ベトナム コロナ 入国。 【4月23日更新】新型コロナで日本人はベトナムに入国できない!? 旅行キャンセルしたくない方へ【現地の最新情報を更新中】

【コロナ:世界の動きまとめ】日本政府、入国規制緩和40カ国以上と協議を進める。PCR検査導入でビジネス渡航再開へ

ベトナム コロナ 入国

事実上ベトナムへの入国が極めて困難となると考えられることから、ベトナムへの渡航を予定している方は取りやめを検討するなど十分にご注意ください。 参照:ベトナム -外務省 海外安全ホームページ 【2020年3月9日更新情報】ベトナム入国時のチェック2つ ベトナム保健省は、2020年3月7日(土)より、ベトナムに入国する全ての人に対して健康状況の申告を義務付けることを決定しました。 勧告に従わず入国を希望する場合は、医療機関での14日間の隔離を強いる、とされています。 ホーチミンのタンソンニャット空港の3月8日(日)の様子をお伝えいたします。 オンライン窓口:オンライン申請と紙の申請の受付• 用紙での窓口:用紙での申請のみ受付 紙またはオンラインでも医療申告済みの方は「医療申告書提出済み時に渡される書面」に署名をし、イミグレーションを通過します。 【3月13日(金)更新情報】ホイアン旧市街中心エリアに入国規制 通常ホイアン旧市街を観光する場合には入場券が必要ですが、3月13日(金)現在 入場券の販売が中止されており、旧市街中心部の観光地へ入場できません。 3月12日(木)~3月31日(火)まで閉鎖される予定です。 一部レストランは営業継続予定となっています。 【3月15日(日)更新情報】 3月15日12時(正午)以降、イギリス又はヨーロッパのシェンゲン領域の各国から来た又は過去14日以内にそれらの国を通過したことのある外国人のベトナム入国を一時停止しています。 参照:ベトナム -外務省 海外安全ホームページ 【3月18日(水)更新情報】 ベトナムに入国する者に対する査証発給停止の発表がありました。 事実上、ベトナムへの入国が極めて困難となると考えられることから、ベトナムへの渡航を予定している方は取りやめを検討するなど十分にご注意ください。 参照:ベトナム -外務省 海外安全ホームページ• 3月18日午前0時から30日間,ベトナムに入国する者に対する査証発給を停止する。 3月18日午前0時から,査証免除の者,ベトナム系の人や親族訪問者に対する査証免除書の保有者,その他特別な場合(たとえば,専門家,企業管理者,高技能労働者)については、在住国の権限ある機関が発行する新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書を持ち,かつ,この証明書についてベトナムによる承認を得なければ,ベトナムに入国できない。 ベトナム外務省によれば既に発給されている査証(シングル・マルチを問わず)は引き続き有効であるが、当該査証を利用して入国する際は、在住国の権限ある機関が発行する新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書を持ち、かつこの証明書についてベトナムによる承認を得なければ、ベトナムに入国できない。 【3月22日(日)更新情報】 ベトナム政府は、3月22日(日)からすべての外国人の入国を停止すると発表をしました。 この発表を受け、ベトナム航空は3月25日までに全ての国際線の運航を停止することを発表しています。 【4月23日(木)更新情報】 ベトナムでの感染者は268名に留まり、4月17日以降新たな感染者が確認されていません。 ベトナム政府は4月23日から、一部地域を除き外出禁止などの規制を緩和すると発表しました。 小規模な食堂などは営業を再開しています。 ベトナムへの外国人の入国制限は継続となっています。 emb-japan. html 【2020年2月28日更新情報】 ベトナムの空港の様子 従業員を含め、ほとんどの人がマスクを付けており少し異様な空気を感じます。 暑いということもあって、空港を出ると、マスクを外してしまう人も多いです。 数日前に韓国人が隔離されたというニュースもあったためか、すこし敏感になっている感じもします。 ベトナムの街の様子 普段から、バイクに乗るときはマスクを付けていたりするため、あまりいつもと変わらないように感じます。 観光客もみられますが、通常より少なく感じます。 観光地や飲食店の様子 特にこれといって変わった様子はありません。 観光客はいつもより少なく一部休業の形をとるスパやレストランもありますが、弊社手配のレストランなどでは問題ございません。 通常期であれば多くの観光客でにぎわう人気観光スポットを、人が少ない状況でゆっくりと楽しむことができるというメリットもあると言えます。 またハノイ、ホーチミン、ダナンでは一部ゴルフ場が日本人の入場を制限しています。 詳しくは、アジア専門ダイヤルまでお問い合わせください。 ホテルの状況や対応 スタッフ全員マスクを付けているホテルも見受けられます。 一部、問診票のようなものを記載しなくてはならないホテルもあります。 この場合、名前やパスポート番号、体調などを記入して提出する必要があります。 今までこれでチェックインできなかったという報告はございません。 「コロナ!」と呼ばれてしまうような日本人に対する差別は? 正直、うわさ程度にしか聞いたことがありません。 ベトナムでの現状は、日本人を含むアジア人差別するような状況の報告はございません。 マスク不足 ベトナムの主要都市(ハノイ・ホーチミン・ダナン・ニャチャンなど)は、上記の状況となっています。 マスク不足が特に目立ちます。 コロナウイルスの影響と現状【YouTube動画】 2020年3月、世界で勢いを持って広がりを続けているコロナウイルス感染。 結局ベトナムには入国できるの!? 2020年3月17日(火)までは入国可能でしたが、 3月22日0時よりベトナム政府ビザ免除書保持書も含め、全外国人の入国が停止されています。 停止処置がいつまで続くかは現時点では明確に記載がないため、当該処置がいつまで続くのかは不透明です。 4月23日より一部地域の食堂などで営業が再開となりましたが、外国人の入国制限は継続することとなっています。 外務省から日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限について発表されています。 外務省が把握している、日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限措置については下記ページにて最新情報をご確認ください。 引用:外務省ホームページより 当社ではアジア専門スタッフがお客様の旅行をサポートします! 今予約すると格安に!? 夏のベトナムを楽しもう 正直、現段階(2020年4月23日)ではこれから一体どうなるのかわからない状況。 コロナウイルス問題が無事に終息してから安心して旅行に行きたいですよね。 先々に、ベトナム旅行をお考えの方まずは旅行会社へご相談ください。 トラベル・スタンダード・ジャパンでは、旅行日程、行き先、フライト含めすべて調整可能。 アジア地域専門のスタッフがお客様に安心して旅行していただけるようにサポート致します。 お気軽にご相談ください。

次の

タイ・ベトナムなどからビジネス目的の入国緩和へ

ベトナム コロナ 入国

ベトナムへの渡航や滞在に当たっては、十分にご注意ください。 1)2020年3月16日から、ベトナム政府は以下のことを要求する。 (i)ベトナム国民及びベトナムにいる外国人は、人が集まる公共スペース(例えば、スーパー、空港、駅、バス停、公共交通機関)において、必ずマスクを着用する。 (ii)ベトナムを発着するフライトに搭乗する旅客(ベトナムに入国する外国人を含む。 )は、フライト中及び空港において、常に必ずマスクを着用する。 (2)新型コロナウイルス感染症が発生している地域から来る、又は同地域を通過する者は、逐次更新される航空会社の情報を常に確認し、搭乗に当たり必要となる全ての書類を準備すること。 日本からの出発が出来ません。 日本からの出発が出来ません。 日本からの出発が出来ません。 日本からの出発が出来ません。 [ベトナム政府のサイト。 英語、ベトナム語、中国語、韓国語等に対応] [ベトナム航空 日本語参考訳] 既にお申込み済みのお客様で該当する場合は、 早急にベトナム王担当者までご連絡を頂きますようお願い致します。 入国条件は予告なく変更される場合がございますので、 大使館・領事館および外務省海外安全ホームページ(感染症危険情報)などで、 随時ご確認を頂きますようお願い致します。 ベトナム王.

次の

【6月8日更新】【重要】ベトナム入国・乗継制限に関して|ベトナム王|ベトナムツアー・旅行の専門店 ベトナム王

ベトナム コロナ 入国

事実上ベトナムへの入国が極めて困難となると考えられることから、ベトナムへの渡航を予定している方は取りやめを検討するなど十分にご注意ください。 参照:ベトナム -外務省 海外安全ホームページ 【2020年3月9日更新情報】ベトナム入国時のチェック2つ ベトナム保健省は、2020年3月7日(土)より、ベトナムに入国する全ての人に対して健康状況の申告を義務付けることを決定しました。 勧告に従わず入国を希望する場合は、医療機関での14日間の隔離を強いる、とされています。 ホーチミンのタンソンニャット空港の3月8日(日)の様子をお伝えいたします。 オンライン窓口:オンライン申請と紙の申請の受付• 用紙での窓口:用紙での申請のみ受付 紙またはオンラインでも医療申告済みの方は「医療申告書提出済み時に渡される書面」に署名をし、イミグレーションを通過します。 【3月13日(金)更新情報】ホイアン旧市街中心エリアに入国規制 通常ホイアン旧市街を観光する場合には入場券が必要ですが、3月13日(金)現在 入場券の販売が中止されており、旧市街中心部の観光地へ入場できません。 3月12日(木)~3月31日(火)まで閉鎖される予定です。 一部レストランは営業継続予定となっています。 【3月15日(日)更新情報】 3月15日12時(正午)以降、イギリス又はヨーロッパのシェンゲン領域の各国から来た又は過去14日以内にそれらの国を通過したことのある外国人のベトナム入国を一時停止しています。 参照:ベトナム -外務省 海外安全ホームページ 【3月18日(水)更新情報】 ベトナムに入国する者に対する査証発給停止の発表がありました。 事実上、ベトナムへの入国が極めて困難となると考えられることから、ベトナムへの渡航を予定している方は取りやめを検討するなど十分にご注意ください。 参照:ベトナム -外務省 海外安全ホームページ• 3月18日午前0時から30日間,ベトナムに入国する者に対する査証発給を停止する。 3月18日午前0時から,査証免除の者,ベトナム系の人や親族訪問者に対する査証免除書の保有者,その他特別な場合(たとえば,専門家,企業管理者,高技能労働者)については、在住国の権限ある機関が発行する新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書を持ち,かつ,この証明書についてベトナムによる承認を得なければ,ベトナムに入国できない。 ベトナム外務省によれば既に発給されている査証(シングル・マルチを問わず)は引き続き有効であるが、当該査証を利用して入国する際は、在住国の権限ある機関が発行する新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書を持ち、かつこの証明書についてベトナムによる承認を得なければ、ベトナムに入国できない。 【3月22日(日)更新情報】 ベトナム政府は、3月22日(日)からすべての外国人の入国を停止すると発表をしました。 この発表を受け、ベトナム航空は3月25日までに全ての国際線の運航を停止することを発表しています。 【4月23日(木)更新情報】 ベトナムでの感染者は268名に留まり、4月17日以降新たな感染者が確認されていません。 ベトナム政府は4月23日から、一部地域を除き外出禁止などの規制を緩和すると発表しました。 小規模な食堂などは営業を再開しています。 ベトナムへの外国人の入国制限は継続となっています。 emb-japan. html 【2020年2月28日更新情報】 ベトナムの空港の様子 従業員を含め、ほとんどの人がマスクを付けており少し異様な空気を感じます。 暑いということもあって、空港を出ると、マスクを外してしまう人も多いです。 数日前に韓国人が隔離されたというニュースもあったためか、すこし敏感になっている感じもします。 ベトナムの街の様子 普段から、バイクに乗るときはマスクを付けていたりするため、あまりいつもと変わらないように感じます。 観光客もみられますが、通常より少なく感じます。 観光地や飲食店の様子 特にこれといって変わった様子はありません。 観光客はいつもより少なく一部休業の形をとるスパやレストランもありますが、弊社手配のレストランなどでは問題ございません。 通常期であれば多くの観光客でにぎわう人気観光スポットを、人が少ない状況でゆっくりと楽しむことができるというメリットもあると言えます。 またハノイ、ホーチミン、ダナンでは一部ゴルフ場が日本人の入場を制限しています。 詳しくは、アジア専門ダイヤルまでお問い合わせください。 ホテルの状況や対応 スタッフ全員マスクを付けているホテルも見受けられます。 一部、問診票のようなものを記載しなくてはならないホテルもあります。 この場合、名前やパスポート番号、体調などを記入して提出する必要があります。 今までこれでチェックインできなかったという報告はございません。 「コロナ!」と呼ばれてしまうような日本人に対する差別は? 正直、うわさ程度にしか聞いたことがありません。 ベトナムでの現状は、日本人を含むアジア人差別するような状況の報告はございません。 マスク不足 ベトナムの主要都市(ハノイ・ホーチミン・ダナン・ニャチャンなど)は、上記の状況となっています。 マスク不足が特に目立ちます。 コロナウイルスの影響と現状【YouTube動画】 2020年3月、世界で勢いを持って広がりを続けているコロナウイルス感染。 結局ベトナムには入国できるの!? 2020年3月17日(火)までは入国可能でしたが、 3月22日0時よりベトナム政府ビザ免除書保持書も含め、全外国人の入国が停止されています。 停止処置がいつまで続くかは現時点では明確に記載がないため、当該処置がいつまで続くのかは不透明です。 4月23日より一部地域の食堂などで営業が再開となりましたが、外国人の入国制限は継続することとなっています。 外務省から日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限について発表されています。 外務省が把握している、日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限措置については下記ページにて最新情報をご確認ください。 引用:外務省ホームページより 当社ではアジア専門スタッフがお客様の旅行をサポートします! 今予約すると格安に!? 夏のベトナムを楽しもう 正直、現段階(2020年4月23日)ではこれから一体どうなるのかわからない状況。 コロナウイルス問題が無事に終息してから安心して旅行に行きたいですよね。 先々に、ベトナム旅行をお考えの方まずは旅行会社へご相談ください。 トラベル・スタンダード・ジャパンでは、旅行日程、行き先、フライト含めすべて調整可能。 アジア地域専門のスタッフがお客様に安心して旅行していただけるようにサポート致します。 お気軽にご相談ください。

次の