艦これ イベント 遠征。 【艦これ】イベント攻略しよう!資材は燃料から貯めるべき【備蓄】

【艦これ】今回の新遠征って大破したまま出したら轟沈したりしないよね?

艦これ イベント 遠征

どうも皆さまこんにちは、れてぃぽんです。 初めましての方は初めまして。 私は前記事を見ていただけるとわかると思いますがかなり燃え尽きました。 資源が。 今回ですけど、以前書いていた4資源の集め方記事ですが、沢山の遠征が追加されたこともあって大分効率が変わりました。 ご要望をいくつか頂いたので、ここらで一度リメイクしておこうかな?と思いまして記事を書いています。 初心者向けかつ自分の確認用でもありますのでベテラン提督さんには無縁の記事かもしれません。 私の情報で少しでも参考になる人がいたらいいな、と思って書いているのでそこのところはご留意いただけると幸いです。 ちなみにイベント始める前の私の4資源がこちらになります。 俗に言うフルカンストですね。 そんでもって掘り作業等のイベント工程を終えた直後の私の持ち資源がこちらになります。 一体何があったのか。 大型建造などは一切してないです。 ただ話すと長くなるのでそれも前記事参照ということで。 燃料が足りねんりょう その24時間後の資源がこちらになります。 燃料に注目していただきたい。 勿論、資源課金は一切行っていません。 無課金で、遠征と出撃のみでこれほど稼ぐことが可能となります。 4資源とも記しますがまずは燃料について詳細を記していきましょう。 【前準備】 前準備として資源を稼ぐには絶対に遠征が不可欠なので入手資源が1. 5倍になる大成功にする戦意高揚(俗に言うキラキラ)状態に遠征に出す艦はしておきましょう。 キラ付けの仕方は以前から変わっていないので割愛。 nicovideo. どの資源にも言えることですが一番大事なのは 遠征の組み合わせです。 燃料を手に入れるために必要だと私がピックアップした遠征はこちらとなっています。 基本は大成功なので得られる資源は表示の1. 5倍だと考えてください。 ここで注意点がいくつかあります。 まず、必要隻数が6隻以外のところ。 海上護衛やタンカーなどですね。 これらはキラ付け艦を最低数用意して遠征に送り出しても必ず大成功するというわけではありません。 4隻だと80%前後、 5隻だと95%、 6隻で99%ほどの大成功率になります。 (というのがあくまでも定説です。 それは違うよ!という方は是非ともご指摘下さい) 6隻出せばほぼ大成功ですが4隻だとやや心許ない感じがしますね。 ただ6隻分のキラ付けをするのが面倒、という方は 必要隻数が5以下の遠征は5隻で良いと思います。 私もそうしてます。 例外として、No. 21の北方鼠輸送作戦やNo. 38の東京急行弐などのドラム缶を使用した遠征。 大成功の条件を理解したら、ご自身のスケジュールと相談しつつ先ほどピックアップした遠征を回すと良いでしょう。 遠征が出てないのであれば艦隊1つは遠征を進める用などにしてもいいかもしれませんね。 ただ流石にイベント期間に80時間の遠征をやったりするのはアレなので東京急行が出てない方は大人しく別のを回したほうが良いかと思います。 ちなみに 24時間で燃料を12000増やした遠征の組み合わせは No. 5海上護衛任務と No. 21北方鼠輸送作戦と No. 38の東京急行弐でした。 寝る前には水上機、タンカー、鼠輸送に送る感じ。 ちょっとややこしい話かもしれませんが、しくみを理解してしまうと他の資源にも応用が効くのでわからなければ何度か見直してみるか、コメント欄に質問して下されば可能な限りお応えします。 遠征以外にも燃料を増やす方法は勿論あります。 皆大好き オリョールクルージングですね! 2013夏イベを経験してる提督にとっては伊58はさん付けするレベルのキャラ。 でち公なんて言えません。 潜水艦撃破と第三~第五海域への出撃ウィークリー以外ほぼ全ての任務がこの海域で終わらせられる事も手伝って非常に優秀な稼ぎ方です。 1-5やレア駆逐レシピで潜水艦を拾った方は是非ともお試し下さい。 潜水艦の人数と回し続けた結果がどうなるか簡易に下に表します。 単騎:稼げる資源の割は良いが敗北数が増える。 ドックを占領しないメリットがある。 副縦陣やボス輪形陣を引くと敗北の可能性が高まる。 安定択。 ボス戦輪形陣だけ危うい可能性有。 4人:燃料 微増、弾薬 微減。 ボス戦勝利が安定しS勝利も狙える。 飛龍や2人目以降のイムヤを掘る場合はこれ 5人:燃料 微増、弾薬 減。 ボス殲滅、掘り特化。 複数人ずつ所持してないと疲労管理が大変。 6人:まるゆ増やしただけじゃ特に変わりません。 【弾薬・鋼材の増やし方】 弾薬は基本出撃している限りは減り続けます。 上記したオリョクルやキラ付け以外に出撃を重ねると減少の一途を辿ることになるので貯めたければ過度な出撃は控えましょう。 鋼材は主に修理費に消費されます。 貯蓄しようと心がけて出撃を控えていれば減ることは殆どないと思います。 ただ戦艦の修理費や建造、開発に大量に要求されることが多いので 増えやすく、減りやすい資源だと考えてくださって結構です。 また、弾薬と鋼材ですがこの2つは一緒に稼げる遠征が多いので一括にしてしまっています。 ピックアップした遠征は以下の通り。 画像小さかったらクリックして拡大して下さい。 申し訳ありません。 長距離練習航海などPCに貼り付けるようなものは無理にキラ付けして遠征を出さなくとも大丈夫です。 この遠征は大成功してもバケツを必ず持って来るという訳でもないので。 私は基本的に弾薬を集めたいときは No. 2の長距離練習航海と No. 5の海上護衛任務、 No. 37の東京急行を回してます。 PCに貼り付けない場合はNo. 2の遠征をNo. 13鼠輸送作戦に変えたりしてます。 所要時間が長い遠征は寝る前に。 弾薬も特化させれば 1日で10000ぐらいは稼げると思います。 鋼材に関してですが、出撃でも増やすことが可能です。 俗に言うキスクル( 3-2)ですね。 このキスクルは駆逐オンリー以外での構成(オススメは潜水艦4~5)で3-2-1に出撃したあと、進撃して鋼材マスを経て2戦目を行って帰投するもの。 鋼材マスは50~150ほどの鋼材を入手することが可能で、頑張れば 1時間で2000以上もの鋼材が入手することが可能です。 大型建造で鋼材が足りない! と思った方は試してみる価値がある方法だと思います。 潜水艦を入手してある程度育っている前提になってしまいますけど。 (潜水艦がいなくともキスクルが可能なやり方があるにはありますが私自身が嫌いなので記しません。 尚、これに関しての質問は一切受け付けません) 【ボーキサイトの増やし方】 空母運用には必要不可欠なボーキサイト。 消費は航空戦が行われた際、もしくは敵艦隊の対空砲火によって撃墜された艦載機1つにつき5ずつ一律で消費します。 高効率の遠征が少ないが開発や大型建造、航空戦や空母を運用しなければ減ることは殆どありません。 増えづらく、減りづらい資源だと考えてください。 下記が私がピックアップしたボーキサイト稼ぎに適した遠征です。 上記した通り、他の資源に比べて稼げる遠征がとても少ないです。 稼ぐというよりは基本的には No. 6防空射撃演習を他資源稼ぎの合間に入れてちょこちょこと増やしていき、寝る前に No. 11ボーキサイト輸送任務、鋼材稼ぎと共に No. 35のMO作戦や No. 36の水上機基地建設などが良いと思います。 PCの前に貼り付いて防空射撃演習を回し続けられるなら 1日に5000~7000ほど稼げると思います。 ちなみに防空射撃演習ですが燃料の時にも記しましたが、必要隻数が4隻なので編成はキラ付け艦5隻で送るのが良いと思います。 他3資源に比べても稼げるペースが早くないので、ボーキ稼ぎは続けることが大事だと思います。 【まとめ】 やや簡易ではありますが、以上が4資源の急速的な回復手段でした。 当たり前ですが資源は任務や遠征をこなし使わなければ自然と増えていきます。 開発や建造といった過度に使わずに節約する、を心掛けるだけでも大分変わってきます。 また、資源回復中は出撃や掘り作業、建造も出来ないのでつまらないと感じる方も多いと思いますが他の作業やゲームと同時進行できるのがこの艦隊これくしょんというゲームのある種の強みでもありますのでゲームの特性だと思ってください。 また、2014夏イベントは敵戦力ゲージの回復仕様はありません。 イベント期間と言っても断続的に出撃しなければいけない訳ではないので1日や2日間ぐらい、まとめて資源回復をさせて時間が取れる日に一気に攻略する、という手法もありです。 早く攻略しなければいけない訳ではなく、最終的に勝てば良かろうなのです。 焦らず、最終日までに自分の目的を果たせる攻略方法をしていきましょう! 今回書いた備蓄方法が全てというわけではありません。 あくまでも一手段なので他にはこんな方法もあるよ!という方はコメント欄にでも書いていただけると私も喜びます。 長くなりましたがここまで読んでくださった方ありがとうございました! ご意見やご感想はコメント欄かTwitter Retyponまでいただければ可能な限り反応します。 それでは皆さま、また会う時まで良き提督ライフを!.

次の

艦これ攻略wiki

艦これ イベント 遠征

どうも皆さまこんにちは、れてぃぽんです。 初めましての方は初めまして。 私は前記事を見ていただけるとわかると思いますがかなり燃え尽きました。 資源が。 今回ですけど、以前書いていた4資源の集め方記事ですが、沢山の遠征が追加されたこともあって大分効率が変わりました。 ご要望をいくつか頂いたので、ここらで一度リメイクしておこうかな?と思いまして記事を書いています。 初心者向けかつ自分の確認用でもありますのでベテラン提督さんには無縁の記事かもしれません。 私の情報で少しでも参考になる人がいたらいいな、と思って書いているのでそこのところはご留意いただけると幸いです。 ちなみにイベント始める前の私の4資源がこちらになります。 俗に言うフルカンストですね。 そんでもって掘り作業等のイベント工程を終えた直後の私の持ち資源がこちらになります。 一体何があったのか。 大型建造などは一切してないです。 ただ話すと長くなるのでそれも前記事参照ということで。 燃料が足りねんりょう その24時間後の資源がこちらになります。 燃料に注目していただきたい。 勿論、資源課金は一切行っていません。 無課金で、遠征と出撃のみでこれほど稼ぐことが可能となります。 4資源とも記しますがまずは燃料について詳細を記していきましょう。 【前準備】 前準備として資源を稼ぐには絶対に遠征が不可欠なので入手資源が1. 5倍になる大成功にする戦意高揚(俗に言うキラキラ)状態に遠征に出す艦はしておきましょう。 キラ付けの仕方は以前から変わっていないので割愛。 nicovideo. どの資源にも言えることですが一番大事なのは 遠征の組み合わせです。 燃料を手に入れるために必要だと私がピックアップした遠征はこちらとなっています。 基本は大成功なので得られる資源は表示の1. 5倍だと考えてください。 ここで注意点がいくつかあります。 まず、必要隻数が6隻以外のところ。 海上護衛やタンカーなどですね。 これらはキラ付け艦を最低数用意して遠征に送り出しても必ず大成功するというわけではありません。 4隻だと80%前後、 5隻だと95%、 6隻で99%ほどの大成功率になります。 (というのがあくまでも定説です。 それは違うよ!という方は是非ともご指摘下さい) 6隻出せばほぼ大成功ですが4隻だとやや心許ない感じがしますね。 ただ6隻分のキラ付けをするのが面倒、という方は 必要隻数が5以下の遠征は5隻で良いと思います。 私もそうしてます。 例外として、No. 21の北方鼠輸送作戦やNo. 38の東京急行弐などのドラム缶を使用した遠征。 大成功の条件を理解したら、ご自身のスケジュールと相談しつつ先ほどピックアップした遠征を回すと良いでしょう。 遠征が出てないのであれば艦隊1つは遠征を進める用などにしてもいいかもしれませんね。 ただ流石にイベント期間に80時間の遠征をやったりするのはアレなので東京急行が出てない方は大人しく別のを回したほうが良いかと思います。 ちなみに 24時間で燃料を12000増やした遠征の組み合わせは No. 5海上護衛任務と No. 21北方鼠輸送作戦と No. 38の東京急行弐でした。 寝る前には水上機、タンカー、鼠輸送に送る感じ。 ちょっとややこしい話かもしれませんが、しくみを理解してしまうと他の資源にも応用が効くのでわからなければ何度か見直してみるか、コメント欄に質問して下されば可能な限りお応えします。 遠征以外にも燃料を増やす方法は勿論あります。 皆大好き オリョールクルージングですね! 2013夏イベを経験してる提督にとっては伊58はさん付けするレベルのキャラ。 でち公なんて言えません。 潜水艦撃破と第三~第五海域への出撃ウィークリー以外ほぼ全ての任務がこの海域で終わらせられる事も手伝って非常に優秀な稼ぎ方です。 1-5やレア駆逐レシピで潜水艦を拾った方は是非ともお試し下さい。 潜水艦の人数と回し続けた結果がどうなるか簡易に下に表します。 単騎:稼げる資源の割は良いが敗北数が増える。 ドックを占領しないメリットがある。 副縦陣やボス輪形陣を引くと敗北の可能性が高まる。 安定択。 ボス戦輪形陣だけ危うい可能性有。 4人:燃料 微増、弾薬 微減。 ボス戦勝利が安定しS勝利も狙える。 飛龍や2人目以降のイムヤを掘る場合はこれ 5人:燃料 微増、弾薬 減。 ボス殲滅、掘り特化。 複数人ずつ所持してないと疲労管理が大変。 6人:まるゆ増やしただけじゃ特に変わりません。 【弾薬・鋼材の増やし方】 弾薬は基本出撃している限りは減り続けます。 上記したオリョクルやキラ付け以外に出撃を重ねると減少の一途を辿ることになるので貯めたければ過度な出撃は控えましょう。 鋼材は主に修理費に消費されます。 貯蓄しようと心がけて出撃を控えていれば減ることは殆どないと思います。 ただ戦艦の修理費や建造、開発に大量に要求されることが多いので 増えやすく、減りやすい資源だと考えてくださって結構です。 また、弾薬と鋼材ですがこの2つは一緒に稼げる遠征が多いので一括にしてしまっています。 ピックアップした遠征は以下の通り。 画像小さかったらクリックして拡大して下さい。 申し訳ありません。 長距離練習航海などPCに貼り付けるようなものは無理にキラ付けして遠征を出さなくとも大丈夫です。 この遠征は大成功してもバケツを必ず持って来るという訳でもないので。 私は基本的に弾薬を集めたいときは No. 2の長距離練習航海と No. 5の海上護衛任務、 No. 37の東京急行を回してます。 PCに貼り付けない場合はNo. 2の遠征をNo. 13鼠輸送作戦に変えたりしてます。 所要時間が長い遠征は寝る前に。 弾薬も特化させれば 1日で10000ぐらいは稼げると思います。 鋼材に関してですが、出撃でも増やすことが可能です。 俗に言うキスクル( 3-2)ですね。 このキスクルは駆逐オンリー以外での構成(オススメは潜水艦4~5)で3-2-1に出撃したあと、進撃して鋼材マスを経て2戦目を行って帰投するもの。 鋼材マスは50~150ほどの鋼材を入手することが可能で、頑張れば 1時間で2000以上もの鋼材が入手することが可能です。 大型建造で鋼材が足りない! と思った方は試してみる価値がある方法だと思います。 潜水艦を入手してある程度育っている前提になってしまいますけど。 (潜水艦がいなくともキスクルが可能なやり方があるにはありますが私自身が嫌いなので記しません。 尚、これに関しての質問は一切受け付けません) 【ボーキサイトの増やし方】 空母運用には必要不可欠なボーキサイト。 消費は航空戦が行われた際、もしくは敵艦隊の対空砲火によって撃墜された艦載機1つにつき5ずつ一律で消費します。 高効率の遠征が少ないが開発や大型建造、航空戦や空母を運用しなければ減ることは殆どありません。 増えづらく、減りづらい資源だと考えてください。 下記が私がピックアップしたボーキサイト稼ぎに適した遠征です。 上記した通り、他の資源に比べて稼げる遠征がとても少ないです。 稼ぐというよりは基本的には No. 6防空射撃演習を他資源稼ぎの合間に入れてちょこちょこと増やしていき、寝る前に No. 11ボーキサイト輸送任務、鋼材稼ぎと共に No. 35のMO作戦や No. 36の水上機基地建設などが良いと思います。 PCの前に貼り付いて防空射撃演習を回し続けられるなら 1日に5000~7000ほど稼げると思います。 ちなみに防空射撃演習ですが燃料の時にも記しましたが、必要隻数が4隻なので編成はキラ付け艦5隻で送るのが良いと思います。 他3資源に比べても稼げるペースが早くないので、ボーキ稼ぎは続けることが大事だと思います。 【まとめ】 やや簡易ではありますが、以上が4資源の急速的な回復手段でした。 当たり前ですが資源は任務や遠征をこなし使わなければ自然と増えていきます。 開発や建造といった過度に使わずに節約する、を心掛けるだけでも大分変わってきます。 また、資源回復中は出撃や掘り作業、建造も出来ないのでつまらないと感じる方も多いと思いますが他の作業やゲームと同時進行できるのがこの艦隊これくしょんというゲームのある種の強みでもありますのでゲームの特性だと思ってください。 また、2014夏イベントは敵戦力ゲージの回復仕様はありません。 イベント期間と言っても断続的に出撃しなければいけない訳ではないので1日や2日間ぐらい、まとめて資源回復をさせて時間が取れる日に一気に攻略する、という手法もありです。 早く攻略しなければいけない訳ではなく、最終的に勝てば良かろうなのです。 焦らず、最終日までに自分の目的を果たせる攻略方法をしていきましょう! 今回書いた備蓄方法が全てというわけではありません。 あくまでも一手段なので他にはこんな方法もあるよ!という方はコメント欄にでも書いていただけると私も喜びます。 長くなりましたがここまで読んでくださった方ありがとうございました! ご意見やご感想はコメント欄かTwitter Retyponまでいただければ可能な限り反応します。 それでは皆さま、また会う時まで良き提督ライフを!.

次の

艦これ攻略wiki

艦これ イベント 遠征

遠征の特徴 遠征は、正しい艦種編成でないと成功しないとか、 全艦キラ付きだと大成功して獲得資源が1. 東京急行のように全艦キラ付きでなくとも大成功する遠征用に二隻、 他三隻は常に三重キラ状態で運用しています。 あと、下にアブーン(阿武隈改二)が見えていますが、こちらは四隻です。 おにおこ以前に遠征隊および札対策で揃えました。 ここまでしなくとも備蓄は充分潤いますが、 効率を求めるのであれば自然とこうもなろうってものです。 それに掛かる資源等の消費をペイ出来るのかって話もありますが、 何度も激減した資源をカンストまで戻せているので 充分元は取っているのではないでしょうか。 短時間遠征 ほとんどが鎮守府海域に属する基本的なものですが、 基本故に高効率なものが揃っています。 長時間練習航海 短時間遠征の雄と言えば、何と言っても 長時間練習航海先生でしょう! 30分という短時間、キラなしですら圧倒的な時間あたりの弾薬獲得量、 鋼材もちょっとだけ稼げますし、 そして 半々でバケツ(高速修復材)をGET出来ると至れり尽くせりです。 艦種を問わない最低四隻編成で行えるのもGOODです。 潜水艦、特に燃費最高率のまるゆを組み込むのが良いのではないかと。 旗艦はちょっと育てたいセカンド潜水艦なんかを置いていますが、 特潜型だとちと燃費が掛かっちゃいますね。 キラ付けはしないですね、素のままで充分な効率です。 ……かつては、 キラキラ長距離という苦行を課していた時期もありました。 大発搭載可能艦があきつ丸くらいしかおらず、燃料浪費上等でやってましたねぇ。 防空射撃演習 長距離演習航海と同様、 艦種問わずの最低四隻編成で行えて これも 時間あたりのボーキ獲得量が遠征では最高効率です。 半々で、家具箱(小)も得られますね。 キラ付けすればもっとすごいわけですが、あっという間にキラが剥がれてしまいます。 六隻編成でないと大成功しない確率もあるので、 出来るだけ多くの艦で回すようにはしています。 キラ付けする余裕のない時は、大発駆逐隊で回しちゃいます。 これでも一回でボーキ97持って来てくれるので、結構な収入になります。 ……この子らを2-2海域に突っ込ませた方が圧倒的に稼げますけど、心が死にます。 対潜警戒任務 50分で、ちょっとの弾薬と 半々の確率でバケツを持って来てくれるという 長距離練習航海に似た感じの遠征ですが、今となっては微妙ですね。 これでも、かつてはバケツを求める提督に重宝されたこともあったのですが。 今は、もっと短時間、あるいは同じような時間で確実にバケツを得られる遠征がありますゆえ。 キラ付き遠征をやる意味は薄いので、やるならこんな感じになるでしょう。 海上護衛任務 燃料と弾薬を遠征では最高効率で、鋼材とボーキも少しは得られるという 万能遠征が 海上護衛任務です。 五隻編成で出すことも神楽はありますが。 とにかく 張り付き遠征ならばコレってくらいなので、重宝している提督も多いことでしょう。 東急系遠征の登場によって相対的に価値が減じた感もありますが、 今もって効率的な遠征であることは変わりません。 海峡警備行動 鎮守府海域に追加された遠征の一つです。 なお、艦載機装備の増加分は無効となります。 旗艦Lv20以上、合計Lv144以上の条件もあります。 キラ付き四隻以上で大成功する上、バケツが確実に得られる という特徴があります。 半々の確率で開発資材も得られる上、 資源も燃料・弾薬がそこそこ得られるというポテンシャルの高い遠征です。 時間もリーズナブルですしね。 資源を稼ぎつつバケツも増やしたい場合にはうってつけです。 神楽は、主に他の遠征でキラが剥がれてきた時にこの遠征にブチ込んで 随伴艦のキラが剥がれきるまで回します。 これメインで回すのは、よほどバケツに飢えている場合になりますね。 南西方面航空偵察作戦 短時間遠征では唯一、南西諸島海域からのエントリーです。 長距離練習航海とさほど変わらない時間で、 キラ付け大成功であれば確実にバケツが得られる という特性があります。 獲得資源は微々たるものなので、完全にバケツ特化の遠征になります。 すごい勢いでバケツが増えるのですが、当然ながらキラが剥がれるのも最速です。 三重キラ付け艦を大量に用意するなどの準備が必要になるでしょう。 条件が厳しいですが、圧倒的バケツ供給を求めるのであれば仕方ありません。 また、 その特性上キラ付け大成功が前提になりますが、 どちらにせよ六隻編成が条件なのでケチることも出来ませんね。 ブルネイ泊地沖哨戒 南西海域にマンスリー遠征と共に追加された新遠征のひとつで、 同海域の遠征では唯一の通常遠征となります。 所要時間や成功編成条件などは 鎮守府海域の海峡警備行動と酷似しており、 所要時間は一時間ジャスト 駆逐艦か海防艦による最低二隻、 計三隻以上が 編成条件となっています。 成功条件は艦隊全体での対潜値合計が210以上、 合計Lvが150以上とされています。 全艦キラ状態でなくても大成功(四隻以上)し、 その場合は確実にバケツを、半々の確率で開発資材が得られます。 燃料をデフォで100・ボーキを20得られるため、 イベント後などで燃料が足りないという場合にも回数を重ねることで補填してくれます。 明らかに有用な遠征であるため、積極的に回す候補とするのに何ら障害はありません。 中時間遠征 二時間以上の遠征が該当します。 それでいて、極端に長くはないものですね。 長時間対潜警戒 鎮守府海域に追加された遠征の一つで、わりと長めのものです。 旗艦Lv35、合計Lv185の条件があります。 キラ付き四隻以上で大成功し、燃料・弾薬・ボーキをそこそこ得られ、 バケツと開発資材を0~2個得られます。 神楽的には、資源がカンストしているような状態で 開発資材が欲しい時に回すことにしています。 バケツも、大成功であれば一~二個得られます。 時間の同じ、鼠輸送任務とセットで行かせることが多いでしょう。 長時間触れられない時や、就寝時に丁度いい遠征です。 六隻でなくても良いので、五隻で行かせることが多いですね。 成功だけど大成功ではない、事実上の失敗の目が若干ありますけど。 ボーキサイト輸送任務 ボーキサイトをそこそこ稼げる遠征です。 恒常的にボーキを稼ごうとすると、コレか防空くらいしかないのですよね。 かなりの長時間になるので、出来れば大成功させたいものです。 確実にバケツ一個がもらえますし。 これも、五隻で出す場合が多いです。 成功という名の失敗をしないためにも、出来れば六隻のが良いのでしょうけど。 鼠輸送作戦 燃料と弾薬を多く得られる遠征です。 そして、バケツも付いてきます。 タンカー輸送と同時に出すことが多いでしょう。 獲得資源の増加と、バケツ入手のためにもキラ付け大成功を推奨します。 六隻編成が成功条件なので、全艦キラ付きで大成功ですね。 北方鼠輸送作戦 北方海域に追加された優良遠征です。 旗艦Lv15以上、合計Lv30以上が必要ですが、まず問題はないでしょう。 キラ付き四隻以上で大成功になり、 燃料・弾薬を多く得られます。 東急に近い感じですが、鋼材を得られないのが特徴です。 良く見る備蓄画面で、鋼材だけが突出しているのに他が貯まっていないのがありますが、 いくら楽だからって東急二種ばかり回しているとそうなってしまいます。 そういう場合は、近い感覚で鋼材が増えず時間も短いこの遠征の出番というわけです。 あとは、海上護衛でも回すと良い感じではないでしょうか。 神楽は、遠征駆逐隊はいつ東急や北方鼠に行かされても良いように デフォでドラム缶を積んであります。 東急(弐)の場合は、ドラム缶を追加する必要がありますが。 その他は、1-1キラ付け用の砲と魚雷ですね。 ボーキサイト船団護衛 南西海域に追加された遠征です。 旗艦Lv50以上、合計240Lv以上が条件でもあります。 キラ付き四隻以上で大成功になり、 ボーキサイトを多く得られます。 また、 家具箱(中)を得られる可能性もあります。 多くの提督が待ち望んでいた東京急行遠征のボーキ版と言えるものであり、 鋼材こそ得られませんが実装されて即、優良遠征として認知される運びとなりました。 護衛空母旗艦に、後は駆逐艦で基本は良いでしょう。 大発搭載可能な駆逐艦か、あるいは自由枠に大発搭載可能軽巡(鬼怒改二など) を入れることで、コンスタントにボーキサイトを持って来てもらうことが可能です。 中時間の遠征時間を活かして、休憩時間に合わせて出すといった運用にも向いています。 東京急行 南方海域に追加された、全提督お役立ちの優秀な遠征の片割れです。 弾薬と鋼材を多くGET出来る上に、 キラ付き四隻以上で大成功となります。 旗艦Lv50以上、合計Lv200以上というハードルも存在します。 神楽は、旗艦の軽巡はキラなし、随伴艦をキラ付きで回しています。 東京急行(弐) 東急その弐です。 コチラは 燃料と鋼材を多く稼ぐことが出来ます。 鋼材の入りは、東急の方が上ですね。 やはり、 キラ付き四隻以上で大成功となります。 旗艦Lv65以上、合計Lv240以上という高いハードルがあります。 コチラも旗艦軽巡にキラなし、随伴艦をキラありで回しています。 ドラム缶が大量に必要なので、付け替えの手間があるのが面倒ではあります。 長時間遠征 5時間~10時間以上にもなる遠征です。 仕事中にスマホに触れられないor所持していないとか、 メンテナンス時など長時間操作が出来ない場合などに出番になるでしょう。 囮機動部隊支援作戦 半日が吹っ飛ぶ、長時間遠征の代表格です。 鋼材とボーキが多く増えるのですが、いかんせんこの所要時間は……。 頻繁に触れられない環境であれば、重宝することになるでしょう。 燃費やキラ付けの容易さから、もっぱら水上機母艦を用いています。 何より、 大発が乗るのが大きいです。 艦隊決戦援護作戦 実用レベルでは最長の遠征時間を誇り、得られる資源も莫大なやつです。 もったいないので、 確実に大成功させたいものです。 北方航路海上護衛 八時間強の時間が掛かる、ある種の提督には丁度いい遠征になります。 燃料とボーキが多く得られ、バケツや開発資材も貰えます。 旗艦Lv50以上、合計Lv200以上の条件もあります。 仕事が定時で上がれるようなら、始業前に出しておくと丁度いい塩梅です。 水上機基地建設 燃料・鋼材・ボーキを得られる長時間遠征です。 仕事時間に手を付けられない場合や、メンテの際などに役立つでしょう。 水上機母艦に大発を乗せると良い感じでしょう。 水上機前線輸送 長時間遠征の中ではやや短めですが、 燃料・弾薬・ボーキがバランス良く得られる遠征になっています。 成功条件は水上機基地建設とほぼ同じですが、 軽巡旗艦固定なのに注意です。 北号作戦やMO作戦が挙がることも多いのですが、 神楽的には航空戦艦や重巡を用意するのが億劫なので挙げませんでした。 遠征の組み合わせ 各遠征は、同じような所要時間のものと組み合わせて回すことで時間的ロスを抑えられます。 要するに、セット運用することで感覚的にも把握しやすくするわけですね。 あるいは、 海上護衛を東京急行(弐)に置き換えた場合、 海上護衛二回分のおよそ三時間が東急(弐)に置き換わることになります。 全資源をバランス良く得られる上にバケツも補充出来るセットになるでしょう。 短時間遠征・張り付きセット、その二 おおよそ一時間の枠組みで(多少、前後しますが)、 ひたすらバケツを持って来てもらうという遠征セットです。 キラの剥がれる速度もエラいことになりますが、 どうしてもバケツを増やしたい場合などには使えるのではないでしょうか。 短時間遠征・張り付きセット、その三 上記のその二をアレンジしたものです。 長距離練習航海の替わりにブルネイ泊地沖哨戒にしたもので、 同じくほぼ1時間枠の遠征セットではありますが、 大成功なら全てバケツを得られるものとなっています。 短時間遠征・張り付きセット、その四 上記その三を更にアレンジしたものです。 南西方面航空偵察を長距離練習航海に替えたもので、 キラ消費を抑え単位時間も綺麗にまとまるようにしてみました。 短時間遠征・張り付きセット、その五 最近とみに消費の激しい開発資材不足を補えるよう、 遠征で持って来てもらうことを主眼に置いた遠征セットです。 つまり、バケツと開発資材の両方をGET出来るというわけです。 もっとも、獲得資源に関しては燃料以外は微妙なので 資源やバケツがカンストするようであれば 海峡警備行動、ブルネイ泊地沖哨戒はキラキラ遠征にする必要はありません。 その場合でも、大成功になることはありますし。 やっていると意外なほどに開発資材が稼げるため、 2-4・6-3海域での開発資材拾いと組み合わせれば 一日に50個くらいの開発資材を増やすことも可能ではあります。 中時間遠征・休憩回し、その一 次に、就寝前に出したり、仕事の休憩時間に遠征を出し直す場合のセットです。 鋼材以外の資源が増える上に、 バケツもガンガン稼ぐことが出来ます。 東急二種ばかり回して鋼材が突出してしまっている場合などに、 資源バランスを調整する目的に用いることが出来るでしょう。 中時間遠征・休憩回し、その二 更に細分化したものです。 だいたいの職場では中休みが設けられているでしょうから、 そこに上手く合わせるように東急二種を出していく感じです。 休憩時間が忙しないことにもなりますが。 バケツはあまり稼げないながらも、全資源を満遍なく増やすことが出来るでしょう。 中時間遠征・休憩回し、その三 いっそ、同系統の遠征で纏めてしまうという手もあります。 ボーキ輸送に代えて、北方鼠輸送で東急二種と歩調を合わせるわけです。 ボーキは増えませんが、燃料・弾薬がさらに得られることになります。 長時間遠征・長時間放置 仕事中にスマホを弄れない、持ち込めないとか メンテ時に何も出来ない場合などに組み込む遠征です。 かなり大雑把ですが、こんなんでも資源カンストに持っていた実績はあります。 スマホ版を利用するようになってからは、メンテ時くらいしかやらなくなりましたけど。 資源備蓄のコツ 神楽個人の私見でもあり、手慣れた提督であれば共通認識ではあると思うのですが 得られた分以上に消費しなければ自動的に貯まっていくという 当たり前の事柄に尽きますね。 とはいえ、字面だけで言われてもピンとこない場合もあるかと存じます。 要は、 収支と支出を数字として明確に算出すれば一目瞭然ではあるのです。 一度、面倒でも一日の補給にかかった消費資源と 遠征や任務で得られる獲得資源を計算して出してみると 大まかな傾向が掴めると思います。 例えば、 デイリー任務を全てこなすと 燃料・1740、弾薬・1420、鋼材・1920、ボーキ・1150にバケツ・10個、開発資材・15個 になるのです。 これに、遠征スケジュールから獲得資源は割り出せるので足してやれば 一日の収入は弾き出されます。 例えば、上記の中時間以上の遠征セットのような 日中ほとんど放置状態での遠征収入を挙げると、 の場合では、 燃料・2124、弾薬・1080、ボーキ・900になります(キラキラ遠征1. 5倍・大発補正1. 2倍込み)。 の場合では、 燃料・3024、弾薬・2736、鋼材・3384、ボーキ・900になります(キラキラ遠征1. 5倍・大発補正1. 2倍込み)。 補給での消費は省略しています。 帰宅してからも単純に同じのをやれると考えると、 これにデイリー任務報酬分がプラスされますので、 一日で結構な収入になるのだとわかるでしょう。 その収入の範囲内で、赤字にならないような出撃計画を立てれば おのずと備蓄は増えていくという寸法ですね。 その感覚が身につけば、アレコレ計算せずとも感覚で収支が把握出来るようになるかと。 日によって多少前後はしますが、安定して増やせるノウハウが身に付いています。 このへんは、提督個人のスタイルや生活環境の影響がモロに出ますので、 コレ! っていう正解を導き出すことは出来ないと言いますか、 それを確立するのはどうしても個人の裁量に委ねざるを得ないと言いますか。 どうしても、収入以上に消費しなければ良いんだよとか、 足りない資源を補う遠征計画を立ててバランスの良い備蓄状態にするとか、 当たり障りのない通り一辺倒のことしか言えないわけです。 艦これは備蓄が重要な兵站ゲーの側面が強いため、 一朝一夕で問題を解決出来るようなシステムではないですからね。 ……課金って手もありますけど、極力やらないに越したことはないですし。 普通にプレイしていれば、まず必要ではないですしね。 極論、自然回復である程度までは何もせずとも貯まるわけですから。 結局のところ、 自分に合ったスタイルを確立することが肝要かと思います。 身も蓋もないですが、コツは自分で掴むしかないってことになるかと。 指針は示せても、実際やるのは当人次第になっちゃいますものねぇ。 とはいえ、攻略法を含めほとんどの必要な情報はネットに存在していて 簡単に調べられますし、誰かしらに訊けばアドバイスも得られるでしょう。

次の