田中 将 大 24 勝。 【悲報】田中将大のあとの200勝達成感できそうな投手、誰もいない

田中 将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)

田中 将 大 24 勝

年 チーム 防御率 試合数 完投 完封 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁打 奪三振 与四球 与死球 暴投 ボーク 失点 自責点 2020 ヤンキース - - - - - - - - - - - - - - - - - 2019 ヤンキース 4. 45 32 1 1 11 9 0 182回 186 28 149 40 2 7 0 95 90 2018 ヤンキース 3. 75 27 1 1 12 6 0 156回 141 25 159 35 7 3 0 68 65 2017 ヤンキース 4. 51 24 1 0 12 7 0 154回 126 25 139 27 1 4 0 66 60 2014 ヤンキース 2. 000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000 2019 ヤンキース. 000 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000 2018 ヤンキース. 000 27 6 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0. 000. 000 2017 ヤンキース. 000 30 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0. 000. 000 2016 ヤンキース. 000 31 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0. 000. 000 2015 ヤンキース. 000 24 7 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0. 125. 000 2014 ヤンキース. 111 20 9 0 1 0 0 0 1 0 5 0 0 0 0 0. 111. 111.

次の

田中将大って確かに24勝0敗というとんでもない記録をつくりましたが、何試...

田中 将 大 24 勝

年 チーム 防御率 試合数 完投 完封 勝利 敗戦 セーブ 投球回 被安打 被本塁打 奪三振 与四球 与死球 暴投 ボーク 失点 自責点 2020 ヤンキース - - - - - - - - - - - - - - - - - 2019 ヤンキース 4. 45 32 1 1 11 9 0 182回 186 28 149 40 2 7 0 95 90 2018 ヤンキース 3. 75 27 1 1 12 6 0 156回 141 25 159 35 7 3 0 68 65 2017 ヤンキース 4. 51 24 1 0 12 7 0 154回 126 25 139 27 1 4 0 66 60 2014 ヤンキース 2. 000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000 2019 ヤンキース. 000 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000 2018 ヤンキース. 000 27 6 1 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0. 000. 000 2017 ヤンキース. 000 30 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 0. 000. 000 2016 ヤンキース. 000 31 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0. 000. 000 2015 ヤンキース. 000 24 7 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0. 125. 000 2014 ヤンキース. 111 20 9 0 1 0 0 0 1 0 5 0 0 0 0 0. 111. 111.

次の

田中、プロ野球史上初の「無敗の最多勝投手」― スポニチ Sponichi Annex 野球

田中 将 大 24 勝

では、シーズン24勝無敗ほか数々の球史に残る大記録は、いかにして生まれたのか? 本書では、その疑問に、楽天の一軍投手コーチとして、長年田中投手を間近で見続けてきた著者の佐藤義則氏が、明快かつ具体的に答えていく。 さらに、田中投手のすごさや弱点、また攻略法など多岐にわたって分析している。 他にも、悲願の日本一を成し遂げた日本シリーズにおける、ジャイアンツ打線の攻略法や投手起用などの知られざる舞台裏について、現場にいた投手コーチの視点から多くの秘話を語っている。 さらに、全国の野球少年たちに、早い段階から正しいピッチングを覚えてもらいたい、そして正しいフォームを身に付けることで、怪我なく一日でも長く安定してプレーして、野球を楽しんでほしいという著者の強い願いも込められた一冊でもある。 1954年9月11日生まれ。 北海道出身。 函館有斗高、日本大学を経て76年ドラフト1位で阪急ブレーブスに入団。 最優秀新人 77年 、最多奪三振 84,85年 、最多勝利 85年 、最優秀防御率 86年 、最年長ノーヒットノーラン 95年 等、数々の栄冠を獲得し、98年限りで現役引退。 一軍でコーチをした球団すべてを優勝に導いていることから、「優勝請負人」「日本一の投手コーチと呼ばれている。 「10年にひとりの大器を育てる場合、新人記録を作るよりも、今後10年20年と活躍できるように作り上げることこそがコーチの役割だと思っている」「指導するにあたって世代の違いは感じるが、それが指導方法に影響することはまったくない」。 新人王、最多奪三振、最多勝、最優秀防御率、当時の最年長ノーヒットノーランなどの成績残しながら44歳までの長きにわたって現役投手として活躍し、1999年から2000年にオリックス・ブルーウェーブの二軍コーチを務め、その後は一軍投手コーチとして、阪神タイガース 02-04 、北海道日本ハムファイターズ 05-07 、東北楽天イーグルス 09-現在 に在籍し、一軍コーチを担当した全球団で優勝するとともに、ダルビッシュ有と田中将大を育てた名伯楽でもある佐藤義則氏の本。 内容としては、大きく3つに分けられる。 まずは今シーズンからNYヤンキースに移籍した田中将大とテキサスでエースとなったダルビッシュ有投手の話。 次いで、楽天の日本シリーズ優勝の舞台裏と星野監督を含めた楽天の選手たちのこと。 現役時代から縁のある中日の落合GM、二刀流の大谷翔平選手、楽天に新加入して共にキャンプを過ごした松井裕樹投手についてのコメントもある。 3つ目は、佐藤義則氏の歩みと投手論及びコーチ論となっており、自身の経験に基づく持論が展開されている。 モデルとなってくれた小学生と共に自身もユニフォーム姿でピッチングフォームを写真で示したり、「ヨシボール」の球の握り方を解説しているところもある。 ダルビッシュ有投手も田中将大投手も、プロ入りする時から誰もが認める類まれな素材である。 身近に見てきた佐藤コーチの証言からは、2人の凄さや適応能力の高さが改めてよくわかる。 しかも、天賦の才能がある上に努力もたくさんしている。 ダルビッシュ投手については最初からピッチャーとしてほぼ完成されて入ってきたのであまり手を加えず、重点を置いて指導したのはルーキー当時はまだアマチュアだった身体を長年プロでやっていけるように徹底的に作ることだったという。 田中投手については、佐藤コーチ就任前の9勝7敗にとどまったシーズンにTVで見ていて、左足の膝が割れることによって低めのボールが全て「おじぎ」していることがわかったので、野村監督に「田中を一人前にしてくれ」と言われてコーチになってからすぐそこを指摘して本人と話し合い、キャンプで直したのだという。 また、田中投手が24連勝できた理由については、「運!」と答えながらも、開幕投手を則本投手にしたためにローテーションの周期として田中投手が相手チームのエースと当る回数が少なかったことや、田中投手がファーボールを出さないことなどを挙げている。 「私は、個性豊かな9人の監督のもとでやってきて、いろいろなことを教わった。 投げることに関しては、100パーセント答えられると思っている。 私が100知っているとしたら、選手たちは20くらい。 経験と懐の引き出しの広さで、選手からのどんな質問にも答えられる自信がある」。 少し意外だったが、基本的にルーキーはいじらないようにしているという。 キャッチボールや遠投やダッシュの重要性。 ジャンプ系のトレーニング。 腹筋や背筋を鍛える意味や股関節を柔らかくすることの効果。 触ってあげる感覚。 教え方のポイントについてもいくつか例を挙げている。 長く現役を続けていたため、選手時代から後輩に教える機会は多く、教えることにも自信があったという。 「こうしろ」とは絶対に言わないし、高卒の新人であっても一方的に強要はしない。 難しい理論を並べるのではなく、誰にでもわかりやすく、やりやすい形で教える。 この選手にどうやって給料を稼がせてやろうかと、本気で思って考えてやる。 真面目と努力は違うもの、投げるときに「キャッチャーミットから目を離すな」というのは間違い、9回裏・ツーアウト・満塁・ツースリー・一打出れば逆転されるという場面でどういう気持ちで投げればいいか、という話も印象に残った。 「打たれてもいいから、向かっていく選手が私は好きだ」とも述べている。 ため口っぽいところも含めて、ほとんど語り口調そのままのような感じで書かれている。 お酒も好きなようだ。 しかし、全体的に、なぜいいのか、あるいはなぜいけないのか、しっかり観察した上で、その理由を添えて具体的にわかりやすく説明しようとする姿勢が当然のこととして身についていることに気づかされる。 この人が名コーチと呼ばれている理由が垣間見れる。 このレビューを書いている時点で公式戦での登板はまだだが、期待のルーキー松井裕樹投手はいい球団に入った、と思った。

次の