ペット2 評価。 映画ペット2がつまらないし面白くない!駄作と感じる理由や評価・感想についても

ペット・セメタリー2

ペット2 評価

職場や外出先からもペットの様子を見守ることができる「ペットカメラ」。 一人暮らしでペットを飼っている方や、家を空ける時間が長い方には頼もしいアイテムですよね。 パナソニックやPLANEXなどから販売されているものや、ファーボやPetcubeなどの給餌機能がついたものまで、さまざまな商品があります。 どんなペットカメラを選んだらよいのか、迷ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。 今回は Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のペットカメラ16商品を比較して、最もおすすめのペットカメラを決定したいと思います。 比較検証は以下の3点について行いました。 カメラ性能• 呼びかけ機能• 使い勝手 果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?ペットカメラの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。 ペットカメラを使うからには、できるだけきれいな画質でペットの様子を見守りたいですよね。 ただ見守るだけでなく、ペットの鮮明な映像を見て癒されたいという方には フルHD画質のものがベストです。 今回検証した商品では、以下の3種類の画質のものがほとんどでした。 画質についてどのように表記されているかは商品によって異なるため、以下を目安にしてチェックしましょう。 実際にそれぞれのカメラで撮影した写真について、この後に紹介するランキングで紹介していますので、参考にしてくださいね。 今回検証した商品• 塚本無線|みてるちゃん• Tomofun|Furbo ドッグカメラ• パナソニック|HDペットカメラ• 中央システム技研|リモカ スタンダード• Secu station|ポチカム• SecuSTATION |屋内用見守りカメラ• Lefun|ネットワークカメラ• マルカン|ペット用オートフィーダー カメラ付• WOWAUTO|ペットカメラ付き自動給餌器• Petcube|Petcube Bites• プラネックスコミュニケーションズ|スマカメ パンチルト フルHD• 安心即売|防犯カメラ• アクセスライン|カリカリマシーンSP 自動給餌器• Pawbo Inc. アイ・オー・データ機器|Qwatch• エクストラン|ilbo 第1位にランクインしたのは塚本無線の「みてるちゃん」です!ペットだけに特化している商品ではなく、家族の見守りや防犯カメラとしても使用できます。 初回起動時の接続設定も非常にスムーズで、接続状況をアイコンで表示してくれるためわかりやすいところが高評価。 映像の遅延もほとんど感じませんでした。 音量は控えめですがノイズなども少ないため、呼びかけ機能も平均以上の評価に。 音質も悪くなく、声の判別も可能でした。 ペットがカメラから離れすぎていなければ問題なさそうです。 撮影範囲は広く、 画質についても鮮明な映像を確認することができました。 暗い場所での撮影も実用に足るレベルといえます。 比較的手ごろな価格なので、初めての方にも向いています。 マイベストが自信を持っておすすめする、ベストバイペットカメラです!.

次の

ペット2

ペット2 評価

映画『ペット2』評価は? 1更新 『ペット2』あらすじ概要。 『』続編。 マックスとデュークは旅行先で農場犬に出会い…。 ギジェットは猫屋敷に潜入することに…。 スノーボールはホワイトタイガーを救い出すが…。 6億円 世界興行収入 4. 批評家と一般は単純平均 ネタバレ感想『ペット2』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 洋画アニメでは、の次くらいにヒット作を出し続けています。 それらライバル社はより大人向けの社会問題や時事性を強調していますが、 イルミネーションはもっと子ども向けで本当に笑えるコメディ映画を多く作ってるのが特徴です。 ただし、毒舌やモラル無視や度を超えたギャグもあり好みは分かれます。 前作『』では、飼い主がいない日中のペットたちの行動を見せてくれ笑えました。 2匹めのペットに嫉妬して覇権争いするマックスが、そのデュークと冒険し過去を知って友情を深める物語としても楽しめました。 ただ、繰り返しや雑な表現やモラル無視が多くてノレない部分もありました。 続編『ペット2』ではかなり改善されてて、 雑だった冗長物語に反省してか、主役3匹のオムニバスストーリーに仕上げた点も見やすくて評価できます。 それぞれのキャラが成長し、最終ミッションのスパイアクションのような救出劇で大活躍する展開もエンタメ映画として上手い作りです。 ただ 吹替版では、もう少し子どもにわかりやすい単語を選んでほしいなとは感じました。 声優にハリソンフォード?鷹出ないのに宮野真守? 原語版(日本語字幕版)では、マックス役のルイ・C・Kがセクハラ騒動で降板し、パットン・オズワルトに変更されている以外はほぼ続投です。 注目すべきは、 農場犬ルースター役のハリソン・フォードです。 りりしいがお茶目な感じですね。 日本語吹き替え版も前作からほぼ続投で、当初は心配された バナナマンの設楽統、日村勇紀はすっかりなじんでいます。 ギジェットの沢城みゆき、スノーボールの中尾隆聖、悪役セルゲイの宮野真守のベテラン声優陣はやはり上手すぎます。 スノーボールの悪い顔した時はまさにフリーザ様です。 前作ではタカのタイベリアスを演じた 宮野真守ですが、今回はヴィラン(敵)としてさすがの演技でした。 タイベリアス出ない理由は同時上映ミニオンで射ち落とされたから? 英語版で ハリソン・フォードが演じた農場犬ルースターは、内藤剛志が声を当ててます。 セリフは少なめですが。 他にデイジーの伊藤沙莉、老犬ポップスの銀河万丈、飼い主ケイティの佐藤栞里、太猫クロエの永作博美も引き続き好演してます。 マックスが野生犬へ成長?師匠犬の登場 前作でマックスとデュークは仲良しになり、その飼い主ケイティは結婚して娘リアムも生まれます。 マックスはリアムに平和な日常を奪われるが、 純粋な愛情を向けられる喜びも感じて、絶対守るという父性本能から育児ノイローゼになります。 ケイティ家族3人と一緒に、マックスとデュークも車で旅行へ行きます。 『』と似た展開ですね。 社内でのリアムとのからみはかわいいし、車から顔出すわんちゃんもあるあるネタです。 しかし宿泊先の家には入れてもらえないし、七面鳥に追われたりしてさんざんです。 農場犬ルースターと出会うが、温室ぬるま湯育ちのマックスらには堅物で厳しく見えます。 しかしその働きっぷりには男らしさや野性味も感じます。 簡単に仕事をマネできると思ったマックスは子羊を逃してしまい、農場犬ルースターに「崖下から救え」と命令されます。 イヤがらせだと思った マックスも達成後は誇りを感じ、少し威厳や風格がアップし、遠吠えまで教わり成長します。 ルースターは仕事もでき、師匠犬としても優れてます。 マックスはカラーを取られて育児ノイローゼも治ります。 「逃げ出すか立ち向かうかの心構えや野生の犬っぽさ」を身につけたマックスの成長ぶりは、帰宅後の冒険でも役立ちます。 別れ際に悲しむルースターがかわいいです。 ギジェットがもふもふ犬から猫神へ?かわいすぎ 前作ではかわいいだけでなく、意思や行動力や格闘の強さまで見せたモフモフなポメラニアン犬のギジェットは、 食洗機で毛の手入れしてて女子力アピールもします。 愛するマックスから「旅行中にミツバチ君の世話をお願い」され引き受けるのもかわいい。 ギジェットは、おもちゃのミツバチ君をマックスとの子と想定し大切に面倒見るが、昼寝中にマンション階下に落としてしまいます。 老婆クレイジー・キャット・レディの部屋は 猫屋敷なので取り返すには「猫になる」必要があります。 猫耳と猫しっぽを付けたギジェットは心と行動パターンまで猫になるため、ペット仲間の太っちょ黒猫クロエ師匠に習います。 転がるボールを追ってはダメ、落下後の着地は足で、人間にしっぽで触れ、曲線的な動きも教わります。 キーボードにコーヒーをかける描写は人間としては悪夢ですがありがちですかね。 小鳥ペットのスィートピーを冗談で食べろと言われて喰ってしまったのはさすが。 はき出して安心しましたが。 猫屋敷での本番では、猫が光を追う習性も利用します。 多数の猫の中に忍び込んだギジェットは、巨大ボス猫からミツバチ君を救う時ピンチになるが、レーザーポインタの光を手のひらや口の中に照射してもらいます。 猫たちは 「初めて光を捕まえた猫」としてギジェットを「神」のように崇めます。 沢城みゆきの声の上手さもあり、何をしてもかわいいギジェットですが、ついに「ねこの神」になった瞬間です。 ねこ風の歩き方もかわいすぎ。 そんな猫の手下どもだけでなく、猫好きおばあちゃんも従えて愛しのマックスの応援へ駆けつけます。 スノーボールがスーパーヒーロー?フーを救え 前作『』ラストで少女に拾われてペットに逆戻りした、もふもふウサギのスノーボールは、うるうるお目々でかわいさアピールし、ママごとや着せ替え人形遊びやスーパーヒーローごっこなど、少女趣味世界にどっぷりつかっています。 特性スーツまで用意されたスーパーヒーローになりきりベランダで飛ぶ空想中、階上のマックスに変人扱いされそうなほど。 そこへシーズー犬のデイジーが来て、ホワイトタイガーの赤ちゃんのフーをサーカスから救ってほしいと頼まれます。 ヒーロースーツを来たスノーボールとデイジーは、悪徳サーカス団へ侵入して4匹の狼もやりすごし、 フーを逃がすのに成功します。 隠れ場所に困り、飼い主不在の多いポップスの部屋へ預けに行きます。 ポップスは子犬達をしつける先生です。 やや口の悪いスノーボールですが、 人間の前ではうるうるお目々で出っ歯のウサギを演じ、かわいさは前作以上です。 新キャラの デイジーもかわいいけど真が強くて、ギジェットとややキャラかぶりしてる感じはするけど個性的で好きです。 主役3匹がアッセンブル!成長を生かせ! 体の大きなホワイトタイガーはポップスでも手におえず返され、スノーボールはマックスらの部屋に隠します。 マックスらが旅行から帰ってくると説明するが、オオカミと悪徳サーカス団長セルゲイも来てフーとデイジーを連れ去ります。 農場で勇敢になった マックスは「逃げるか、立ち向かうか」と考えサーカス団の列車に飛び乗り狼と戦います。 スノーボールはセルゲイのペットモンキーと戦い、デイジーを救って代わりにモンキーを大砲の球として空へ飛ばします。 不運にもモンキーに当たったマックスは列車から落ちるが機転をきかして戻り、セルゲイからフーを救出します。 列車から降りて迫るセルゲイを、 ギジェットら猫がクレイジー・キャット・レディの車でひいて倒します。 ギジェットの格闘シーンなかったのはファンとして残念すぎますが。 ペット達の団結力により救われたホワイトタイガーの フーは、猫屋敷のクレイジーキャットレディの部屋で暮らすことになります。 悪徳とはいえ盗んだ虎だし、そもそもエサとか大丈夫?といろいろ心配ですが。 マックスとデュークは幼稚園へ入園するリアムにハグされ送り出すが、ケイティとチャックは不安とさみしさがこみ上げてます。 マックスはルースター師匠から親離れしたような状態なので、肝もすわり育児ノイローゼもすっかり治ってます。 エンドクレジットの途中、少女モリーと遊ぶスノーボールは、お姫様の衣装を着せられパンダ人形を持ってパンダの曲で踊ります。 スノーボールの成長は一番わかりづらいけど、 元ペット軍団の長だったとは思えない変わりようですね。 『ペット2』私の評価は?続編は決定済み? 前作『』はコメディとしてもハチャメチャ冒険物語としても面白かったけど 『ペット2』ではさらにストーリーを洗練させ、多くのキャラに活躍の場を与えてるので、推しキャラがいる人も楽しめますね。 私の推しはギジェット。 は描かないであろうモラル無視表現は今回も健在で、PCキーボードにコーヒーこぼしたり、小鳥を食べる表現や、高齢ドライバーの運転や、列車の鉄パイプを落としたり、悪役とはいえセルゲイを車で2度もはねたりします。 度を越えた表現が笑いをさそうし、アニメのフィクションだからこそ表現できるファンタジーだとは思うけど、時代が進むとTVでは放送できなくなりそうで心配です。 それこそがとも思いますが。 続編『ペット3』製作は既に決定済です。 マックスらもかなり歳とってる気はするけど無視していいんですかね(笑)リアムは幼稚園に入り、モリーも成長するのでますます『』に近づきそうですが、 エモい物語は似合わないのでまたペット達のはちゃめちゃ冒険譚を期待したいです!• 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 『ペット2』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞•

次の

ペット2 感想・レビュー|映画の時間

ペット2 評価

短評 原題の「The Secret Life」の部分、つまり飼い主が知らないところでペットたちが何をしているのかというアイディア自体は第一作で消化済みである。 従って、ストーリーは無理やり作った感があったものの(もっとも前作だってハチャメチャである)、 なんだかんだで可愛いだけじゃない個性豊かなペットたちを眺めているのは楽しかった。 子供にも分かりやすく伝えられる大切なメッセージに感心するもよし、ペットにニヤリとするもよしである。 あらすじ のマックスは子供嫌いだったが、飼い主のケイティが結婚し、息子のリアムが生まれると一変。 「この危険な世界からリアムを守ってやらねばならぬ」と使命感を帯びる。 危険だらけの世界にストレスを感じて掻き癖がついてしまったマックスだったが、ケイティの夫チャドの叔父の農場に家族旅行に行き、勇ましき牧羊犬ルースター()の薫陶を受ける。 感想 ペットたちが滅茶苦茶やっているという根本的にファンタなことよりも、大都会に虎と狼が野放しになったら大変だろうという些細に現実なことが気になるのは何故なのだろう。 ルースターから免許皆伝されたマックスがニューヨークに戻り、悪辣なサーカスに使役されるホワイトタイガーのフーを助けて大団円となっている。 ファンタに現実的思考を持ち込む三十郎氏の如き無粋な人間なら、「虎を助け出しても野生化できないからダメだろう」と心配になるかもしれないが、ペットたち以上にファンタでファンキーな猫婆さんが全てを解決してくれた。 あんな猫屋敷が近所にあったら不衛生そうで怖いな。 猫に食べられた婆さんの死体が見つかってホラーになりそうである。 マックスとデュークが車での旅行に大喜びしているのだが、車好きの犬が多数派なのだろうか。 三十郎氏がかつて飼っていた犬は車嫌いで、長時間乗っていると車酔いを起こしてグッタリしていた記憶がある。 カ人は皆車好きだから(偏見)、きっとカの犬も車好きなのだ。 「犬は飼い主に似る」と言うではないか。 三十郎氏も車嫌いである。 ウサギのヒーロー、スノーボールを演じると、ルースターを演じるの声は分かりやすかった。 彼らは特徴的な声をしている。 スノーボールは特訓と称して格ゲーをしていて、一応役に立っているようだった。 同じく心だけはヒーローな人間たちは、格ゲーやで特訓するよりも筋トレに励むべきである。 「大事なのは心の持ちよう」だというのが本作のテーマの一つだが、マックスとルースターではやはり頼り甲斐が違う。 外見は重要である。 悪役のサーカス主セルゲイがずっと帽子を被っていたので、「これはハゲに違いない」と確信していたら案の定であった。 一本毛のない波平タイプである。 エンドロールで流れるペットと赤ちゃんの組み合わせ映像集がとても可愛くて笑える。 黒人少年と犬が一緒に踊っている動画はネットで見たことがあったのだが、あれはフリー素材なのか。 肖像権とかどうなっているのだろう。 犬の背中に乗って冷蔵庫を漁ろうとする幼児が可愛かった。 大人しく踏み台になるなんてよく出来た犬だな。 本作のメッセージとは真っ向から対立するが、今は皆が怖がってばかりいればいい思う。 続編の製作予定もあるようだが、前作と本作の時間経過を考えれば老犬になったマックスの物語になるのだろうか。

次の