おにぎり の 具 ランキング。 「好きなおにぎりの具」ランキング!1位はあの“絶対王者”

「好きなおにぎりの具」をランキングで紹介!人気の「お弁当おかず」も大調査|引越し見積もりサイト【引越し侍】

おにぎり の 具 ランキング

かつては便利な携行食であり、お弁当の定番であり、お母さんの味の代表格であった"おにぎり"。 今ではコンビニでいつでも簡単に買うことのできる、お手軽な軽食としても広く親しまれている。 そのコンビニの店頭には常時30種類程度のおにぎりを揃えているというが、さて、それではみなさんが「最も好きなおにぎりの具」は、いったい何だろう。 今回はマイナビニュースの男女会員510名にアンケートを実施、人気のトップ10を発表しよう。 あなたが最も好きなおにぎりの具は? あなたが最も好きなおにぎりの具は? 1位「ツナ、ツナマヨネーズ」 16. マヨネーズ、ツナ単体ではかなり物足りなく、混ぜることで美味しさが二倍、三倍となるので好きです。 でも、ほかの具も好きな具が沢山あります! 以下、僅差での2位が「しゃけ」 15. 以下10位までに、6位「かつお」 5. 「天むす」と「海老マヨネーズ」はやや豪華な印象だが、それ以外は馴染みのある、昔ながらの定番と言っていいメニューだ。 これは、コンビニのおにぎりコーナーの棚の顔ぶれとおおよそ一致した結果であると言えるだろう。 次にそのアイテムを選んだ理由を聞いたところ、「美味しい」「好み」「ご飯に合う」などと同時に、上位のものにはいずれも「定番」「昔ながら」「安心の味」「懐かしい」などのフレーズが多く見られた。 やはり、日本人にとっておにぎりはどこか懐かしい、郷愁を誘う食べ物なのかもしれない。 今回、「ツナ、ツナマヨネーズ」を選択した理由の中に「食べ慣れている」「昔から好き」などと並んで、「初めてコンビニで買って食べた時は衝撃だった」「おにぎりの具以外だと意外と食べる機会がない」「家庭ではあの味が出せない」などのコメントが見られるのは、「ツナマヨ」に出会ったタイミングによっても受け取りが異なっているという証明でもある。 「ツナ、ツナマヨネーズ」は、それまで家庭のものだったおにぎりが街なかへと歩み出した、記念すべき商品と言えそうだ。 おにぎりは、コンビニ各社にとっては売上げの大きな部分を占める戦略的な商品であり、味や品質の向上に余念なく、新商品の開発に日々しのぎを削っている。 毎月のように登場するニューアイテムは健康志向やビッグサイズなど、その時々のトレンドを意識したものも多い。 一方でおにぎりは、それを握ってくれた人の愛情や温もりを直に感じられる、とても"個人的な体験"を育んでくれる食べ物でもある。 今回のアンケートでは、お母さんが遠足や試験の日に持たせてくれた思い出などを語るコメントも見受けられ、日本人にとっておにぎりがいまだ"特別な存在感"を持つ食べ物であることを、図らずも実感させられる内容となった。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

おにぎりのカロリー・糖質を低い順にランキング!ダイエットにおすすめの種類も │ Healmethy Press

おにぎり の 具 ランキング

コンビニエンスストアでは数多くのおにぎり・おむすびが販売されていますね。 その種類はとても多く、地域限定の具もあるそうです。 私たち日本人にとってお米を使ったおにぎり・おむすびはとても馴染み深いものですが、おにぎりとおむすびの違いとはなんでしょう? 人気の具ランキングについても調べてみましょう。 おにぎりとおむすびの違いとは? おにぎりとおむすびの違いについては諸説あります。 おむすびは「産霊(むすび)の神」(万物の産みの神)に由来し、神様にあやかろうと作ったもので、山の形をした三角形です。 日本人は山を神格化していたことからきています。 この説が最も有力と考えられています。 東日本では「おむすび」、西日本では「おにぎり」と呼ぶことが多いようですが、日本の大部分で「おにぎり」と呼び、関東~東海地方で「おむすび」と呼ぶ・・・とも言われています。 また、千葉県の一部地域では大きいものを「おむすび」、小さいものを「おにぎり」と呼ぶそうです。 ゆるく握ると「おにぎり」、固くにぎると「おむすび」という説もあります。 「おにぎりの日」と「おむすびの日」 おにぎりとおむすびにはそれぞれ記念日があります。 「おにぎりの日」は6月18日 「おむすびの日」は1月17日 どうして2つあるのかというと、それぞれ制定された理由が違うからです。 「おにぎりの日」の6月18日は、 世界最古のおにぎりの化石が出た石川県旧鹿西 ろくせい 町の町名から「6」と毎月18日に制定されている「米食の日」とを組み合わせてこの日が選ばれたのだそうです。 「おむすび日」の1月17日は、阪神大震災があった日と同じ日です。 制定された理由も 阪神大震災に由来しており、当時、被災者の方が食べるものに困っていた中、全国各地から支援が届きました。 そしてボランティアの方達による炊き出しが行われたのですが、その時すぐに食べられる「おむすび」が配られたのだそうです。 その 「炊き出しへの感謝」と 「震災を忘れないように」とおむすびの日はこの日に制定されのだそうです。 人気の具ランキング! おにぎり・おむすびの具にはいろいろなものがありますが、人気の具ランキングはどうなっているのでしょう? 1位 鮭 2位 ツナマヨネーズ 3位 明太子 4位 昆布 5位 梅干し 地域・年齢・性別等によってある程度の上下はあると思いますがおおよそ以上のようになっているようです。 コンビニエンスストアでは数えきれないほどの種類が売られていますが、上位に入るのはやはり、定番といえる具のようです。 自宅で簡単に作ることができるのも、人気の理由かもしれません。 2位のツナマヨネーズは、コンビニエンスストアのセブンイレブンが発祥の具といわれています。 ご飯にマヨネーズをかけて食べている人を見て開発したそうで、昭和58年(1983年)に販売を開始し、今では定番の具になっていますね。 セブンイレブンが販売を開始する前から、ご飯+マヨネーズ+ツナという組み合わせを楽しんでいた人は多くいるようですが、商品として開発販売したのはセブンイレブンが発祥ということです。 昔ながらの昆布や梅干しも人気ランキング上位に入りますね。 子どものころにお母さんやおばあちゃんが作ってくれた思い出があるという人も多いですよね。 おにぎりとおむすびの明確な違いはないようですね。 自分が呼びやすい呼び方で、おいしく食べることができればそれでいいのかもしれません。 おにぎり・おむすびのことを調べていると、地域限定のものがたくさんあることを知りました。 たとえば、富山県では海苔ではなくとろろ昆布を巻いていたり、東北地方では焼きおにぎりに味噌をつけたり、福岡県ではかしわ(鶏のこと)おにぎりが人気だったり、西日本の多くの地域では味付け海苔が定番だったり・・・ 観光で訪れた際には、その土地ならではのおにぎり・おむすびを楽しむのもいいかもしれませんね。

次の

好きな「おにぎりの具」ランキング

おにぎり の 具 ランキング

コンビニエンスストアでは数多くのおにぎり・おむすびが販売されていますね。 その種類はとても多く、地域限定の具もあるそうです。 私たち日本人にとってお米を使ったおにぎり・おむすびはとても馴染み深いものですが、おにぎりとおむすびの違いとはなんでしょう? 人気の具ランキングについても調べてみましょう。 おにぎりとおむすびの違いとは? おにぎりとおむすびの違いについては諸説あります。 おむすびは「産霊(むすび)の神」(万物の産みの神)に由来し、神様にあやかろうと作ったもので、山の形をした三角形です。 日本人は山を神格化していたことからきています。 この説が最も有力と考えられています。 東日本では「おむすび」、西日本では「おにぎり」と呼ぶことが多いようですが、日本の大部分で「おにぎり」と呼び、関東~東海地方で「おむすび」と呼ぶ・・・とも言われています。 また、千葉県の一部地域では大きいものを「おむすび」、小さいものを「おにぎり」と呼ぶそうです。 ゆるく握ると「おにぎり」、固くにぎると「おむすび」という説もあります。 「おにぎりの日」と「おむすびの日」 おにぎりとおむすびにはそれぞれ記念日があります。 「おにぎりの日」は6月18日 「おむすびの日」は1月17日 どうして2つあるのかというと、それぞれ制定された理由が違うからです。 「おにぎりの日」の6月18日は、 世界最古のおにぎりの化石が出た石川県旧鹿西 ろくせい 町の町名から「6」と毎月18日に制定されている「米食の日」とを組み合わせてこの日が選ばれたのだそうです。 「おむすび日」の1月17日は、阪神大震災があった日と同じ日です。 制定された理由も 阪神大震災に由来しており、当時、被災者の方が食べるものに困っていた中、全国各地から支援が届きました。 そしてボランティアの方達による炊き出しが行われたのですが、その時すぐに食べられる「おむすび」が配られたのだそうです。 その 「炊き出しへの感謝」と 「震災を忘れないように」とおむすびの日はこの日に制定されのだそうです。 人気の具ランキング! おにぎり・おむすびの具にはいろいろなものがありますが、人気の具ランキングはどうなっているのでしょう? 1位 鮭 2位 ツナマヨネーズ 3位 明太子 4位 昆布 5位 梅干し 地域・年齢・性別等によってある程度の上下はあると思いますがおおよそ以上のようになっているようです。 コンビニエンスストアでは数えきれないほどの種類が売られていますが、上位に入るのはやはり、定番といえる具のようです。 自宅で簡単に作ることができるのも、人気の理由かもしれません。 2位のツナマヨネーズは、コンビニエンスストアのセブンイレブンが発祥の具といわれています。 ご飯にマヨネーズをかけて食べている人を見て開発したそうで、昭和58年(1983年)に販売を開始し、今では定番の具になっていますね。 セブンイレブンが販売を開始する前から、ご飯+マヨネーズ+ツナという組み合わせを楽しんでいた人は多くいるようですが、商品として開発販売したのはセブンイレブンが発祥ということです。 昔ながらの昆布や梅干しも人気ランキング上位に入りますね。 子どものころにお母さんやおばあちゃんが作ってくれた思い出があるという人も多いですよね。 おにぎりとおむすびの明確な違いはないようですね。 自分が呼びやすい呼び方で、おいしく食べることができればそれでいいのかもしれません。 おにぎり・おむすびのことを調べていると、地域限定のものがたくさんあることを知りました。 たとえば、富山県では海苔ではなくとろろ昆布を巻いていたり、東北地方では焼きおにぎりに味噌をつけたり、福岡県ではかしわ(鶏のこと)おにぎりが人気だったり、西日本の多くの地域では味付け海苔が定番だったり・・・ 観光で訪れた際には、その土地ならではのおにぎり・おむすびを楽しむのもいいかもしれませんね。

次の