自白 韓国 ドラマ キャスト。 韓国ドラマ 追跡者(チェイサー) キャスト 相関図

W キャスト・登場人物紹介 イ・ジョンソク、ハン・ヒョジュ主演韓国ドラマ

自白 韓国 ドラマ キャスト

韓国ドラマ 不夜城 相関図 キャスト あらすじ! 相関図&キャスト情報とあらすじを最終回までネタバレで配信! KNTVにて放送予定!視聴率8. 見逃した放送や続きの気になる方に楽しんで頂きたいとおもいます。 人気のドラマといえば 黄金のポケット・ トッケビなどですが、そんな人気ドラマや俳優情報なども配信していきます。 すべての韓ドラのあらすじを全話一覧から各ストーリー分けしながら配信していくつもりです。 管理人がオススメする放送予定などの韓国ドラマも公式動画をまじえ紹介しています。 各ドラマのあらすじ、ネタバレを口コミありでお届けしていきます。 2人はは権力と金の犇めく世界に飛び込んでいく。 その終着点は…。 そんな彼女らと運命的に出会う御曹司のパク・ゴヌ チン・グ。 ゴヌは破滅へと向かおうとするイギョンたちを必至に止めようとするのだが。 男女3人が金と権力をめぐって運命的に出会い絡み合う愛憎ヒューマンドラマ。 人に心を許すことはなく淡々と計画を遂行する。 ゴヌの会社の危機に裏で関わっている。 本来音楽の道を心ざしていた。 過去に心通わせたイギョンと12年ぶりに出会う。 貧しさから抜け出すため毎日必至でアルバイトに明け暮れる。 イギョンの下で仕事を覚えていく。

次の

韓国ドラマ・自白

自白 韓国 ドラマ キャスト

2019. チェはそのまま立ち去ります。 チェが報告書を奪い損ねた事を知り、すぐ次の手を打つチュ・ミョングン。 母と同じ納骨堂にノ・ソヌが眠っていることを知ったドヒョンは、必ず犯人を探し出す、と彼に誓うのでした。 芸能人のスキャンダルを報道し、市民の注意を逸らそうとするパク・シカン。 しかし、ユリはネット上に新しい記事を投稿。 「彼は必ず反応するわ。 」暫くして、ドヒョンの事務所に乗り込んでくる国軍機務司令部の人員達。 そこら中を探し回り、ピルスが作成したブラックベア・プロジェクトの報告書を持ち去ってしまいます。 一方、チュンホはファン・ギョシクから供述を得ようとしますが、ギョシクは一切喋りません。 他方で、オ社長に偽証罪を負わせて事を収めろ、とヤン・インボムに命令するチ・チャンギュル。 パク・シカンも、ドヒョンの事務所に暴力団員を送り込み、ドヒョンの2回目再審公判出廷が遅れるよう工作。 足止めを食らい、時間切れ…寸前に法廷に現れるドヒョン。 その彼に依頼されて現れる重要参考人は…車椅子に乗せられたハン・ジョンク!「この法廷内にその人物は居ますか」ドヒョンの質問に、はっきりとパク・シカンを指さすジョンク。 更には、チョ・ギタクに殺害されたキム・ソンヒがファイェに居た事も証言します。 ドヒョンは、再度オ・テクジンへの尋問を求めますが、その頃オは、法廷を後にし、チュ・ミュングンと対峙していました… 事務所で、引き戸の裏から報告書原本を剥がすドヒョン。 そう、用意周到な女性陣は、いずれ起こるであろう事態を想定し、あらかじめ報告書のコピーを作成。 そして迎えた あの朝、ドヒョン達の狼狽演技は完璧でした。 ドヒョンの事務所に、録音ファイルが届けられます。 ソヌが録音していたもので、そこには10年前の事件に関する情報が。 しかし、実際の犯罪に関する言及はなく、違法に取得した音声は証拠効力が無いことから、この録音をいかに利用するか。 3回目の公判で姿を見せないオ・テクジンに、逮捕状を要求するドヒョン。 書状が降り、いざ出動するチュンホの元に入る「オ・テクジン自殺」の情報… そして同日、チュ・ミュングンはドイツへ出国してしまいます。 パク・シカンがチャ中佐を撃ったあと、更にオかチュが発砲した事を、どうしたら立証できる? 夜、ファイルの日付が一週間おきであることに目を付けるドヒョン。 事件が起きなければソヌが3月4日に回収するはずだった録音は、まだ現場に残っているかも知れない!一縷の望みを持って、ファイェに急行するドヒョンとチュンホ!果たして…? 第15話 感想 登場人物の動向と思惑が次々と描写され、緊迫感が続く1時間でした。 すべてを暴こうと一丸となって奔走するチュンホ・ドヒョン達と、それぞれの思惑が次第にかみ合わなくなり、自己利益と身の安全のみを追求し始める相手側。 今や、チ・チャンギュルもチュ・ミュングンも、ピルスが無罪になる事はどうでもよいのです。 と言うのも、今の段階でミュングンは、自分がブラックベア報告書原本を持っていると信じているから。 それにしても、このストーリーは本当に綿密に組み立てられていて、感心します。 初めの頃のシーンも全部、以後の伏線。 7話で、チュンホとドヒョンが、ファイェの従業員にキム・ソンヒの事を確認する場面がありました。 長押に設置されたレコーダーが映し出された時は、2人の言動を録音しているのかと思いましたが、こういう事だったのですね。 違法に取得した音声が証拠として使えないなか、パク・シカン、チュ・ミュングンと、証拠隠滅に加担しているチ・チャンギュルを逮捕する事は出来るのでしょうか。 オ・テクジンが死んでしまい、この3人は、彼を都合のよいスケープゴートにするような気がします。 死人に口なし。 単なる殺人事件を超えた、強大な不正の摘発に、裁判所がどこまで裁けるのかにも注目です。 不正は政界、法曹界にも広がっており、国を根幹から揺るがしかねません。 あと一話。 楽しみです。 第16話視聴率 6. 録音された会話は、ピルスの証言を証明するものでした… ドヒョンの予想に反し、再審公判に現れるチュ・ミョングン。 パク・シカン、チ・チャンギュルと既に口裏を合わせてあり、彼らの狙いは、チェ・ピルスの無罪を確定させ、再審公判を早く終わらせる事。 公判が始まる頃、チュンホは何とかファン・ギョシクから証言を得ようと躍起となっていました。 また、ジン女史とユリは、ハ・ミョンスとノ・ソヌが執筆した報告書を、各メディアへメール送信。 証人とした立ったパク・シカンは、チャ中佐を射殺したのはオ・テクジンだと言い張ります。 チュ・ミョングンも同様で、ブラックベア報告書の原本を見せられてもノラリクラリ。 欠陥ヘリが輸入されたことを知り、ざわめく法廷内は、ドヒョンが、改ざんの証拠だ、とUSBを取り出すと大騒ぎに。 検事と弁護士の立場が入れ替わってしまったような展開に、ナ判事は苦言を呈しますが、録音ファイルの再生を許可。 10年前のチャ・スンフ射殺事件の全容が、法廷内に公開され、真犯人であることが明らかになるパク・シカンとチュ・ミュングン。 しかし、彼らを殺人罪に追い込むことは出来ません。 ドヒョンが考えていた通りに、違法に録音された音声は、証拠効力が無いと判断されたのです。 落胆を隠せないジン女史とユリ… と、法廷が引けた後に残っていたチュ・ミョングンを取り囲むソ・グンピョ達!チュンホがファン・ギョシクから、証言を得ることに成功。 キム・スンヒ殺害を教唆する会話の録音を入手したのです。 やがて芋づる式に逮捕されるパク。 そして、迎える判決の日。 法廷は、チャ・スンフ射殺以外の点を論議する立場にないとして、無罪を言い渡します。 ピルスが無罪になっても、チュンホとドヒョンの真実追及は続いていました。 すべての事件が起こる元となった、防衛産業不正疑惑を解明し、チュ・ミョングンらを法で裁くこと。 やがて「特別検察」が発議され、「チュ・ミョングン汚職疑惑 検察捜査本部」が設置されます。 ヤン・インボムの推薦で、チェ・ドヒョンは副検事に就任し、キ・チュンホも参加。 取調室で沈黙し続けるミョングンに、一枚の紙を突きつけるドヒョン。 それはソン・ジェインから入手した、元大統領の署名入りブラックベア取引の覚書… 公判が始まり、法服を纏ったドヒョンは、ナ裁判長が見守る中、被告人チュ・ミョングンの前に進み出て訪ねます。 「被告人は起訴内容を全て認めますか。 」 第16話 最終回 感想 ラストまで、飽きる瞬間が無いドラマでした。 そして「真実を追い続ける限り、いずれすべてが明らかになる」爽快な終わり方でした。 チュ・ミョングンの逮捕に漕ぎつけられたのは、ドヒョン・チュンホ・ジン女史とユリのチームワークの賜物ですね。 ドヒョンは、USBの内容を公開しても、逮捕出来ない事を知っていました。 彼は、自分のやれる事をやり、後はチュンホの説得と、記者としてのユリの腕に委ねた。 お互いの信頼があるからこそ可能な事です。 そして、それはこの4人に限らず、チュンホを信頼する上司と部下達が居たからであり、ドヒョンの人物と能力を認めたヤン・インボムが居たお蔭でもあります。 拡大していく事件の様相と、闇の深さを追う面白さだけでなく、これら、運命が絡み合った人々の人間ドラマを観るのも、楽しみの一つでした。 ハン・ジョンクからチュ・ミョングンに至るまで、犯人達もみな強烈な個性があって、説得力がありましたね。 実は、ネットにアップされていた彼らの「普段の顔」の写真を見て、そのギャップにびっくり!(特にパク・シカン役だった、キム・ヨンフン!)皆、いかにその役に入り込んでいたか、という事でしょう。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

自白|韓国ドラマ【フル動画全話】Netflix・U

自白 韓国 ドラマ キャスト

チェ・ドヒョン … イ・ジュノ キ・チュンホ … ユ・ジェミョン ここからネタバレになりますので注意してください!! 【韓国ドラマ】自白16話のネタバレとあらすじ ノ・ソヌ検事が残した、 最後の録音ファイルを手にしたドヒョン。 ドヒョンは事件当時現場にいた参考人として、チュ・ミョングンの証人尋問を申請します。 しかし、 果たしてチュ・ミョングンは法廷に姿を現すのか…。 半信半疑のドヒョンとは反対に、法廷で証言することに決めたチュ・ミョングン。 全ての罪を自殺したオ・テクジンに着せ、早くこの事件を終わらせようと考えたのです。 この考えに賛同し、同じく出廷を決意したパク・シガン。 再審の日、ドヒョンは事件の担当検事だったジ・チャンユルに、当時チェ・ピルスが犯人ではない絶対的な証拠である硝煙反応に関する書類を、意図的に破棄したことについて問いただします。 しかし、一点して意図的ではないとそれを 否定をするジ・チャンユル。 そこでヤン・インボム検事が証人として現れ、検察側が故意に証拠を破棄したことを認めたのでした。 再び証人台に現れたパク・シガン。 前回の証言とは違い、事件当日、現場であるファイェにいた事実を認めます。 そして、チャ中尉を銃殺した犯人はチェ・ピルスではなく、 自殺したオ・テクジンだと証言するパク・シガン…! 「どうして今になって真実を語ることにしたのですか?」というドヒョンの質問に対して、 無実の罪を着せられたチェ・ピルスが、無念だと思ったと答える場面も。 続いて証人台に現れたのは、ソンイル財団の理事チュ・ミョングン。 問題が多く、廃止になりかけたブラックベア社の軍用ヘリの輸入案件。 しかし嘘の報告書を作ってまで、強引にそれを押し切ろうとしたチュ・ミョングン。 事実をありのまま報告しようとしたチャ中尉は、脅しをかけようと銃を向けたパク・シガンともみ合いになり、その結果銃弾を受けてしまいます。 銃声を聞いて部屋に入ったチェ・ピルスを、再び部屋の外へと追いやるチュ・ミョングンとオ・テクジン。 動揺するパク・シガンを先に帰らせ、 残ったチュ・ミングンは手にした銃でチャ中尉を撃ち抜きます。 驚くオ・テクジンに銃を渡し、 「同じ船に乗るなら、確実にしとかないとな。 」と告げるチュ・ミョングン…。 その言葉に、躊躇しながらもオ・テクジンはなすすべもなく既に息絶えたチャ中尉に 銃口を向けるのでした。 ノ・ソヌ検事が残した最後の録音ファイルをもとに、すべての真実が明らかとなった法廷内。 これによってドヒョンの父親チェ・ピルスは、 晴れて無罪判決を受けるのでした! 一方、ファン・ギョシクを説得し、キム・ソニ事件の供述を得たチュンホは、改めて殺人教唆の疑いでチュ・ミョングンを逮捕。 また、チュ・ミョングンの事務所にあった事業契約書を元に、パク・シガンの逮捕にも成功します! 無罪判決を受け、刑務所をあとにしたチェ・ピルスは、「行きたいところがある。 」と言ってドヒョンと共に、 ユリの父親ハ・ミョンスが眠る場所へと向かいます。 そんな二人の様子を、遠くから眺めるユリ…。 現役の国会議員をはじめとし、国家の重要人物が関連していた事件とあって、慎重な様子を見せる警察と検察サイド。 これに対して、事件を根元から調査することを目的とした特別捜査本部が設立されます。 捜査本部を任されたチュンホと、特別検事として就任したドヒョン。 初回から、立て続けに予想を裏切る展開を見せ続けたドラマ「自白」。 その奇想天外な発想と、キャストの振り切った演技が、ストーリーをより面白く彩っていました。 悪役はまさに悪役らしく、 本当に憎たらしかったです 笑 中でも、やはり前半に登場したハン・ジョングと、猟奇殺人を続けたチョ・ギタクなんかは、本当に身の毛もよだつ迫真の演技だったと思います。 更に、 主役を演じたイ・ジュノ(2PM)の演技力にも驚きでした! 韓国内でも、演技力に定評があり、中にはジュノがアイドルだってことを知らない人もいるのだとか。 それだけ、俳優イ・ジュノとしての活躍が認められているということですよね。 今回のドラマ「自白」は、そのストーリー性からか、男性に非常に人気が高かったのが印象的でした。 男性アイドルが主役を務めるドラマに、男性ファンがつくって、なんだか珍しいですよね! 正直、私自身も大して期待はしていなかったんですが、一話を見てすぐにその考えが変わりました。

次の