プルームテック ライン。 【プルームテックプラス】12種類のたばこカプセルを吸った感想|フレーバーの気になる味は?

プルーム・テック(Ploom TECH)たばこカプセル/スティック全銘柄の味・比較

プルームテック ライン

商品情報 電子タバコ プルームテックプラス ploom tech plus 用の互換カートリッジにアメリカ製CBDリキッド(カンナビス風フレーバー)が入っている商品です。 癖がなく吸いやすい味ですので、繰り返し使用しても飽きが来ません。 CBDは特殊な通関が必要で成分分析の必要書類がないと輸入できません。 もちろんTHC(違法成分)やタール、ニコチンは一切含んでいませんのでご安心ください。 電子タバコミストとして肺でCBDを吸収したが効率が良いとされています。 吸い方は電子タバコと同じように吸っていただいて、肺でできるだけ長く対流させてゆっくり吐き出して下さい。 プルームテックの構造は電子タバコ用リキッドを効率よく摂取できる仕組みになっていますので、CBDリキッドとの相性も抜群です。 CBDはリラックス効果があると言われています。 睡眠の質が向上、イライラ防止、自律神経、精神疾患、更年期などにも効果的などの話があります。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 配送 営業日のみ14時まで当日発送!! 【商品発送のタイミング】 当ストアの発送は日本郵便のゆうパック・ゆうパケットにて承ります。 特にご指定がない場合 コンビニ決済、銀行振込 ご入金確認後、2営業日以内に発送いたします。 クレジットカード決済、代金引換 ご注文確認後、2営業日以内に発送いたします。 【配送希望時間帯をご指定出来ます】 ただし日時指定された場合でも、運送上の事情により指定日時に配達ができない事もございますのでお早めのご注文をお願いいたします。 初期不良対応期間を経過した商品へのご対応が行えない場合がございます。 <お客様ご都合の返品> 未使用・未開封に限り商品ご到着後7日以内にご連絡頂いた場合のみ、 【お客様の送料負担】でのご返品による返金の対応お受け致します。 <商品に初期不良や不具合があった場合。 > 弊社では原則商品交換でのご対応をさせて頂いております。 使用後でも商品到着後7日以内で商品説明・説明書・使用上の注意の通りのご使用方法であれば弊社にて保証対応いたします。 初期不良ではアクセサリ等の不具合も全て保証対象となります。 ご使用後の返金は一切承れません。 在庫状況により交換出来ない場合のみ返金対応となる場合が御座いますご了承下さい。 商品到着後7日以内に必ずタバコ葉を入れない状態で動作チェックをお願い致します。 (充電不能 ・ 電源ボタンのON・OFFが出来ない・ヒートアップしないのみ)弊社にて原則交換にて対応させて頂きます。 ご使用後の返金は一切承れません。 在庫状況により交換出来ない場合のみ返金対応となる場合が御座いますご了承下さい。 メーカー保証期間に関わらず、商品ページ及びタイトル記載の期間内国内での保証が可能となります。 消耗部品の劣化による破損(バッテリー・コイル・マウスピース・アクセサリ等)は保証対象外となります。 保証の範囲は商品説明・説明書・使用上の注意の通りのでの使用で発生した基盤の不具合(電源が入らない。 ヒートアップしない等)のみとなります。 連続使用は機器を痛めますので1セッション終了後は本体が冷めるのを待って使用してください。 定期的に製品を掃除して下さい。 明らかなメンテナンス不足は保証対象外です。 開封直後と判断できない破損状態は対応出来かねます。 【返品の送料・手数料負担について】 商品初期不良による返品の際の送料・手数料につきましては、通常すべて弊社が負担いたします。 【返金について】 返品商品到着確認後、弊社にて検証検品を行いお支払い方法に応じたご返金を行わせて頂きます。 お問い合わせ 【ご注文は24時間受け付けております。 】 店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願い致します。 ご使用を誤っていると場合での返送された製品が正常に動作する際は、 不当交換による損害として別途ご請求させて頂く場合がございます。 何卒ご理解の程をお願い申し上げます。 【お電話でのお問い合わせ】 ご注文番号を必ずご確認のうえお問い合わせをお願い致します。 商品名やご購入日では迅速なご対応を出来ない場合がございます。 個人情報保護の観点からお名前だけでのお問合せには、 お答え致しかねますのでご了承願います。 またお電話でお問い合わせを頂いた場合であっても、 迅速な対応を行う為に口頭での説明が困難な場合や商品現状確認の為に、 メールを使用してのご返答への切り替え行う事をご了承願います。 お問合せが込み合う際は、 少々お時間要する場合がございます。 営業時間外は大変申し訳ございませんが、 翌営業日へおかけ直し頂くようお願い申し上げます。 【メールによる問い合わせ】 ご注文番号を必ず記載のうえお問い合わせをお願い致します。 本文にお客様のご注文情報や商品等の記載が無い場合、 ご返信が出来ない場合や迅速なご対応を出来ない場合がございます。 また弊社よりお送りする内容へのご返信が無い場合も同様となります。 電話にてご返信を求められる場合がございますが、 商品の状態などを確認する際に口頭では困難為にメールにてご対応させて頂きます。 何卒ご理解の程を宜しくお願い致します。 18時以降のご連絡については翌営業日のご対応となります。 プライバシー お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 連絡先 株式会社サンエスライン 住所:〒847-0041 佐賀県唐津市千代田町2109-67 電話番号:050-3187-4330 メールアドレス:sanesuline yahoo. jp C 2019 SANESULINE.

次の

【プルームテックプラス】ゴールドラインとフレーバーラインをレビュー!

プルームテック ライン

JTは2019年11月1日より、低温加熱型のたばこ用デバイス「プルーム・テック・プラス」専用リフィルにおいて、新たに4銘柄を全国のコンビニエンスストアおよびたばこ販売店などで販売を開始した。 これを記念し、東京・渋谷のプルームショップにて発表会が行われ、新商品を体験できたので、気になる吸い応えなどをリポートしたい。 「プルーム・テック・プラス」の新しい4銘柄を体験 待望"フレーバー"ラインの2商品 新たに発売された4銘柄は、大きく2つの新ラインに分けられる。 ひとつは、プルーム・テック・プラスにおいて初となる"フレーバー"ライン。 「メビウス」ファンには馴染み深い芳醇なフルーツフレーバーが、ついにプルーム・テック・プラスでも楽しめるようになった。 発売されたのは、「メビウス・パープル・ミント」と「メビウス・レッド・ミント」の2銘柄。 吸ってみた感想は以下の通り。 左:「メビウス・パープル・ミント」、右:「メビウス・パープル・ミント」 「メビウス・パープル・ミント」 愛煙家にファンが多い"ベリーフレーバー"のプルーム・テック・プラス専用リフィルがこちら。 甘酸っぱく爽やかなベリーの味わいが、これまた爽やかなメンソールとともに堪能できるフレーバー。 鼻孔をくすぐる芳醇な香りも魅力といえるだろう。 4つの中で、個人的にはもっとも好み。 「メビウス・パープル・ミント」 "レッド"という名称から想像できる通り、こちらはアップルのフレーバーとなっている。 それでいて、爽快なメンソールもきいているので、まるでスパークリングワインのようなフレーバーであると感じられた。 吸い応え満点"メビウス・ゴールド"ラインの2商品 「吸い応えがもうちょっとあれば、プルームテック1本にするんだけどなぁ」というユーザーも多いのではないだろうか。 そんな声に応え、紙巻きさながらの濃厚かつ深みのある味わいを追求したのが"メビウス・ゴールド"ライン。 特別原料"ゴールド・リーフ"は、なんと数千種類のたばこ葉の中から厳選したもので、同社のこだわりが詰まった意欲的な新ラインとなっている。 左:「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」、右:「メビウス・ゴールド・ロースト」 「メビウス・ゴールド・ロースト」 厳選したたばこ葉の味わいをとことん堪能したい人におすすめなのが、このレギュラータイプ。 個人的に、加熱式タバコのレギュラータイプは苦手なのだが、この商品は別格。 旨味がケタ違い。 まるで高級な葉巻のような上質な味わいが口の中と喉を心地よく満たしてくれる。 「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」 特別原料"ゴールド・リーフ"を使用した、メンソールのリフィルがこれ。 キレッキレのかなりシャープな爽快感を堪能できるのが特徴だ。 それでいて、レギュラー譲りの濃厚なたばこの味わいも健在。 紙巻きタバコのメンソールを吸っているという人も、きっと満足ゆく商品だと思う。 激レア! 未発表のフレーバーも吸わせてもらった イベント会場では、新フレーバーの発売を記念して、まだ試作段階の12のフレーバーと8のたばこ葉も吸わせてもらうことができた。 「え、そんなフレーバーも!? 」という驚きの試作も数多くあったので、印象的だったものをいくつか紹介したい。 いつか発売になるかも!? 試作のフレーバーを体験 炭酸飲料 味のイメージがまったく湧かなかったのだが、吸ってみると昔懐かしいラムネやソーダに似た味わいだった。 意外にイケる……! 炭酸飲料の味わいはいかに…… 黄色種 こちらはたばこの葉なのだが、味が濃厚で吸い応えがあり、実に美味だった。 ぜひとも発売してほしい。 ぜひとも発売してほしい美味な「黄色種」 酒粕 思いっきり酒粕の味がする、なんとな不思議なフレーバーだった。 酒好きの人は買いたい人も多いのではないだろうか。 かぼちゃ 目をつぶって吸っても「かぼちゃ! 」と誰もが答えることができるはず。 特有の甘みが口の中に広がるようなグルメなフレーバーだった。 あまりにも忠実に味わいが再現されているので、てっきり「炭酸飲料」や「かぼちゃ」などそれぞれを原料にしているのかなと思いきや、すべて多彩な香料を組み合わせて作っているそう。 いずれもまだ市場には出回っていないし、もしかしたら出回らないのかもしれないが、いずれにせよ同社の高い技術力がひしひしと伝わってくる貴重な体験であった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

プルームテックプラス ゴールドレッドミントのレビュー

プルームテック ライン

JTは2019年11月1日より、低温加熱型のたばこ用デバイス「プルーム・テック・プラス」専用リフィルにおいて、新たに4銘柄を全国のコンビニエンスストアおよびたばこ販売店などで販売を開始した。 これを記念し、東京・渋谷のプルームショップにて発表会が行われ、新商品を体験できたので、気になる吸い応えなどをリポートしたい。 「プルーム・テック・プラス」の新しい4銘柄を体験 待望"フレーバー"ラインの2商品 新たに発売された4銘柄は、大きく2つの新ラインに分けられる。 ひとつは、プルーム・テック・プラスにおいて初となる"フレーバー"ライン。 「メビウス」ファンには馴染み深い芳醇なフルーツフレーバーが、ついにプルーム・テック・プラスでも楽しめるようになった。 発売されたのは、「メビウス・パープル・ミント」と「メビウス・レッド・ミント」の2銘柄。 吸ってみた感想は以下の通り。 左:「メビウス・パープル・ミント」、右:「メビウス・パープル・ミント」 「メビウス・パープル・ミント」 愛煙家にファンが多い"ベリーフレーバー"のプルーム・テック・プラス専用リフィルがこちら。 甘酸っぱく爽やかなベリーの味わいが、これまた爽やかなメンソールとともに堪能できるフレーバー。 鼻孔をくすぐる芳醇な香りも魅力といえるだろう。 4つの中で、個人的にはもっとも好み。 「メビウス・パープル・ミント」 "レッド"という名称から想像できる通り、こちらはアップルのフレーバーとなっている。 それでいて、爽快なメンソールもきいているので、まるでスパークリングワインのようなフレーバーであると感じられた。 吸い応え満点"メビウス・ゴールド"ラインの2商品 「吸い応えがもうちょっとあれば、プルームテック1本にするんだけどなぁ」というユーザーも多いのではないだろうか。 そんな声に応え、紙巻きさながらの濃厚かつ深みのある味わいを追求したのが"メビウス・ゴールド"ライン。 特別原料"ゴールド・リーフ"は、なんと数千種類のたばこ葉の中から厳選したもので、同社のこだわりが詰まった意欲的な新ラインとなっている。 左:「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」、右:「メビウス・ゴールド・ロースト」 「メビウス・ゴールド・ロースト」 厳選したたばこ葉の味わいをとことん堪能したい人におすすめなのが、このレギュラータイプ。 個人的に、加熱式タバコのレギュラータイプは苦手なのだが、この商品は別格。 旨味がケタ違い。 まるで高級な葉巻のような上質な味わいが口の中と喉を心地よく満たしてくれる。 「メビウス・ゴールド・クリア・ミント」 特別原料"ゴールド・リーフ"を使用した、メンソールのリフィルがこれ。 キレッキレのかなりシャープな爽快感を堪能できるのが特徴だ。 それでいて、レギュラー譲りの濃厚なたばこの味わいも健在。 紙巻きタバコのメンソールを吸っているという人も、きっと満足ゆく商品だと思う。 激レア! 未発表のフレーバーも吸わせてもらった イベント会場では、新フレーバーの発売を記念して、まだ試作段階の12のフレーバーと8のたばこ葉も吸わせてもらうことができた。 「え、そんなフレーバーも!? 」という驚きの試作も数多くあったので、印象的だったものをいくつか紹介したい。 いつか発売になるかも!? 試作のフレーバーを体験 炭酸飲料 味のイメージがまったく湧かなかったのだが、吸ってみると昔懐かしいラムネやソーダに似た味わいだった。 意外にイケる……! 炭酸飲料の味わいはいかに…… 黄色種 こちらはたばこの葉なのだが、味が濃厚で吸い応えがあり、実に美味だった。 ぜひとも発売してほしい。 ぜひとも発売してほしい美味な「黄色種」 酒粕 思いっきり酒粕の味がする、なんとな不思議なフレーバーだった。 酒好きの人は買いたい人も多いのではないだろうか。 かぼちゃ 目をつぶって吸っても「かぼちゃ! 」と誰もが答えることができるはず。 特有の甘みが口の中に広がるようなグルメなフレーバーだった。 あまりにも忠実に味わいが再現されているので、てっきり「炭酸飲料」や「かぼちゃ」などそれぞれを原料にしているのかなと思いきや、すべて多彩な香料を組み合わせて作っているそう。 いずれもまだ市場には出回っていないし、もしかしたら出回らないのかもしれないが、いずれにせよ同社の高い技術力がひしひしと伝わってくる貴重な体験であった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の