ポスト クロッシング。 Postcards connecting the world

ポストクロッシングとは

ポスト クロッシング

下に移動していくと「Preferences」というのが出てきて、その一番上のチェックボックスです。 ここにチェックを入れると「Travelingリスト内の国の偏りOK」、チェックを外すと「バラつき希望」となります。 Traveling上限枚数が多いメンバーは、「バラつき希望」にしていても同じ国の住所を複数枚もらう確率が上がっていきますが、これは国によって会員数や活動量が全然違うので、仕方のないことですね。 今はドイツが超活発です。 国の合計sent枚数がダントツNO. 1で、これはドイツの郵便事情の良さがだいぶ影響していると踏んでいます。 猛烈スピードダッシュ!! そんなグングン進んでいくドイツを見て、どのくらいの勢いがあるのか知りたくなったpiyonneは、「偏りOK」にチェックを入れた状態で10枚分のポストカードIDをゲットしてみる事にしました。 ジャーマニー、勢いありまくりじゃないか!! ゚v ゚ 全部ドイツになりましたよ。 驚きですね。 それだけドイツメンバーへのポストカードが間に合ってないってことなのでしょうか。 これを受けて、少しでもポスクロバランスに貢献できればと思い、今はチェック入れっぱなしでポストカードIDゲットしています。 大体10枚中9枚がドイツですね。 …という、最近の遊びです。 この設定は 今のところ いつでも何度でも制限なしで変更可能です。 そしてこれは「送る」時の設定で、「受け取る」カードに影響しません。

次の

ポストクロッシング 日本郵便がやり方指南

ポスト クロッシング

海外の住所宛に絵葉書を作ってみる。 先日書いた記事の通り、ウクライナへの絵葉書を含み スペインやドイツにも送付先が増えました。 'A' 早速、PAKUTASO無料写真素材から拝借してきた写真をポストカードにします。 へ行った時に作った手掘り判子の出番登場! (つたない英語ですみません) この絵葉書がPostcrossingだよー。 という旨を記載するといいとの事で記載。 あとは、送り主さんへのメッセージを書き込みしていきます。 'A' 伝わればいいのですよ。 伝わればね・・・ んでここで重要なのが3つほどあります! 1. AIRMAILと赤いペンで記入する事(この絵葉書が海外郵便であるとわかるように) 2. Postcard IDを絶対に記載すること。 (この絵葉書が相手側に届いたら、届けられた人はそのID番号を入力することによって届けられたという通知が送られるから) 3. 自分の住所・名前は特に記載しなくてもいい(記載して今後の文通相手になったりとか、住所が間違っていた場合返送されてくる際に必要であったりする時以外、自分の住所を記載したくない場合は特に記載しなくてもいいてもOK) 日本郵政のサイトには ハガキの淵を赤と青でマーキングしてね。 っというのも書いてあったんですが、送られてきた絵葉書には特にそういったマーキングがされていなかったのでしなくても届くかもです。 郵便番号の所を赤と青で塗りつぶしてはみました。 w 送り先の住所を書き込みして、 70円の切手を貼って投函すればOKです。 'A' ちなみにサイト上では、誰にどのような写真を送ったかというのを管理することができ どんな写真を送ったっけ?って事にならないよう送付する前に登録しておくといいかもね。 ちなみに、送られたらこの写真は一般公開されるみたいです。 写真コンテストにも応募できるそうなので、PAKUTASOの写真素材使って参加する際は規約に注意してね。 'A' ちなみにドイツへ送ったポストカードの詳細(誰でも閲覧できます)自分のお気に入りに追加することもできるみたいです。 Postcrossing で絵葉書を送ったら届くのを待ってよう! 国内で絵葉書を郵送するという訳ではなく、遠い異国の地へ配送されるわけだから1週間から2週間近く待っているとメールが届きます。 こんな題名で Postcrossing が届いたよ!っという通知がされます。 Hurry! と書かれ、ID番号が表記されていた絵葉書が無事に9126km離れたドイツへ届いたみたいです。 'A' これは嬉しいね。 んで、この通知が来ると無事に1通送ったという実績が追加されます。 以前の表示ステータスが Traveling だったのが、 きちんと相手方に届かれると、Registered に変わった事がわかりますね。 'A' 今回4通程海外に郵送したので、 実績として登録され自分あてに誰かから絵葉書が届くようになります。 突然届く海外からの絵葉書もドキドキです。 今度は送られる側になるわけですが、いきなり海外郵便で絵葉書が届きますよ。 今回届いてきたのが、こちらの2枚。 こちらは台湾の方からの絵葉書だね。 全然切手の柄とか気にしてないで郵送しちゃったけども、このあたりこだわるともっと素敵な絵葉書になりそうだね。 こちらはドイツの 16歳の女の子からの絵葉書でした。 'A' 英語が堪能な自分にも素晴らしく読みやすい英語のメッセージが。 何だか初めてやったFPSゲームの外国人に『OH!SUSI!GOOD TASTE!』っとチャットを打たれた記憶がよみがえるわけでございます。 'A' もちろん、絵葉書が届いたら自分も相手のID番号をPostcrossing 上にて入力しないといけません。 サイドメニューのRegister a postcard の項目を選択し記載されているID番号とコメントを記入します。 これで、相手方につうちされるわけでございます。 'A' ノ 簡単だね。 Postcrossing を利用して感想やらまとめ 久々にペンを持ってハガキを書いてみたわけですが、本当にこの内容で届くのかしら?そして、いつ知らない人から絵葉書が届くのかしらっというわくわく感がなんとも言えないですね。 もっと英語が堪能であれば、ここから発展するコミニュケーション(SKYPEとかね)ができるような気もしますが、まずは枚数を重ねて海外の絵葉書をコレクションするのもいいかもと思いました。 っというわけで、ぜひぜひ 思い出づくりに PostCrossing を利用してみてはいかがでしょうか。 の中で気に入った日本の写真を送ってあげてくださいな。 'A' おしまい 2010年11月頃から本格的に活動を始めWeb制作関連から飲食レビュー、マーケティング、気になる情報(ニュース)まで幅広い分野に手を出し記事を書いています。 誤字脱字の指摘はもちろん、ご意見ご感想などもお待ちしております。 こんな企画をして欲しいとかネタのタレコミなども大好物です。 当サイトは全てのページでリンクフリーです。 【susi-paku 楽しければいいのです】 【運営しているサイト】 ・ ・ ・ 記事の 全文転載を許可しておりません。 引用の場合、掲載許可の必要はありませんが、必ず引用元のリンクを貼ってください。 (テキスト・画像・ソース全てに該当します) 記事の寄稿等のお問い合わせは下記まで お問い合わせフォームは、 メールは、 susipaku gmail. com.

次の

▼Postcrossing(その他)

ポスト クロッシング

下に移動していくと「Preferences」というのが出てきて、その一番上のチェックボックスです。 ここにチェックを入れると「Travelingリスト内の国の偏りOK」、チェックを外すと「バラつき希望」となります。 Traveling上限枚数が多いメンバーは、「バラつき希望」にしていても同じ国の住所を複数枚もらう確率が上がっていきますが、これは国によって会員数や活動量が全然違うので、仕方のないことですね。 今はドイツが超活発です。 国の合計sent枚数がダントツNO. 1で、これはドイツの郵便事情の良さがだいぶ影響していると踏んでいます。 猛烈スピードダッシュ!! そんなグングン進んでいくドイツを見て、どのくらいの勢いがあるのか知りたくなったpiyonneは、「偏りOK」にチェックを入れた状態で10枚分のポストカードIDをゲットしてみる事にしました。 ジャーマニー、勢いありまくりじゃないか!! ゚v ゚ 全部ドイツになりましたよ。 驚きですね。 それだけドイツメンバーへのポストカードが間に合ってないってことなのでしょうか。 これを受けて、少しでもポスクロバランスに貢献できればと思い、今はチェック入れっぱなしでポストカードIDゲットしています。 大体10枚中9枚がドイツですね。 …という、最近の遊びです。 この設定は 今のところ いつでも何度でも制限なしで変更可能です。 そしてこれは「送る」時の設定で、「受け取る」カードに影響しません。

次の