営側でも幅広い年齢の方に楽しんでもらえるようにセキュリティや安全面には配慮がされてきているのだと感じました。 だからこそ、使う側もマナーを守って利用していきたいですね。 TikTokで顔出しすることの怖さ TikTokを楽しんでる多くの人は 顔出しの動画を投稿しています。 2018年2月のユーザー数は6,600万人を超えるほどの人気で、現在もどんどん増加中です。 そんなたくさんの人が利用してる(見てる)TikTokに、自分の顔を隠さずに動画を投稿して大丈夫ですか? Youtubeでは顔出しするのは危険という認識があって、マスクをしたり顔が映らないように動画を撮ったりして投稿してる人が多いのに、TikTokは顔出ししてる人が多い気がしました。 『手軽だし15秒の短い動画だし、みんなもやってるし大丈夫!』 そんな気持ちで顔出し動画を投稿していませんか? 実はTikTokの動画は、知らない人に勝手にまとめられてYoutubeなどの動画サイトにアップされてたりします。 『著作権の制限によりダウンロードできません』という表示が出ていても、メールに共有して送信したりすることでダウンロードできてしまうのが現状です。 自分の知らないところで動画が独り歩きしてネットの海をさまよっている状態ですね。 この記事ではTikTokの公式Youtubeチャンネルに投稿されている動画を共有しています。 こうやって誰かがまとめたあなたの動画が、 どんどん知らない場所まで広がっていく可能性もあります。 もしもTikTokから有名になってやる!っていう強い気持ちがあるなら全然OKだと思いますが 友達の間で楽しむだけだったら 非公開で動画を投稿したほうがいいと思います。 顔出しすることで制服や持ちものなどから個人情報がバレてしまうこともありますし、最悪なにか事件に巻き込まれる可能性も考えられます。 最近では出会い目的でTikTokを使用してる大人もいるんです。 お子さんがTikTokをされている場合は本当に気をつけないといけない部分です。 動画を見てるだけだったら危ないこともないんですけどね。 また、 他のユーザーが自分の動画を保存出来ないようにする設定にしておいたほうが安心ですね。 投稿する前には非公開になっているかよく確認してから投稿ボタンを押してくださいね! TikTokを出会い目的で使おうとしている人も中にはいます。 顔出し投稿したことで、投稿した動画のコメント欄であなたの連絡先を聞いてこようとする 人がいる可能性があります。 実際、そういったコメントを見かけます。 TikTokは出会いを求めるためのアプリではありません。 もしも、そんなコメントをつけられても絶対反応してはだめです! そういった危険から身を守るためにも、友達だけがコメントをつけられるようにしておくと安心です! プライバシー設定から変更できます。 もしも自分がそんなコメントつけられたら傷つくだろうな・・・とも思います。 人気になればなるほど人に見られる機会が増えるので、仕方ないことではあると思いますが・・・。 芸能人って色んな場所で色んなコト言われまくってて、ものすごくメンタルを消耗する仕事なんだなって改めて感じました(汗) 非公開アカウント(もしくはコメント設定を友達まで)にしていれば全然知らない人からそういう変なコメントを貰うこともないので安心ですね! TikTokの撮影に夢中で迷惑行為していませんか? TikTokにいい動画を投稿したい! こんな気持ちが先行し、夢中になって公共の場所で人の迷惑を考えずに動画を撮っていませんか? 本当にシンデレラ城前で自撮りしに群がってる女子が嫌です。 あなた方のせいで城前の柵に棘 ? ができたり、シーではアラビの窓に壁が作られたりしました。 ルールを守れない人の行動1つでパークの美しさが奪われていきます。 語彙力が無くてごめんなさい。 消してとは言えないんだよなぁ。 だるい。 CMも店内でやってたり、ダメだろ普通に。 — MITO MITO062856 他にも実際に迷惑行為になっている動画の投稿も見つけましたが、ここではあえて載せません。 本当は載せたいけど・・・。 例えば警察の人に絡んでいる動画だったり、電車の中で寝ている人に対していたずらする動画だったり、ディズニーランドで周りの迷惑を考えずに道のど真ん中に座り込んで撮影してる動画だったり・・・。 最悪こういった迷惑行為から身元が特定されて、逮捕される人も出てくるような気がしています。 TikTokの運営が削除しているのか、投稿者が批判を受けて自ら削除しているのかわかりませんが、私が「これは迷惑行為だ!」って思った動画は次の日に確認したらTikTok上から消えていました。

次の

TikTok(ティックトック)の危険性とは?未成年の危ない体験が急増

ティックトック 危険性

若者たちの間で流行っているティックトックとは? 10代から20代前半の若者たちの間で流行しているティックトック(Tik Tok)とは一体どのようなものなのでしょうか? ティックトックというのは、中国で開発されたショートムービー共有アプリケーションのことです。 ダンスや歌などの動画を、スマートフォンを使って撮影して、アプリ内に実装されたエフェクトで加工したり、BGMを加えたりしてユニークな15秒間の動画が作れるのが特徴のサービスです。 ほかの動画サービスと異なり、撮影の際に高価なビデオカメラや機材もいりませんし、高度な編集スキルがなくても楽しめるのがこのティックトックの魅力であり、スマートフォン世代の中高生を中心に爆発的な人気となっているアプリなのです。 芸能人も楽しんでいるティックトック きゃりーぱみゅぱみゅさん、小島よしおさん、渡辺直美さんなど、芸能人の中にも、このティックトックを利用している方が増えてきており、App Storeのアプリダウンロード数で世界一になるなど、世界中で人気が高まっているアプリでもあります。 なお、このティックトックが利用できるのは、13歳以上の方となっています。 ティックトックの危険性について ティックトックは、誰でも気軽に楽しむことができるアプリですが、スマートフォンで動画を自分の姿を撮影するため、身バレしやすくなるというリスクもあるので、気を付けなくてはなりません。 身バレしてしまうと学校や自宅やアルバイト先を特定されてしまったり、最悪の場合には出会い目的の人やストーカーの被害に遭ったり、進学や就職の際に不利になってしまうリスクもあるのです。 また、YouTubeなどほかのサービスに無断転載されて拡散されてしまうと、中傷コメントが書き込まれることやずっとその情報インターネット上に残ってしまうという事態にもなりかねません。 実際に、ティックトックが原因で身バレしてしまい、迷惑行為を受けた人も少なくないのです。 このような事態にならないためにも、ティックトックを楽しむ際には、身バレに十分な注意が必要となります。 ティックトックで身バレしてしまう原因 ティックトックで身バレしてしまう原因は、いろいろとあります。 一番身バレしやすい原因は、自分の顔を出してしまうことです。 顔をさらすと、本人を特定しやすくなるのは当然のことです。 有名になりたい、注目されたいという願望が強くなると、顔を出すことに抵抗感が薄れてしまう方も少なくありませんが、身バレしたらその後どうなるのかをよく考えたほうがよいでしょう。 顔を出さなくても身バレすることもある マスクやサングラスをして顔を出さないように気を付けていたとしても、身バレしてしまうこともあるので、注意が必要です。 学校やアルバイト先の制服を着用した動画をアップすることでも、本人が特定できてしまうこともあるのです。 着ている制服から学校が特定されてしまい、そこから、個人情報がバレてしまったという被害も実際にあります。 位置情報や撮影地などにも注意しよう 撮影した場所から、身バレすることもあります。 自宅の窓から見える何気ない景色の情報だけでも、簡単住所が特定されてしまうこともあるのです。 個性的な景色、目立つ看板、電柱など、住所がわかるような場所での撮影は、身バレ防止のために、できるだけ避けたほうがよいでしょう。 そのほか、位置情報のアクセスを許可しない、本名や生年月日などのプロフィールを公開しないなど、身バレしないように対策をしておいたほうが安心です。 どうしても身バレが怖いという方は、全体に公開せずに、プライベートアカウントにして楽しむのもよいかもしれません。

次の

『TikTok』など中国発アプリに重大リスク!? 米シンクタンクが報告書を発表 「ユーザーデータが合法的に中国へ…」 (2/2ページ)

ティックトック 危険性

若者たちの間で流行っているティックトックとは? 10代から20代前半の若者たちの間で流行しているティックトック(Tik Tok)とは一体どのようなものなのでしょうか? ティックトックというのは、中国で開発されたショートムービー共有アプリケーションのことです。 ダンスや歌などの動画を、スマートフォンを使って撮影して、アプリ内に実装されたエフェクトで加工したり、BGMを加えたりしてユニークな15秒間の動画が作れるのが特徴のサービスです。 ほかの動画サービスと異なり、撮影の際に高価なビデオカメラや機材もいりませんし、高度な編集スキルがなくても楽しめるのがこのティックトックの魅力であり、スマートフォン世代の中高生を中心に爆発的な人気となっているアプリなのです。 芸能人も楽しんでいるティックトック きゃりーぱみゅぱみゅさん、小島よしおさん、渡辺直美さんなど、芸能人の中にも、このティックトックを利用している方が増えてきており、App Storeのアプリダウンロード数で世界一になるなど、世界中で人気が高まっているアプリでもあります。 なお、このティックトックが利用できるのは、13歳以上の方となっています。 ティックトックの危険性について ティックトックは、誰でも気軽に楽しむことができるアプリですが、スマートフォンで動画を自分の姿を撮影するため、身バレしやすくなるというリスクもあるので、気を付けなくてはなりません。 身バレしてしまうと学校や自宅やアルバイト先を特定されてしまったり、最悪の場合には出会い目的の人やストーカーの被害に遭ったり、進学や就職の際に不利になってしまうリスクもあるのです。 また、YouTubeなどほかのサービスに無断転載されて拡散されてしまうと、中傷コメントが書き込まれることやずっとその情報インターネット上に残ってしまうという事態にもなりかねません。 実際に、ティックトックが原因で身バレしてしまい、迷惑行為を受けた人も少なくないのです。 このような事態にならないためにも、ティックトックを楽しむ際には、身バレに十分な注意が必要となります。 ティックトックで身バレしてしまう原因 ティックトックで身バレしてしまう原因は、いろいろとあります。 一番身バレしやすい原因は、自分の顔を出してしまうことです。 顔をさらすと、本人を特定しやすくなるのは当然のことです。 有名になりたい、注目されたいという願望が強くなると、顔を出すことに抵抗感が薄れてしまう方も少なくありませんが、身バレしたらその後どうなるのかをよく考えたほうがよいでしょう。 顔を出さなくても身バレすることもある マスクやサングラスをして顔を出さないように気を付けていたとしても、身バレしてしまうこともあるので、注意が必要です。 学校やアルバイト先の制服を着用した動画をアップすることでも、本人が特定できてしまうこともあるのです。 着ている制服から学校が特定されてしまい、そこから、個人情報がバレてしまったという被害も実際にあります。 位置情報や撮影地などにも注意しよう 撮影した場所から、身バレすることもあります。 自宅の窓から見える何気ない景色の情報だけでも、簡単住所が特定されてしまうこともあるのです。 個性的な景色、目立つ看板、電柱など、住所がわかるような場所での撮影は、身バレ防止のために、できるだけ避けたほうがよいでしょう。 そのほか、位置情報のアクセスを許可しない、本名や生年月日などのプロフィールを公開しないなど、身バレしないように対策をしておいたほうが安心です。 どうしても身バレが怖いという方は、全体に公開せずに、プライベートアカウントにして楽しむのもよいかもしれません。

次の