池田 大作 先生。 池田大作先生第3代会長の激闘

創価学会が池田大作氏の死亡を発表できない理由は何ですか

池田 大作 先生

かけがえのない 「地球の財産」である。 その貴重な生命を守ることは、 人類の未来を 守ることにつながる。 未来部の皆さんにとって、 学ぶことは、 かけがえのない権利だ。 特権である。 勉強をすれば、 自分の視野が広がる。 活躍の舞台が大きくなる。 今まで見えなかった世界が、 はっきりと 見えてくるようになる。 大空から大地を見渡す「翼」を 手に入れるようなものだ。 ゆえに、 今は大いに学んでもらいたい。 決意した通りに 勉強できる場合もある。 できない場合も 多いかもしれない。 調子がいい時も、 悪い時もある。 しかし、 どんな時も、へこたれないで、 「また頑張ろう」と決意する。 あきらめない。 その人が最後には伸びていく。 栄養を与えるほど、 木は大きく育つ。 同じように、 魂にも「滋養」を 与えることである。 そのためには読書である。 十代、二十代に読んだ本は 一生の財産となる。 皆さん方のお父さん、お母さんは、 偉大な民衆の歴史を 切り開いている。 そして後継の皆さんは、 若き正義の英雄なのである。 世界広布の先頭を走る、 若き後継の未来部を、 皆で応援しよう! 皆さん方の成長を、 世界が待っている。 勉学第一を、 そして 親孝行を頼みます。 1981年(昭和56年)5月、池田大作先生がオーストリアの首都ウイーンで撮影した。 ドナウ川はドイツ南西部を水源とし、欧州諸国を経て、黒海に注ぐ。 全長2860キロに及ぶ美しい流れは、大地とともに人々の心を潤してきた。 幾多の支流が合わさって大河となるように、広宣流布もまた、後継の人材によって永遠の流れとなる。 きょう6月7日は、高等部の結成記念日。 同部をはじめとする未来部は、池田先生が第3代会長に就任後、最初に結成された部である。 師の心を受け継ぎ、真心の励ましで人材の大河を築きゆこう。 物や効率ばかりを 追うような社会から、 心の通う人間らしい 社会に戻していくには、 女性の力が 不可欠(ふかけつ)なのである。 女性の聡明(そうめい)な笑顔、 生き生きとした 声の響きこそ、 皆に勝ち進む活力を みなぎらせていく 源泉である。 女性こそ 平和の担い手であり、 生命尊厳の世界を築きゆく 偉大な使命をもっている。 女性は、 いくつになっても、 自分らしく花を 開かせることができる。 心にしっかりとした芯を もっている人は、 時とともに輝いていく。 そのためにも、 何か、自分を進歩させる 目標をもつこと、 さらに人のため、 社会のために 尽くしていくことが 大切である。 女性には命を育(はぐく)む 「慈悲」がある。 生活に根差した 「智慧」が光り、 堅実(けんじつ)に生きる 「忍耐」があり、 一歩も退(しりぞ)かぬ 「信念」が燃えている。 世界一、宇宙一の妙法を 持ち弘めゆく女性は、 この社会で 最高に尊貴(そんき)なる 宝の方々だ。 「法華経の師子王」を 持った女性こそ、 時代・社会の最先端をいく 一人一人なのである。 ピンク色のじゅうたんを敷き詰めたように、一面に咲くレンゲソウ。 1980年(昭和55年)5月、池田大作先生が岐阜市内でカメラに収めた。 中国では、古くから生薬として使われてきたレンゲソウ。 花言葉の一つ「あなたと一緒なら苦痛が和らぐ」も、その薬効が由来とされる。 6月は、創価の女性の月である。 4日は女子部の「世界池田華陽会の日」、そして10日は「婦人部の日」。 一度結んだ友情は 絶対に裏切らない。 その人が 大変になればなるほど 守り抜いていく。 これが私の生き方である。 友人の影響は、 ある時には、 親よりもだれよりも強い。 いい友達、 向上しようとしている人と 付き合えば、自分も向上する。 「いい友人をつくる」には、 「自分がいい友人になる」 以外にない。 「理解」することだ。 人間は、 自分のことを 「わかってくれる人がいる」、 それだけで生きる力が 湧いてくるものだ。 自分さえよければという エゴが渦巻けば、 地域も社会も壊れてしまう。 大山も 一つの塵(ちり)から成る。 大海も 一滴(いってき)の露(つゆ)から始まる。 一人から始まる。 一人を大切にすることが、 社会を変え、 やがて世界を変えていく。 そして世代を超え、 永遠の平和を実現する道が、 広宣流布である。 1973年(昭和48年)5月、池田大作先生がフランス中西部のロワール地方で撮影した。 友情の道もまた、自分から声を掛け、真心の言葉を届けることから広がっていく。 池田先生は国家や民族、イデオロギーの違いを超え、各国の指導者や民衆と友情を結び、世界平和への大道を切り開いてきた。 私たちも師の行動に続き、悩める友に寄り添い、励ましの光を送っていきたい。 声の響きこそが、 人に勇気を送る。 いざというときの 「信頼の一言」 「励ましの一言」 「確信の一言」が、 どれほど皆に 力と勢いを与えることか。 大事なのは、 励ましである。 励ましの声である。 仏典には、 「声仏事を為す」と 仰せである。 現実に生きゆく人々に、 希望と勇気を送るのは、 真心からの 「励ましの声」である。 自分を よく見せようとすると、 しゃべるのが苦痛になる。 ありのままの あなたでいい。 背伸びせず、 自分の短所も長所も 正直に知ってもらえば いいのである。 親身になって、 話を聞くことである。 悩みを「聞いてもらう」 だけでも、ぐっと心が 軽くなるものだ。 前へ進む力になる。 今、手を差し伸べれば、 全ての人を 輝かせていける。 一本の電話の持つ力は 計り知れない。 顔が見えない分だけ、 声や話し方が大事である。 一本一本の電話、 そして一回一回の対話が 仏縁を結び、福運を広げる 仏道修行と思い、 深き祈りを込めて、 声を響かせていくことだ。 「声」を 惜しんではならない。 「声」の限りを尽くして、 語りまくり、 しゃべりまくって いくことだ。 「新しい息吹」で、 「新しい声」を 発するところから 始まるのだ。 【写真の説明】 初夏の日差しに照らされ、新緑が映える。 「創価学会後継者の日」の今月5日、池田大作先生が都内でカメラに収めた。 木々は太陽の光を浴び、天に向かって力強く伸びていく。 人もまた、温かく励ましてくれる存在がいるからこそ、勇気と希望が湧き、大きく成長することができる。 創価学会では、今月を「励まし月間」(31日まで)とし、同志、家族・親戚、友人・知人などに励ましの声を届けていく。 創価家族が一丸となって後継の友を育んでいく。 その母たちが、 最大限の 栄光と幸福に包まれ 報われゆく時代こそ、 「女性の世紀」では ないだろうか。 歴史を振り返れば、 どれほど多く、 母たちの悲しみの涙が 流されてきたか。 海よりも深い 母の慈愛には、 人々を正しき軌道へと 導く力がある。 家族のため、 近隣のために、 自分らしく、 誠実に精一杯の努力をして 生きてきた女性の一生は、 平凡であっても、 尊く美しい。 完璧な母親などいない。 欠点も長所もあるから、 人間なのだ。 そこに人間らしさがある。 だからこそ、 子どもも安心できる。 自分らしくて よいのである。 「母の慈悲」は、 人間に、そして 生きとし生けるものに、 自然に与えられている 「仏の心」であると 言ってよい。 子を思う「母の慈悲」は 万人を思う「仏の心」に 直結する。 それゆえに、 人間は誰もが 「母の慈悲」に 触れることによって、 「仏の心」を直接に 体験することができる。 「母の慈悲」は、 全ての人間に開かれた 大いなる 精神的恩恵なのである。 私たちは、 この健気な母を幸福にする 「責任」がある。 いな「使命」がある。 これが「人生」だ。 この平凡にして偉大な母を 幸福にしていくことこそ、 全世界の平和への 第一歩なのである。 2007年(平成19年)11月、池田大作先生が都内でシャッターを切った。 その優美さから古来、人々に愛されてきた、ゆりの花。 古代ローマでは「希望」を表すものとされた。 中世ヨーロッパの貨幣には、ゆりの花が刻まれた。 白ゆりは、創価学会の婦人部のシンボルでもある。 1951年(昭和26年)6月10日、婦人部の結成に際し、第2代会長・戸田城聖先生は和歌を詠み贈った。 「白ゆりの 香りも高き 集いかな 心の清き 友どちなれば」。 また、池田先生は「白ゆり長」が誕生した2004年(平成16年)9月、「白ゆりの花は、勝利と栄光の紋章」と述べ、婦人部の友の幸福を心から念願した。 きょうは「母の日」。 人は皆、母から生まれてきた。 肉体的にも精神的にも 健康であってこそ、 最高に価値ある人生を 送っていける。 生老病死は 人生の根本課題である。 誰人も、病気との闘いは 避けられない。 恐れなく 病魔に立ち向かう中で、 わが生命が どれほど尊厳であるかに 目覚めることができる。 どこまでも妙法と共に 生き抜かんとする心に、 永遠の仏の生命を 感得できるのだ。 健康は智慧である。 賢明な智慧があれば、 病気を未然に 防ぐこともできる。 健康即勝利の 賢者の一日一日を、 晴れ晴れと 送っていきたい。 現実に、 治療が困難な場合でも、 限りある「生」を、 題目を唱え抜き、 他の人々にも勇気を送り、 尊き使命の人生を 生き抜いていく人もいる。 そうした人生は、 病気の意味を 転換することができる。 これが 変毒為薬の信心であり、 真の健康の智慧である。 「健康」「生命」に 勝る宝はない。 その意味で、 医師や看護師の皆さんが 果たす役割は 極めて大きい。 人類は、この目的のもとに、 人種や民族、 思想や利害を超えて 団結しなければならない。 新緑の中、ツツジの花が鮮やかに咲いている。 2009年(平成21年)5月、池田大作先生が八王子市の東京牧口記念会館でカメラに収めた。 開花の陰には、しっかりした枝や幹などがあり、嵐にも揺るがぬ根がある。 私たちの生活もまた、陰の人々の不断の努力に支えられている。 今、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、昼夜を分かたず生命を守る現場で闘う医療関係者をはじめ、社会のあらゆる分野で、欠くことのできない尊い使命を担う方々がいる。 その一人一人の奮闘と献身に、心からの感謝をささげたい。 「ツツジ」の語源の一つに「続き咲き木」と。 私たちを支え続けてくれる周囲の全てへの感謝を忘れず、健やかな日々を送っていこう。 我らの生命を 鼓舞する勇気があり、 希望がある。 正義の信念があり、 邪悪への憤怒(ふんぬ)がある。 人間は言葉なしに 生きられない。 「言葉の力」を 信ずることは 「人間性の力」を 信ずることである。 庶民の中で誕生し、 多くの庶民に支えられ、 庶民と共に発展してきた、 聖教新聞の誇りも ここにある。 人生、人々の胸に、 何を配って、 一生を終えるのか。 配達員の方々は、 「希望」を配っておられる。 「勇気」を配っておられる。 「智慧」を配っておられる。 「文化」を配っておられる。 「平和」を配っておられる。 「希望」を 配達しておられる皆様の 人生のポストに、 「希望」が 届かないはずがない。 最も深い革命は、 思想の革命である。 いかなる人の 生命も尊極であり、 必ず幸福になる 権利があるという思想! 自分自身が変われば、 人生も、環境も、 世界も変えていけるという 「人間革命」の思想! 高らかに 新しき「思想の喇叭(らっぱ)」を 吹き鳴らすのが、 わが聖教新聞の使命だ。 いかなる災害や危機にも、 断固と立ち向かう 希望の大城が創価であり、 その揺るぎなき言論の柱、 民衆厳護の言論王こそ、 聖教新聞である。 さあ今日も、聖教と共に、 「生命はかくも尊厳なり。 無窮(むきゅう)なり」と、 人間革命の讃歌を、 民衆勝利の大叙事詩を、 綴りゆこうではないか! 雨上がりの空に、鮮やかに輝く七彩の虹。 1991年(平成3年)6月、池田大作先生がルクセンブルクで撮影した。 仲良く温かな家庭は 幸福である。 どんなに苦労があっても、 家族で互いに励まし合い、 団結して 勝利の城を築いていける。 人間は、一人で 成長できるものではない。 親をはじめとして、 数え切れないほどの 多くの人たちの支え、 励ましがあればこそ、 大成できるのである。 そのことを、 絶対に忘れてはならない。 感謝の心がある人には、 常に喜びがあり、 歓喜がある。 子どもに接する時は、 一個の人格として 尊重することが大事だ。 「これくらい、 いいだろう」と、 安易に思っては失敗する。 子どもの中には 大人がいる。 その大人に向かって 対等に語りかけていけば、 子どもの「人格」が 育っていく。 問題のない家庭などない。 悩みや、つまずきも、 大いにけっこうと、 どこまでも、 たくましい「楽観主義」で 悠々と人生を 切り開いていけばよい。 苦労や試練に、 一喜一憂せず 乗り越えていくならば、 崩れない「心の強さ」を、 子どもだけでなく、 親自身も 培うことができる。 根本は祈りである。 親が子どものために祈り、 子どもも応える、 それで、ともに成長する。 そして、和楽と幸福の 光彩を放つ家庭は、 地域社会を照らす 灯台となる。 雲一つない空。 青く輝く湖を泳ぐ水鳥たちは、まるで仲の良い家族のようだ。 アメリカ・デンバーの名所の一つ、フェリル湖。 はるか向こうには、ロッキー山脈が見える。 1996年(平成8年)6月、池田大作先生がカメラに収めた。 家族が仲良く、家庭が安心の場であれば、人はどんな困難にも負けることはない。 誰よりも身近で、自分の味方になってくれる存在。 時には、窮屈に感じることや意見がぶつかることもあるかもしれない。 だが、互いの幸せを祈っていけば、家族の絆を強める好機に変わる。 きょうは「未来部の日」。 ファミリー座談会を楽しく行い、皆で成長の節を刻もう。 2020年4月12日 聖教新聞 池田大作先生 「四季の励まし」 4月は就職や進学、 また転居など、 新しい生活を スタートする時である。 聡明に、はつらつと、 新生活のリズムを 創り上げていただきたい。 社会で勝ちゆく起点は、 「一日のスタートを 勝つこと」だ。 仏法を行ずる我々は、 白馬が嘶くように、 朗々たる 朝の勤行・唱題を 響かせながら、 今日も勝ち戦の 行進を開始するのだ。 挨拶が大事だ。 明るい、ハキハキとした 挨拶の声が響くだけで、 新鮮な薫風が広がる。 張りのある声一つで、 空気がパッと変わる。 人がいやがる仕事や、 陰の地道な仕事ほど、 人間は磨かれる。 どこにあっても、 受け身ではなく、 職場の主体者、 責任者の自覚に 立つことだ。 そうすれば、 辛いこともあるだろうが、 喜びも大きい。 人生は、一人の人間として、 どこまで誠実に「信頼」を 勝ち開いていけるか という挑戦である。 「あの人は誠実だ」 「あの人がいれば 安心だ。 誠実に勝るものはない。 勝利者は、 常に誠実である。 誠実を裏切る傲慢は、 たとえ一時は 勝ったように見えても、 最後は滅びる。 幸福者は、 常に誠実であり、 芯が強い。 その人が 最後の勝利者と輝くのだ 春空に映える馬上のナポレオン像。 2004年(平成16年)4月、池田大作先生が、桜花舞う牧口記念庭園(東京・八王子市)でシャッターを切った。 像のモチーフは、フランスの英雄ナポレオンが挑んだ「アルプス越え」。 ナポレオンは言った。 「いかなる障害を敵が我々の行くてに置こうとも、我々はそれを打ち越えるであろう」(マルテル編、若井林一訳『ナポレオン作品集』読売新聞社) さあ新年度。 わが人生の栄光の峰を目指して出発しよう。 ナポレオンのごとく、堂々と! 2020年4月5日 聖教新聞 池田大作先生 四季の励まし 「師弟」は無限の向上の道 いかなる分野であれ、 一流の人には、 何らかの形で、 その人の規範となった 師匠がいるものである。 必ず弟子としての軌道を 歩み抜いているものだ。 師弟とは、 最高に麗しい 心の世界であり、 崇高な精神の絆なのだ。 師弟の道こそ、 自らの人生を 無限に高めていく 向上の道である。 なかんずく、 広宣流布の大願に生きゆく 仏法の師弟ほど、 深く尊い絆はない。 この仏法の師弟という 最上の 人間の道を教えるのが、 創価学会なのである。 人生の万般において、 慢心は向上を止める。 油断は大敵だ。 個人も団体も、 傲りから衰退が始まる。 これは歴史の教訓だ。 師弟とは、 永遠に増上慢の命を 打ち破って前進し、 勝利する力である。 揺るぎなき 「心の師」をもつことが 大切である。 私の心には、 常に戸田先生がおられる。 今でも、 毎日、対話している。 心に、 この原点があるから 何も迷わない。 何も怖くない。 師の師子吼のままに、 弟子の私は行動し、 一年また一年、 勝利の証しをもって、 恩師の命日を 荘厳してきた。 そして、新たな大勝利を、 師に誓って 出発する時なのである。 今月24日、東京・信濃町の総本部にほど近い神宮外苑で、池田大作先生が車中から撮影した。 間もなく、第2代会長・戸田城聖先生の祥月命日である「4月2日」を迎える。 戸田先生は桜を、こよなく愛した。 自らの人生の終幕を「桜の花の咲くころに」と望んだ。 その言葉 通り、願業だった75万世帯の弘教を果たし、不二の愛弟子に一切を託して、尊き58年の生涯を閉じた。 池田先生は戸田先生亡き後、5月3日を目前にし、日記に書き記した。 「戦おう。 師の偉大さを、世界に証明するために」 巡り来る「4・2」。 師弟の精神を胸に、悔いなき日々を送ろう。 2020年3月29日 聖教新聞.

次の

創価学会が池田大作氏の死亡を発表できない理由は何ですか

池田 大作 先生

人生の目的は何か。 「」になること、 「幸福」になることだ。 では「幸福」とは何か。 その中身は「充実」である。 では「充実」とは何か。 「苦難」と戦うことだ。 苦難がなければ充実はない。 充実がなければ幸福ではない。 何の苦労もない幸福など、 どこにもない。 信心したからといって、 悩みの「汚泥」が なくなるわけではない。 「悩みに負けない生命力」が出る ということだ。 むしろ、 悩みをいっぱいもっていくことだ。 それらの悩みに どれだけ挑戦できるかを 楽しみにできるような 境涯になることである。 大いなる境涯の人は幸福である。 広々とした心で、 毎日を生きぬいていける。 強き境涯の人は幸せである。 苦しみにも負けることなく、 悠々と一生を楽しんでいける。 清らかな境涯の人は幸せである。 その人のまわりには、 常に爽やかな喜びが広がっていく。 希望に満ちて、 自己の課題に 挑戦している人は強い。 どんな困難に直面しても、 希望を失わないことだ。 希望の火が消えない限り、 やがて、いかなる闇をも 燃やし尽くすことができる。 いのちある限り、希望はあり、 希望ある限り、道は開ける。 人 ( じん ) 生 ( せい )の 目 ( もく ) 的 ( てき )は 何 ( なに )か。 「 勝 ( しょう ) 利 ( り ) 者 ( しゃ )」になること、 「 幸 ( こう ) 福 ( ふく )」になることだ。 では「幸福」とは何か。 その 中 ( なか ) 身 ( み )は「 充 ( じゅう ) 実 ( じつ )」である。 では「充実」とは何か。 「 苦 ( く ) 難 ( なん )」と 戦 ( たたか )うことだ。 苦難がなければ充実はない。 充実がなければ幸福ではない。 何 ( なん )の 苦 ( く ) 労 ( ろう )もない幸福など、 どこにもない。 信 ( しん ) 心 ( じん )したからといって、 悩 ( なや )みの「 汚 ( お ) 泥 ( でい )」が なくなるわけではない。 「悩みに 負 ( ま )けない 生 ( せい ) 命 ( めい ) 力 ( りょく )」が 出 ( で )る ということだ。 むしろ、 悩みをいっぱいもっていくことだ。 それらの悩みに どれだけ 挑 ( ちょう ) 戦 ( せん )できるかを 楽 ( たの )しみにできるような 境 ( きょう ) 涯 ( がい )になることである。 大 ( おお )いなる境涯の 人 ( ひと )は幸福である。 広 ( ひろ ) 々 ( びろ )とした 心 ( こころ )で、 毎 ( まい ) 日 ( にち )を 生 ( い )きぬいていける。 強 ( つよ )き境涯の人は 幸 ( しあわ )せである。 苦 ( くる )しみにも負けることなく、 悠 ( ゆう ) 々 ( ゆう )と 一 ( いっ ) 生 ( しょう )を楽しんでいける。 清 ( きよ )らかな境涯の人は幸せである。 その人のまわりには、 常 ( つね )に 爽 ( さわ )やかな 喜 ( よろこ )びが広がっていく。 希 ( き ) 望 ( ぼう )に 満 ( み )ちて、 自 ( じ ) 己 ( こ )の 課 ( か ) 題 ( だい )に 挑戦している人は強い。 どんな 困 ( こん ) 難 ( なん )に 直 ( ちょく ) 面 ( めん )しても、 希望を 失 ( うしな )わないことだ。 希望の 火 ( ひ )が 消 ( き )えない 限 ( かぎ )り、 やがて、いかなる 闇 ( やみ )をも 燃 ( も )やし 尽 ( つ )くすことができる。 いのちある限り、希望はあり、 希望ある限り、 道 ( みち )は 開 ( ひら )ける。 夏の暑さの中、凜と咲く蓮の花。 では、が泥水の中にあっても美しい花を咲かせるように、濁世にあっても、決して世法に染まることのない清らかな「の菩薩」の姿を、「如蓮華在水(蓮華の水に在るが如し)」と譬えている。 かつて池田先生はつづった。 「どんなに厳しい現実の悩みや、人生の宿命に直面しても、白蓮が泥沼の中から尊貴な大輪の花を薫らせていくように、必ず必ず最高無上の幸福の花を咲き誇らせていける」と。 私たちも自身の悩みに負けず、幸福の大輪を咲かせていきたい。 sumo7.

次の

創価学会が池田大作氏の死亡を発表できない理由は何ですか

池田 大作 先生

来歴 1949年まで• (現在の) に誕生。 3月 尋常小学校卒業の後、兄が勤めていた「」に就職。 8月 を患いの結核へ入院するための順番待ちをしていた中で終戦を迎える。 9月 にある「昭文堂印刷」で工をする傍ら、私立の「東洋商業学校」(現、)に編入。 東京都大田区森ヶ崎にある「協友会」に加入。 「昭文堂印刷」を退社。 半年後、裏にあるの組合「蒲田工業会」(現:「蒲田工業協同組合」)に勤務。 3月、東洋商業学校を卒業。 小学校時代の同級生の女性から「やのいい話がある」と誘われ座談会に出席。 の御書講義、の折伏を受け、入信を決意、8月24日、創価学会に入信手続きを行なう。 「」も参照• 「大世学院」(後の)の政経科夜間部に入学。 「日本正学館」に入社。 少年雑誌『冒険少年』(同年8月に『少年日本』と改題)の編集に携わる。 5月 「日本正学館」編集長に就任。 10月 「」に入社。 1950年代• 10月 「大蔵商事」(現:「日章」)に移動。 戸田が創価学会の第2代会長に就任。 5月 蒲田支部大森地区の地区委員に任命される。 7月 青年部(男子部)が結成され、第1部隊長になる。 3月 参謀室長となる。 白木香峯子と結婚。 長男の誕生を期に、正式に「太作(たいさく)」から「大作(だいさく)」に改名。 青年部参謀室長に任命される。 同日 設置された「情報部」の最高顧問ともなる。 この頃、「大蔵商事」の仕事を離れる。 新設された「渉外部長」を兼任。 参院大阪選挙区のにおいて、自分の部下にあいりん地区の達に候補者名の氏名が入ったタバコやを渡すようを指示したとして違反(買収)の疑いで、とに。 「」も参照 初の北南米訪問。 以後、40年で海外54カ国・地域を訪問。 現地会員の激励と各国の指導者、知識人との対話を重ねる。 会員世帯数185万世帯に。 (公政連)を結成。 「大阪事件」で判決が言い渡される。 東洋学術研究所 (現・)を創立。 会員世帯数360万世帯に。 (民音)を創立。 第27回本部総会において、政党の創設と衆議院進出、ならびにの建立・の計画を発表。 宗門から法華講総講頭に任命される。 「」を結成。 結党宣言で、の『』を引用し、「『王仏冥合』・『仏法民主主義』を基本理念とする」旨を謳う。 1月1日 『』紙上で小説『』の連載を始める。 第十一回創価学会学生部総会における講演で、のと日中国交正常化、中国の加盟などを提言。 1970年代• 創価学会と公明党に対する批判本に対して、創価学会員、公明党議員らが出版・流通を妨害したとされる「 」に関し、議員が池田のを要請。 5月3日 創価学会第33回本部総会において、「言論妨害という意図はまったくなかったが、結果として、妨害と受けとられ、関係者に圧力を感じさせ、世間にもご迷惑をかけてしまったことは、まことに申し訳ないと残念に思っております」 と謝罪、公明党と創価学会の制度上の分離を約束。 「」も参照• 1月25日 「SGIの日」記念提言を発表(これ以後、毎年発表)。 6月 を訪問、当時の大統領だったと会談。 「大統領はであり、者であり、者であることがよく、理解できました」との賛辞を贈る。 1月2日 日達の後を継ぎ、67世のとなった により再び「法華講総講頭」に再任される。 1990年代• 12月13日 日蓮正宗より創価学会に対して池田のスピーチの真意を問いただしたが「出処不明のテープを本とした文書は受け取ることができない」と創価学会は拒否。 12月27日 日蓮正宗は法華講総講頭に任期制を導入。 これにより任期終了と共に池田が法華講総講頭の資格を自動的に失う。 創価学会とSGIが日蓮正宗と決別。 日寛のを創価学会が会員に配布。 詳細は「」を参照• 東京・のでと会談。 の大統領と会談。 2000年代• 中華人民共和国主席と会談 創価学会は会則を変更し、初代会長、第2代戸田、第3代池田の「三代会長」を「永遠の指導者」とする規定を入れる。 中華人民共和国首相と会談 元大統領のと会談。 12月 アメリカの世界的経済誌『』(Forbes、2004年12月27日号 は、2004年9月6日号に「先生の世界」(「Sensei's World」)と題して、池田及び創価学会に関する記事を特集し掲載。 ()の事務局長と会談。 4月12日 来日中のと会談。 日中友好を訴えた 首相の国会演説を「不滅の名演説だった」と讃える。 中華人民共和国主席と会談。 2010年代• 5月の本部幹部会以降、体調不良から創価学会内の公式行事を全て欠席、現在へ至る。 そのため重病説や死亡説が一部マスメディアで取り上げられた。 以降 2010年5月以来、創価学会内の公式行事への出席は無いものの、聖教新聞紙面では定期的に写真付きで現在の姿が伝えられている。 人物 執筆 、、対談集などの他、仏法哲学の解説書、子ども向けの童話なども執筆している。 また、・としても活動している。 対談・講演 国家指導者を初め、教育者、文学者、科学者、芸術家、社会活動家などと会見を多数行ない、発刊した対談集は50にも上る。 特に印象に残った人物としてを挙げている。 「名優のごとく、言葉がわかりやすく、しかも深い。 鋭さと温かさがある。 」と評している。 また、海外の大学・学術機関で講演を多数行なっている。 海外の大学・学術機関での講演回数• 中国7回(香港1回を含む)• アメリカ6回• ロシア3回• メキシコ、ブルガリア、ルーマニア、フランス、アルゼンチン、マカオ、フィリピン、インド、トルコ、ブラジル、イタリア、スペイン、ネパール、キューバ各1回 顕彰 国家、大学からの、国連や学術機関からの表彰など、多くの顕彰を受けており、授賞のたびに、創価学会の機関紙『聖教新聞』の一面を飾る事が多い。 海外では、、、、、等より「名誉博士号」「名誉教授称号」を授与されている。 今では、池田が高齢のため学長や一行がかけつけ、特例として日本で現地の形式に則った、授賞式が行われるようになった。 池田は今まで、自身が創設した創価大学からは1974年に名誉教授を、1983年11月に名誉博士を授与されている。 地方自治体からは、ののとなっている他、第2代会長、戸田城聖の故郷のの(現「」)から「栄誉村民章」(1977年)を授与されている。 2009年には大阪府から「国際文化交流貢献賞」が送られた。 池田は の政治学者、との対談において対談の中で「ノーベル平和賞」について、「そのような栄誉はほしくもありません。 また下さるといっても、受けることもありません。 そのような人間が世界に一人くらい、いてもいいでしょう」と語っている。 永年の貢献に対しマハトマ・ガンディー民衆福祉財団(Mahatma Gandhi People's Welfare Trust, India)、正式名称、マダヴィ・マンディラム民衆福祉財団(The Madhavi Mandiram Loka Seva Trust)よりが贈られている。 1988年「国際理解のためのG・ラマチャンドラン賞」を受賞。 この他数々の賞((1983年)、(1988年)、(1989年) (にあるから受賞)(1989年)を授与されている。 詳細は「」を参照 2015年にはノーベル平和賞候補に挙がっているとしてに 報じられる。 中国との関係 これまで10度訪中し、、、、、、などを訪れている。 また、毛沢東、周恩来、鄧小平、、、といった政府指導者をはじめとする中国各界の要人と会見するなど、親密な関係にある。 中国首脳陣との会談 9月8日 「日中国交正常化提言」を発表。 5月30日 中国の招聘により初訪中。 副総理と会見。 12月5日 2度目の訪中。 副総理と会見。 その直後、病気療養中の総理の強い意志により、周恩来と池田との会見が行われる。 4月12日 首相と会談。 5月8日 国家主席と会談。 中国人学生との交流 、「中華全国青年連合会(全青連)」と創価学会青年部との交流が始まる。 池田自身が全青連の訪日団と会見。 また、創価大学は、1975年に日本で初めて、中国から日本への正式な留学生を受け入れた。 中国の大学との文化交流 やなどで記念講演を行っている。 また、創価大学との教員・学生の交換などが行われている。 さらに北京大学では「池田大作研究会」等の研究機関が設立されている。 中国との文化交流 に北京芸術団が、で公演。 で中国敦煌展、北京・故宮博物院名宝展を開催。 政見 その他の政見 安全保障 「改正の論議はいいが、だけは絶対に変えてはいけない。 」との見解を持っている。 日本は国連の入りを望んでいるが、の機軸であるという考えと、それを禁じる日本の憲法との間には矛盾があるので、「」(PKO)に参加するために、とは別個の組織を作るというのが正しい道であろうと思う」との見解を示した(1991年・第16回「SGIの日」記念提言)。 のの直前には、5人の識者と共に、「戦争回避のための『緊急アピール』」をの大統領宛に送った。 しかし、2003年「」の開戦が迫っていた1月26日『聖教新聞』紙上で「を全否定するということは(中略)政治の場でのオプションとしては、必ずしも現実的とはいえない」、「武力を伴った緊急対応も必要とされるかもしれない。 そうした毅然たる姿勢がへの抑止効果をもたらすという側面を全く否定するつもりはない」との見解を示した。 選挙 1999年 SGI(創価学会インタナショナル)の日(1月25日)付の『聖教新聞』でを提言。 多様化した日本社会には、幅広い選択できるという理由で、が一番合っているとしている。 教育 『朝日新聞』(2001年5月23日付)の「私の視点」というで、「」の見直しについて、「拙速は慎むべきである」、「『』に盛られたような具体的な徳目は、基本法の性格になじまないと思う。 法文化されれば、必然的に権威主義的な色彩を帯びてしまう」と述べている。 日本と韓国・朝鮮に関する見解 韓国SGIの機関紙和光新聞が池田の日本と韓国・朝鮮に関する見解を数度にわたり掲載している。 和光新聞のコラムに掲載された歴史観• 私は心深い所から尊敬しています。 それにもかかわらず、……貴国を侵略した日本はいくら愚かだったか。 のを、朝鮮からを初め、様々な文化的恩恵を受けたことを踏みにじるだとして強く非難。 日本は韓国と友情を結んで、韓国を尊敬して、韓国の心を学べばこそ平和と、繁栄の方向に進むことができる。 しかし、韓国に対して傲慢になったら日本は必ず衰退して滅亡する。 これが万代にかけて生命に刻まなければならない歴史観でまた人間の道だ」。 仏教を含めてすべてのものに恩恵をこうむったと言っても過言ではない。 事件・疑惑 大阪事件 1957年4月に行われた参院大阪地方区の補欠選挙で、池田が会員に戸別訪問を指示したとして逮捕される。 同容疑で逮捕された京都の会員の供述による逮捕だったが、裁判では供述が信用できないとして退けられ、無罪判決が下りた。 「」も参照 『』で池田は「代々の会長を神格化などしてはなりません」「私などを絶対視してはならない」「私自身、罪業深き、過ち多き身であることをよく知っております」と創価学会会長はあくまで信仰上の指導者であって、自身を含む歴代会長たちは神格化されるべきではない、と明言している。 一方で、創価学会と対立する団体や批判者から、創価学会員による三代会長・・池田大作への「」があり、創価学会は日蓮仏法を信仰する仏教徒団体である以上に、実質的には「池田教」ではないかという批判もある。 1983年(昭和58年)10月31日、元創価学会幹部のの裁判に証人として出廷した際に、「一部の同志が調子に乗って自分を美化したのでは」という旨を述べている。 仏教学者のは、池田大作本仏論は「日蓮本仏論の当然の帰結」であると述べている。 株式投資損失補填疑惑 1991年、崩壊のあおりを受け株価が大きく下落した際や、取引先の損失補填リストの名簿などに「池田大作」や「創価学会」の名前があったことから株式の損失を補填してもらったのでないかとの疑惑が浮上した。 創価学会は名誉会長の池田大作をはじめ株式投資で損失を出したことは認めたが、こちらから損失補填をお願いしたことは一度もない。 銀行や証券会社が勝手にやったことと説明した。 これに対し自民党は自由新報で池田大作と金の流れという批判記事を掲載した。 池田大作暗殺計画 池田は過去に暗殺計画をかけられたことがある。 藤原行正による暗殺計画 1988年、弟弟子であったが池田大作をし自分の息子を創価学会の会長に据える計画を立てる。 実際に藤原は関係者と密会し暗殺は実行寸前にまで至ったが金銭トラブルから契約は頓挫し暗殺計画が発覚した。 その後藤原は『池田大作の素顔』という暴露本を出版し池田に対抗した。 オウム真理教による暗殺計画 1993年12月18日に池田が創価大学での演奏会に出席するという情報を手に入れたオウム真理教は、かねてより仏敵と称していた池田大作をサリンで殺害しようと暗殺計画を実行した。 しかし会館の警備を担当していた創価学会員に怪しまれ計画はとん挫、池田に被害はなく創価学会員数名が負傷した。 詳細は「」を参照 評価 関係する人物や団体による称賛• 1958年、の完成記念の祝典にの代理で安倍晋太郎が出席して以来、何度も面会したという。 「きれいな心で、学会のこと、世界のこと、人間と社会の話などを、私と語り合うことを、楽しみにしてくださっていたようである」と池田は述べている。 (公明党元幹事長、):「人生で最も影響を受けた人物」「あらゆる面で影響を受けた」。 (元外交官、公明党所属の国会議員):「人生に関するどんなことでも相談して、教えを受けられる先生」、「池田先生の思想・仏教に基づいた教えに耳を傾ければ、もっと(世界の)問題が解決していくでしょう」。 (元首相、経験者):秘書のによれば「池田大作はしなやかな鋼だ。 煮ても焼いても食えない。 公明党はさんの太鼓を叩くだ」。 :を直前に控えた時期に、池田大作に対する人物評価を尋ねたアンケートに「一言で表現すれば、『悪しき天才、巨大な俗物』。 」『』 3月25日号。 :Jurnalul National(ルーマニア国営新聞)で池田を絶対的な権力を持っているよう他人へ見せかけるだけで強きものには諂い、弱きものには傲慢な態度で臨む小悪党だと批判。 批判する立場になったまたは袂を分けた元幹部• (元創価学会幹部・元公明政治連盟書記長・元公明党東京都議会議員)• (元創価学会教学部長)• (元創価学会副理事長・元顧問弁護士)• (公明党元委員長)• (公明党元委員長)• (元創価学会副会長)• (元公明党参議院議員)• (元公明党衆議院議員)• 桑原春蔵(元公明党大田区区議、元幹部)「池田が政治権力を握って天下を取るといった姿勢は、もはや信仰者ではない。 信仰を利用した魔物」• 後呂雅巳(支部壮年長)• 山口隆司(元地方幹部)「池田大作の名誉欲達成のために、大変な資産と人生の半分を費やしたのが腹だたしい」• 鈴木広子(元地方幹部)• 細谷健範(元地方幹部) エピソード• 評論家・のにおいて、自らを「私は、日本の国主であり、大統領であり、精神界の王者であり、思想文化一切の指導者・最高権力者である」と豪語したという。 父 子之吉(ねのきち) [ ]• 母 一(いち) [ ]• 兄 4人の兄がおり、長兄はビルマ(現:)で。 妻 香峯子(かねこ)• 次男 (著書活動等を行っていない一般人のため氏名は伏せる)同級生に 10月 29歳で急逝• 三男 著書• 『新・人間革命』 聖教新聞社• 『私の履歴書』• 『若き日の日記』• 『忘れ得ぬ同志』 聖教新聞社• 『心に残る人びと』• 『法華経の智慧』 聖教新聞社• 『アレクサンドロスの決断』• 『青春対話』 聖教新聞社• 『母の詩』 聖教新聞社• 『明日をみつめて(Embracing the Future)』• 『ありがとう韓国』朝鮮日報 ほか共同著書として多数の著書を出版している。 関連項目• (SGI)• (「創価学会」初代会長)• (「創価学会」第2代会長)• 脚注 []• 『』(1996年4月号)• 「協友会」は東大出身の経済学者が主導していた20名ほどの青年グループであり、・・・・などを研究していた。 加盟業者へのの指導と業界内の連絡などの仕事を任される。 当時の『聖教新聞』の名刺広告に「大蔵商事」の幹部としての肩書きが載っている。 『』平成15年(2003年)12月18日号• 『』 1957年7月29日付夕刊• 『創価学会と平和主義』p. 94( 2014年10月30日)• 大白蓮華2010年4月号P32「会長就任50周年記念企画 永遠に師と勝利を共に」• 公明党との反対により、実現には至らなかった• 『』 1970年5月18日号• 『 聖教新聞』 1975年(昭和50年)1月4日付• 『聖教新聞』昭和58年(1983年)6月10日付• 『創価学会と平和主義』p. 96( 2014年10月30日)• 第129回国会 第8号 平成6年()5月24日()• 公明党幹部はこの来日は、日中間の政治問題となっている「首相の」に釘を刺す狙いがあるとの見方を示した。 ( 2007年4月12日20時51分) [ ]• 週刊新潮2010年9月22日号• 『聖教新聞』2012年12月9日付• 『聖教新聞』2016年6月27日付• 『聖教新聞』2019年10月3日付• [ ]• () [ ]• 聖教新聞2009. 28 大阪・高槻市が民主音楽協会創立者・池田先生に「国際文化交流貢献賞」• 1967年10月13日の会談• 財団法人東洋哲学研究所. 2015年10月31日閲覧。 2015年10月9日2016年3月24日閲覧• 『聖教新聞』2007年4月13日付• 『毎日新聞』(2001年9月25日付)でのインタビュー• 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年4月8日号)コラム「来光」• 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年4月22日 633号) コラム「来光」• 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年4月15日号)コラム「来光」• 韓国SGI機関紙『和光新聞』(2005年5月20日号)コラム「来光」• 『創価学会と平和主義』p. 91-94( 2014年10月30日)• 「所感恩師の二十三回忌に思う」(『聖教新聞』昭和55年 1980年 4月2日付)• 1994「創価学会ウオッチング」、『自由新報』12月号、自由民主党 p. 1994、「創価学会ウオッチング」、『自由新報』12月号、自由民主党 p. 『地涌(じゆ)からの通信 - 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う〈1〉』 はまの出版、3月• 『暁闇 - 二枚舌・山崎正友と宗門問題』 報恩社、12月• (毎日新聞東京夕刊「オウム真理教『93年11月にサリン使った』化学班の森脇佳子被告が供述」1995. 23, p. 17 から引用:「これまでの調べで、教団が池田大作・創価学会名誉会長暗殺未遂のほかにも、大川隆法・幸福の科学代表ら数人の襲撃を計画していたことも判明した。 もポアの対象であった• 『聖教新聞』(2001年3月11日付)• () [ ]• 第129回国会 衆議院 予算委員会 第2号 平成6年 2月21日()• 『』 2005年6月号• Jumalul National 1984年1月10日号• 『』 2007年4月12日号• 『闇の帝王、池田大作をあばく』( 1981年12月)• 『朝日新聞』の連載「秘話・・・55年体制のはざまで」1998年8月26日〜9月18日• 『月刊Asahi』1991年4月号• 『内外一致の妙法 この在るべからざるもの』(縁友会 1995年)• 『吹けば飛ぶ男の奮戦記--古参代議士が見た創価学会』(人間の科学社 1900年1月15日)• 『人間革命を目指す池田大作・その思想と生き方』(有紀書房 1965年)• 『聖教新聞』 2005年6月19日付 外部リンク•

次の