わから せ おじさん。 風船おじさん(鈴木嘉和)の今!ファンタジー号事件の真相・その後は

加齢臭が気になる男性の味方!甘い香りのデオコを使った体験談|いい匂いおじさん

わから せ おじさん

働かないおじさん以上に、企業が頭を悩ませるのが「働いている風おじさん」です(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA) 「いくらなんでも、コケにしすぎだろう」 最近、すごくそう思うことがある。 いわゆる「働かないおじさん」の取り扱いに関してだ。 50~60代の管理職で、高給取りなのに、会社への貢献度が低い男性社員のことを「働かないおじさん」と呼ぶ。 その一方で「妖精さん」という言葉もある。 最初は意味がわからなかったが、ほぼ「働かないおじさん」と同義語だ。 さらには「Windows2000おじさん」という表現も出てきている。 少し前は、「年収2000万円の窓際族」を指していたようだが、最近は、老後の資金2000万円が貯まるまで窓の外を見て過ごそうとする中高年を指すそうだ。 サポート期間を終えたWindows2000のパソコンと同様、「使えない」という意味も含まれているらしい。 「働かないおじさん」でも、「妖精さん」でも、「Windows2000おじさん」でも、何でもいいのだが、そんな中高年が日本社会の大きな課題になっているかというと、そうでもない。 だいたい働き方改革の時代で多くの企業が生産性アップに神経をとがらせているというのに、「働かない」ようなおじさんが、そこら中にいるわけがない。 従業員が1万人いるとして、そのうち100人も、窓の外ばかり見ていたり、ふらふら歩きまわっていたりするとは、到底思えない。 中高年ベテラン社員を3種類に分類する 私はコンサルタントとして、クライアント企業の社員、とくに中高年のベテラン社員を以下の3種類に分類し分析している。 組織の生産性を上げることもないが、生産性を下げることもない。 給与を支払っている会社からすると忸怩たる思いだろうが、外部コンサルタントにとっては「人畜無害」である。 たしかに、窓の外を見ているかもしれないし、社内外を妖精のように歩き回ったりしているだけかもしれない。 しかし、それでも彼らの大半は過去の功労者だったはず。 たとえ現在「いなくても困らない」という人であっても、もし余裕があるなら、もっと温かい目で見てもいいだろう。

次の

アルコールストーブについて

わから せ おじさん

風船おじさんの本名は鈴木嘉和です。 鈴木嘉和は1940年に生まれ、1992年に消息不明となってしまいました。 行方不明になってから7年は経っているため死亡が確認されたわけではありませんが、法律上はすでに死去しています。 鈴木嘉和が行方不明となってしまった理由についてはファンタジー号事件が大きく関わっています。 鈴木嘉和が世間的に注目を浴びたのは風船を使って空を飛ぶ乗り物を作り、様々な事件を起こしたからです。 鈴木嘉和が作った乗り物はゴンドラに風船を取り付けただけのシンプルなものでした。 風船の浮力だけで空を飛ぼうとしたのです。 事件の詳細は後に解説しますが、これにより鈴木嘉和は風船おじさんという異名で呼ばれることになりました。 鈴木嘉和は借金に苦しむようになってから自身を冒険家と称するようになります。 風船で太平洋を横断するという計画はこの頃から持ち上がっていたようで、横断を成功させることで借金を返すと債権者にも話していたようです。 まさにそれがファンタジー号事件となるわけですが、それを行うまでに数々の騒動を巻き起こしています。 横浜博覧会で騒ぎを起こしたり、風船で空を飛んだは良いものの民家に不時着してしまったりと様々な騒動を起こして世間を騒がせました。 しかしそれにより鈴木嘉和は風船おじさんと呼ばれるようになり、世間にもその存在を認知されていったのです。 今でも風船おじさんとして語り継がれるのは、このような騒動を起こしたおかげともいえるでしょう。 風船おじさんの家族としてまず挙げられるのが妻の石塚由紀子です。 風船おじさんよりも1歳年上で同じ高校に通っていた石塚由紀子ですが、風船おじさんがヤマハを独立してから仕事で関わることが多くなっていったようです。 そしてそのまま結婚して家族となりました。 ちなみに風船おじさんはこれが三度目の結婚です。 石塚由紀子はピアニストとして活躍していました。 風船おじさんがピアノの調律師だったのですから2人が結婚するのは自然なことでしょう。 石塚由紀子にとって風船おじさんは2人目の結婚相手です。 一度結婚しており離婚したのでしょう。 そして風船おじさんが事件を起こしてから数年後、石塚由紀子は三度目の結婚をします。 しかしその後すぐに病気を患っており他界しています。 今は天国で風船おじさんと一緒に過ごしているのかもしれません。 石塚由紀子は再婚だったのですが、風船おじさんと結婚したときには連れ子がいました。 これが石塚富美子です。 母親がピアニストだったことも影響しているのでしょう。 石塚富美子はバイオリン奏者として活躍しています。 また、女優業も行ったことがありNHKのドラマにも出演を果たしているのです。 継子ですので風船おじさんとの血縁関係はありませんでしたが、事件を起こしたときには家族として生活していました。 娘として父親の挑戦のことについて何を思っていたかは定かではありませんが、今となっては引き止めるべきだったと後悔しているかもしれません。 しかし実際にどのような感情を持っており、どのような関係性だったのかは家族にしかわからないことです。 石塚由紀子が再婚したときの連れ子は石塚富美子だけではありません。 他にも2人の娘がいたため風船おじさんは再婚したことで一気に三姉妹の父となったのです。 当然、この2人と風船おじさんに血縁関係はありません。 他の娘2人も音楽関係の道に進んでおり、ある時期には母と4人でグループを結成しています。 母と4人で結成したグループでは賞も受賞しており、国内だけでなく海外での活動も行っていました。 それほど実力派のグループだったのです。 また、風船おじさんにも実子は存在します。 しかし別れた妻との間に生まれた子供であり、事件が起きたときには一緒に暮らしてはいなかったとのことですので元妻と暮らしているのでしょう。 風船おじさんと実子との関係は明らかにされておらず、会うことができていたのかすらわかっていません。 風船おじさんは音大を卒業後、調律師をしていました。 しかしその後会社を退職し起業します。 野心家だったのかもしれません。 まず最初に立ち上げたのは音楽教材を販売する会社です。 この仕事を手伝っていたのが再婚することになる石塚由紀子となります。 そしてさらに他の事業にも手を出していきます。 音楽サロンを経営し始めたかと思えば雀荘、パブなど様々なものを経営し始めるのです。 これだけ様々なものに手を広げたということはそれなりに儲かっていたのでしょう。 しかし世の中そう甘くはありません。 次第に経営は悪化していきます。 そして最終的には事業は失敗しました。 経営していたお店は閉店、音楽教材を売る会社は倒産したのです。 そして全ての事業に失敗した風船おじさんに残ったものは借金だけでした。 それは総額5億円とも言われています。 とても簡単に返済できる金額ではなかったのです。 会社が倒産する1年前、風船おじさんは横浜博覧会で騒動を起こします。 横浜博覧会にて風船おじさんはテナントを出します。 しかしなかなか人が集まりません。 それはテナントに問題があったというよりも博覧会自体に人が集まらなかったからです。 そこで風船おじさんは着ぐるみを自分で作り、それを着てサイン会などを行っていました。 少しでも博覧会に人が集まるように、また自分のテナントの集客のために様々な工夫をしたのです。 実は博覧会に人が集まらないのは明確な原因がありました。 駐車場がなかったのです。 駐車場がなければ車を停めるスペースがないため行きたくても行けないという状況ができてしまいます。 しかし実は近くに駐車場自体は存在していました。 実験を終えた風船おじさんは突然、ファンタジー号を繋いでいたロープを外し始めます。 今でも語り継がれるファンタジー号事件の始まりです。 周りが何をしているのか問うと、風船おじさんは平然とアメリカに行くことを告げたようです。 周りには大学教授やマスコミがいたのですが、その人たちの制止を振り切り風船おじさんは準備を続けます。 そして運輸省の許可もないまま、無理矢理風船おじさんはファンタジー号で空に旅立っていったのです。 実はこのときの真相については様々なことが言われています。 風船おじさんが消息を絶ってから週刊誌が事件の真相としてある記事を出します。 それはマスコミが風船おじさんを煽ったのではないかという記事です。 風船おじさんの真相としてわかっていることは失踪宣告されたことだけです。 遺体は確認されていませんが、7年以上行方不明となることにより日本の法律では死亡扱いとなります。 家族が7年経っても失踪宣告の手続きを行わなかったため7年で死亡扱いになったわけではありませんが、今では手続きが行われ受理されました。 遺体が見つかっていないことを考えれば絶対に死亡しているとは限りません。 借金もあったためどこかに不時着して身を潜めている可能性もあります。 しかし状況を考えればやはりその可能性は低いでしょう。 飛行中にトラブルがあり、そのまま亡くなってしまったと考えるほうが自然です。 確実な真相とはいえませんが、今現在の法律上の扱いとして風船おじさんは亡くなっています。

次の

中学生の時、駅のベンチに座ってたら小太りのおじさんが隣に座った。おじさん「俺の母親は閻魔あいなんだ」私(ヤバイ人だ…)

わから せ おじさん

そんな恐るべき現場を数多く見てきたのが、元外資系OLでコラムニストのずんずんさん。 この連載では、そんな彼らの生態を解き明かし、対策も考えていきます。 新年あけましておめでとうございます。 ずんずんです。 イケてる東洋経済オンライン様のイケてるビジネスメンたちのために今年も獅子奮迅の勢いで……今年もよろしくお願いします! さてはて、年始年末のお休みもさくっと終わって、お仕事モードの方も多いかと思われますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 年が変わってもオフィスにお悩みは尽きないものですよね。 たとえば、仕事をしてくれない上司なんて、それこそ年が変わっても、仕事してくれませんよね。 しかし、その働かないおじさんが、実は 定時間近の5時から働くおじさんだったらどうでしょうか。 もしかしたら、そのおじさんは「5時から仕事おじさん」なのかもしれません。 部下を悩ませる「5時から仕事おじさん」.

次の