九字の切り方。 九字切り体験会をみんなで楽しみました🔮

素人が九字を切ってはいけない理由! | ザ・スピリチュアル・ワールド

九字の切り方

九字護身法とは? 九字護身法とは所謂、九字を切ると言う九字を使った護身法ですが、その起源は諸説あり、代表例としては、下記の引用の様なモノがありますが、そのその本流は定かではありません。 忍者が用いた呪法として有名な『九字護身法』は、中国から伝わったと云われる法で、元々中国の神仙修行の際に、神仙の加護を願い護身に誦える呪文であり、日本には密教の呪法の一つとなって伝わっています。 php? ただし本来は仏教(特に密教)で正当に伝えられる作法ではなく、道教の六甲秘呪という九字の作法が修験道等に混入し、その他の様々なものが混在した日本独自の作法である。 wikipedia. この違いとは、九字に込められている意味や効果の違いによって、文字の組み合わせが変化しているので微妙な違いが出ています。 しかしどの流派や宗派のモノも本筋の法則には乗っ取っているので、どの九字も有効であるとは言えますが、文字ごとにどういった場面に適しているかと言うだけの違いです。 基本形としては、【臨・兵・闘・者・皆・陣・列・前・行】もしくは、【臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前】が基本形となり、臨兵闘者皆陣列前行と言うのは、現在の九字の原型とされている組み合わせとなります。 九字を切る方法と戻す方法 九字を切る方法と言うのは、大きく分けて2種類あります。 1つは、刀印を結び九字を唱えながら切るだけの方法。 もう1つは九字の印を結びながら、九字を唱え九字を切る方法。 九字護身法の方法は、大きく分けると上記2つの方法となります。 上記2つの中でも一般的に認知度が高いのは、やはり印を結んで九字を切る方法ですが、大前提として九字を切る方法と言うモノは、流派や宗派で多少誤差があり、流派ごとに切り方や結び方が異なりますので、今回ご紹介する結び方・切り方は、一つの流派の例としてご覧ください。 今回、印を結んで九字を切る方法としてご紹介するのは、一番一般的な【臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前】と言う組み合わせでの解説をしていきたいと思います。 先ずは、簡単に九字を切る方法ですが、この方法では難しい知識はそこまで必要ありません。 必要なモノは、刀印の結び方と文言と手の動かし方だけです。 先ずは、刀印を結びます。 人差し指と中指を立てて、薬指と小指の爪を親指で押さえ込む 刀印を組んだら一度、刀 右手 を鞘 左手 におさめて、不動明王の真言【ノウマクサンマンダ・バザラダンセンダ・マカロシャダ・ソワタヤ・ウン・タラタ・カン・マン】を3回復唱します。 真言を唱えたら刀を鞘から抜き、横から順番に縦向きと交互に網目の様になるように、刀を振りながら、一振りに付き一字、九字を唱えます。 簡易的に九字を切る場合は、これだけでOKです。 そして九字の印を結び、九字を切る方法ですがこちらに関しては、まず九字の印 九印 を知り覚える必要があります。 九字の印の名称や結び方としては、下記の通りです。 上記画像も参考にしてみて下さい 臨 りん ・普賢三昧耶 人差し指は立てて、その他の指を組む 兵 ぴょう ・大金剛輪 人差し指を立てている状態で中指を絡ませた状態で親指は立てる。 そして残った薬指と小指は組む 闘 とう ・外獅子 親指・中指・薬指は立てた状態で、残った人差し指と小指は組む 者 しゃ ・内獅子 親指・人差し指は立てた状態で、残りの中指・薬指・小指を甲の側で合わせる 皆 かい ・外縛 手を合わせる様にすべての指を外側にして組む 陣 じん ・内縛 手を合わせる様にすべての指を内側にして組む 烈 れつ ・智拳 左手の人差し指だけを立てた状態で、その人差し指を右手で握り込む 在 ざい ・日輪 両手の親指と人差し指で、輪を作る様に指同士を合わせる 前 ぜん ・隠形 左手を軽く握り込み、左手覆い込む様に右手を添える 以上の印を唱えながら結び、結び終えたら先に解説しました、簡易的な九字の切り方 刀印を使ったくじの切り方 と同じ工程になります。 これで九字を切り、自身に結界を張り厄災・霊体・呪いなどの様々なモノを遮断する事が出来ます。 しかしながら、九字を切ると悪い要因のモノだけでは無く、良い要因のモノまで、全ての気の流れを遮断してしまうので、九字を切った後は、最後に必ず戻さなければなりません。 戻す方法としては、再び刀印を結び刀を鞘に納めた状態で以下の文言を唱えます。 【オン・アビラウンケン・ソワカ】と3回復唱し、更に【オン・キリキャラ・ハラハラ・フタラン・バソツ・ソワカ】と3回復唱し、最後に【オン・バザラド・シャコク】と1度唱え、指を弾き鳴らし刀印を解きこれで九字が戻ります。 その他の九字などについて 九字は、現在の基本形【臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前】が主流ですが、それ以外にも様々な九字があります。 例として最後にいくつか簡単に、ご紹介だけさせて頂きます。 ・【臨・兵・闘・者・皆・陣・列・前・行 りん・ぴょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ぜん・ぎょう 】 意味;臨む兵闘う者皆陣列べて前を行く ・【朱雀・玄武・白虎・勾陣・帝久・文王・三台・玉女・青龍 すざく・げんぶ・びゃっこ・こうちん・ていきゅう・ぶんおう・さんたい・ぎょくにょ・せいりゅう 】 鎌倉時代の文献に出てくるモノだが最後の文字には諸説あり ・【令・百・由・旬・内・無・諸・衰・患 りょう・ひゃく・ゆ・じゅん・ない・む・しょ・すい・げん 】 法華経陀羅尼品第二十六に出てくる九字で、病魔等を払う九字とされている.

次の

八大龍王九字切りとは、自分の味方である、神々の軍隊が前方にいる、という意味!: Goldslog (ゴールドスログ)

九字の切り方

九字護身法 九字の切り方 「希望」「愛」「怒り」「憎しみ」「恨み」「苦しみ」 人間の力が及ばない世界に働きかける「 呪術」という行為は、世界に共通したものである。 それがいつから始まったのかは定かではないが、確実なのは世界中で同じような儀式が行われてきたということであります。 九字護身法 「九字」とは仏様のお言葉である真言の一つで、主に身を護るために使われるものです。 中国から伝わったと云われる法で、 元々中国の神仙修行の際に、神仙の加護を願い護身に誦える呪文であり、日本には密教の呪法の一つとなって伝わっています。 九字護身法(くじごしんぼう)とは、「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」の九字の呪文と九種類の印によって除災戦勝等を祈る作法である。 ただし本来は(特に)で正当に伝えられる作法ではなく、の六甲秘呪という九字の作法が等に混入し、その他の様々なものが混在した日本独自の作法であります。 九字護身法は、もともとは中国の晋の葛洪が著した『抱朴子』で山に入るときの「六甲秘祝」の言葉です(「臨兵鬥者皆陣列前行」)。 修験道や陰陽道で護身の術として伝えられ、種類もいくつかあります。 九字の呪文と九種類の印によって除災戦勝等を祈る作法であります。 ただし本来は(特に)で正当に伝えられる作法ではなく、の六甲秘呪という九字の作法が等に混入し、その他の様々なものが混在した日本独自の作法であります。 由来 六甲秘呪は『』内篇第四「登渉篇」に晋の葛洪が「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」と唱えたとあります。 日本での九字作法は、独股印を結んで口で「臨」と唱え、順次に大金剛輪印、外獅子印、内獅子印、外縛印、内縛印、智拳印、日輪印、宝瓶印(別称:隠形印)を結び、「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」を唱える。 次に刀印を結んで四縦五横の格子状に線を空中に書きます。 道教では縦横法と称し、修験道等では俗に「九字を切る」と称されます。 修験道では九種類の印にそれぞれ、・・・・・・・・を本地仏に配当する説がある。 ただし不動明王の印である独股印が毘沙門天、金剛界大日如来である智拳印が阿弥陀如来など、印の形と本地仏とは関連性のない配当がされており根拠は不明である。 また外獅子印、内獅子印の二つはインド撰述の密教経典には見られない、日本独自の印であります。 そのほかに・・春日大明神・加茂大明神・・・丹生大明神・・を配当する説もあります。 九字は中世には護身、戦勝の利益があるとして、武人が出陣の際の祝言に用いるようにもなり、やがて忍者の保身の呪術としても使われました。 また日蓮系統の法華行者では、日栄の『修験故事便覧』による法華経序品の「令百由旬内無諸衰患」を九字とする説に基づいて、格子状の九字を切る作法が相承されます。 有名なのは、 「 臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前」 ( りん・びょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん) です。 意味は「臨める兵、闘う者、皆 、陣列べて、前に在り」となります。 最後に十文字目を付け加えることもありますが、その際の十文字目には最も願いを込めた言葉を使います。 中世においては武士が戦に出陣する前の願掛けや、忍者の保身の術として唱えらました。 また、とくに陰陽道では 「 青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳・帝台・文王(南斗)・三台(北斗)・玉女」 ( せいりゅう・びゃっこ・すざく・げんぶ・こうちん・ていたい・ぶんおう(なんじゅ)・さんたい(ほくと)・ぎょくにょ) と、九字を四神・神人・星神の九星九宮に置き換えて唱えていました。 陰陽師は、破邪の法をほぼ用いていたとされます。 破邪の法は、退魔(護身)を目的とした法です。 人差し指と中指の二本を刀に見立て格子を描く破邪の法ですが、この格子は1本1本が刃のネットのようなものを現していて、その中に侵入しようとした鬼や怨霊を、ばらばらに切り裂くという意味があります。 破邪の法 1. 刀(かたな)。 右手の中指と人差し指を伸ばし、親指でほかの指の爪を隠すようにします。 2.右手でつくった刀は、左手の 鞘(さや)に収めます。 そして、左手の鞘から勢いよく右手の刀をぬき、九字を切ります。 「オン キリキャラ ハラハラ フタラン パソツ ソワカ」 こちらのほうは、一度切った九字を解除するときに使う呪文です。 (がんちゅうこしん、はちぐうはつき、ごようごしん、おんみょうにしょうげんしん、がいきをゆずりはらいし、しちゅうしんをちんごし、ごしんかいえい、あっきをはらい、きどうれいこうしぐうにしょうてつし、がんちゅうこしん、あんちんをえんことを、つとみてごようれいしんにねがいたてまつる) この呪文のおおまかな意味は「自分の生活を律して四柱神の加護のもと心身を神にささげ(聖別)、五陽霊神に願い奉ります」となります。 種々の災難をしりぞけ、幸いをもたらす言葉のお守り・言霊として唱えられます。 先に述べた呪文が、「護身・退魔(お祓い)」あるいは「自らのため」で放つものすれば、これから紹介する呪術は、その名の通り、呪う術であり、受け身ではなく、攻撃的なものです。 蠱毒(こどく) 壺などの器の中に、ヘビ、ムカデ、ゲジゲジ、カエルなどの百虫を閉じ込め、互いに共食いをさせて勝ち残ったものを「神霊」として祀り、その毒を採取して呪詛(呪い)の対象者に飲ませていました。 蠱毒を利用して毒殺し、その人の役職や遺産などを奪っていたので、暗殺といえます。 蠱毒は何度も禁止令が出ましたが、それほどに恐ろしい効力があったといえます。 ですが、「毒」を使用する前に、手間暇掛けた恨み辛みを込めた作業が絡んでいるので、呪術大成、すなわち成功への見えない力(邪心)が宿っているともいえるかもしれません。 「 呪術」とは人知を超えた方法で意図する現象を起こそうという試みであります。 英語では「 Magic」。 イギリス人の人類学者によれば「 呪術」は超自然的霊格をコントロールすることで目的を達成しようとするもの、「 宗教」は霊格に対して懇願するものであるとして両者を区別しています。 国家や自身の宿命を知るための「 占術」と同じく、日本に限らず世界各地で呪術的行為は行われてきた。 ある部族では日照りが続けば水をまき、太鼓を叩いて雨乞いの儀式を行う。 日本でも五穀豊穣や健康を祈願する儀式や祭りは古くから行われてきた。 正月に行われる神奈川県「(さぎちょう)」もそのひとつであります。 エセノカミサン(道祖神)の火祭りで、その年の恵方に向かって火を燃やす。 その火で団子を焼いて食べれば風邪をひかない、松の燃えさしを持ちかえれば火除けになるといわれている。 「左義長」の祭りは日本各地にあり、一般に正月の14日夜ないし15日朝に行われ、「どんど焼」の名でも有名であります。 また盆と同じく鎮魂祭としての意味もあるといいます。 wikiより引用】 黒呪術の他にも、死霊や悪霊、生霊のように祟りを成す存在もあります。 特に日本では『源氏物語』に登場する(ろくじょうのみやすどころ)の生霊やの怨霊、などが知られています。 これらは嫉妬や絶望から生まれた呪いの形であり、神仏の力によって退散させることができるとされました。 その方法のひとつが「 調伏(ちょうぶく)」です。 仏教用語で自身の悪心を抑えて除くことであり、悪心を打ち破るという意味もあります。 密教においては五大明王などを本尊として法を修して悪に打ち勝つことであり、陰陽師として有名なもその手の話には事欠かないのです。 呪術によって結界を張って人を守ったり、魔物を調伏したという伝説は語り継がれることになりました。 一説では、晴明が子供の頃、(かものただゆき)に弟子入りしていたときに、師の忠行より先に「百鬼夜行」が内裏に迫るのを察知できたということです。 このように悪しき呪いに対抗するための方法であります。 言霊 昔から日本には「」という表現がある。 ひとつひとつの言葉には霊や力が宿っていると感じ、言葉で物事を縛るのです。 「人を愛おしい」という気持ちで縛れば「愛」となるが、憎しみで縛れば呪詛となる。 日本で最初に言霊という言葉が見られるのは奈良時代のことであります。 歌人・(たまのうえのおくら)は『万葉集』のなかでこんな長歌を残しました。 『そらみつ 倭(やまと)の国は 皇神(すめがみ)の 厳(いつく)しき国 言霊の 幸(さき)はふ国と 語り継ぎ 言い継がひけり』 これは、「大和の国は天皇が統治する由緒ある国である。 言霊の幸ある国として語り継がれてきたのだ」という意味であります。 そこには中国とは異なる日本という国家意識と、独自の日本語という言霊が宿る霊性を表現しているとも感じられます。 特に霊的な力を感じさせる呪文が最後の『 羯諦羯諦(ぎゃていぎゃてい)、 波羅羯諦(はらぎゃてい)、 波羅僧羯諦(はらそうぎゃてい)、 菩提薩婆訶(ぼじそわか)』。 これはサンスクリット語を音写したものでありますが、簡単に訳すと「彼岸に行ける者よ、幸あれ」ということで、詳細は山田無文(むもん)老師などが残した解説本があるので調べてみるのもいいのではないでしょうか。 呪術とは大まかに言うと、人間の根源的な行為なのかもしれないですね。 それを証拠に、縄文時代の遺跡において既に呪術の痕跡を見ることができます。 目に見えないものを想像して具現化する力は人に授けられた最大の能力で、人間を人間たらしめているといえるでしょう。

次の

九字

九字の切り方

九字の切り方 九字の切り方収め方 煩悩や魔障一切の悪魔を降伏退散させ、災難を除く呪力があるとされる修法が、九字である。 「臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・在・前」を唱えながら、刀印(とういん)を結んで九字を切るか、諸印契を結印しておこなうものである。 九字を切ることで、五陰魔、煩悩魔、死魔及び一切の悪魔、魔民を切断するというような調伏的要素をもつ。 つまり九字は護身法であるとともに、有力な調伏法としても活用されている。 邪鬼は陰気にたよるものとされ、それを破断するのが九字である。九字の九は、陽の最高の満ち数であるから、それによって陰を降伏させうると考えられたものである。 また九字ではなく、十字を切る場合もある。 九字は流派によっての差異があるので、ここに掲げたのはその一つと言うことをご承知おき下さい。 図をクリックすると大きく表示されます。 戻るときはプラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。 結ぶ印 唱える九字 臨(りん);独鈷印 (とこのいん) 左右の手を内縛 下記参照)して、二指 人差し指、以下このように言う)を立て合わせて「臨」と唱える。 兵(ぴょう);大金剛輪印 (だいこんごうりんのいん) 内縛して二指を立て、中指を伸ばして二指の上を越えて合わせる。 親指は揃えて「兵」と唱える。 闘(とう);外獅子印 げじしのいん) 者(しゃ);内獅子印 (ないじしのいん) 皆(かい);外縛印 (げばくのいん) 陳(じん);内縛印 (ないばくのいん) 烈(れつ);智拳印 (ちけんのいん) 在(ざい);日輪印 (にちりんのいん) 前(ぜん);隠形印 (おんぎょうのいん) 以上のように九印を結んで九字を唱えたのち、 左の 人差し指と中指を伸ばし小指を曲げ、親指の指先で曲げた指の爪を押す。 右手も同じようにする。 右手の伸ばした指を左に出来た穴に差し込む 右の指は・剣。 左はさや)。 この状態で、不動明王の真言を三回唱える。 「 ノウマクサンマンダ バザラダンセンダ マカロシャダ ソワタヤ ウン タラタ カン マン」・・・・三回 刀印 左の指もこのようにする) この図は親指がおかしいので 左の写真のように爪を押さえる事 手刀のおさめ方 次に右の指を抜いて、左手は印のまま腰に当て、 右手の刀で九字 臨兵闘者皆陳烈在前)を唱えながら、四縦五横に切る。 九字を戻す法 必ず、忘れないように戻しておくこと) 右の剣を元のように左のさやに収めて、 「オン アビラウンケン ソワカ」 三回 「オン キリキャラ ハラハラ フタラン バソツ ソワカ」 三回 「オン バザラド シャコク」 一回 これらを唱え終わったら、「弾指 (たんじ)」 指をはじき鳴らすこと)する。 この後、右の剣を抜いて、印を終る。 2、九字は邪を払うための簡単な技法です。 上記のように手で刀を模した印「刀印」を作り、その印によって空間を 「臨兵闘者皆陳烈在前」 りん・ぴょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん の掛け声と ともに縦横に「切り」邪を払う。 この際、刀印があたかも真剣のような光をもって、邪を切り倒すのを強く 念じなければならない。 刀印は邪を払う破邪の真剣です。 これを強く感じ、空間を気合とともに切り裂くとき、邪悪な気配は退散し、清浄な光の筋がそこに神聖な気配を漂わせるのであ る。 [PR].

次の