シマノ ストラ ディック 19。 シマノ19ストラディック4000MHG 青物実釣後インプレ|テルヤスの釣り情報

辛口リールマニアがインプレ!シマノ「19ストラディック」は本当にコスパ最強なのか?|TSURI HACK[釣りハック]

シマノ ストラ ディック 19

シマノ 「19 ストラディック 3000MHG」が届いたのでいつものファースト・インプレッション。 前モデルと比較しつつ、新しくなった19ストラの特徴と各部重量をチェック。 新規格のロングストロークスプールに上位機種に負けずとも劣らない最新テクノロジー「マイクロモジュールギア&サイレントドライブ」を惜しみなく採用。 剛性に優れたHAGANEボディを採用し、負荷の高い釣り全般にオススメなタフなリールとなっています。 シマノ 19 ストラディック 3000MHG 進化が止まらない。 基本性能をさらに磨いて。 実感できる進化がここに結実。 スピニングリールの基本性能である「巻き」「耐久性」「飛び」がさらに進化を遂げました。 また上位機種を踏襲した新しいHAGANEギア、防水機構のXプロテクトを搭載することで従来モデルよりさらに強く、耐久性のあるモデルになりました。 さらに同クラスでは初となるロングストロークスプールを採用することでキャスト性能も向上。 今までルアーが届かなかったポイントへのアプローチを可能にします。 豊富なラインナップで、ライトなターゲットから海の大物まで幅広いシーンで活躍するストラディック、フラッグシップに迫る進化を遂げました。 関連記事: <付属品> ・取扱説明書 ・分解図、パーツリスト ・スプール調整ワッシャー ・スプール糸止シール 前モデル同様リール袋は付属しません。 外観 シンプルなシルバー基調 外観は前モデルから継続してシンプルなシルバー基調。 スプールの深い青色が地味ながら良いアクセントになっています。 スプール・ローター周りは好みのデザインですが、ボディはちょっと…。 シマノはこうのっぺりとしたデザインが多いですね。 前モデルと比較すると、HAGANEロゴがない、ネジが反対側になったことでいっそうシンプルになっています。 反対側は似たようなデザイン。 ネジが上手いことリアカバーに隠れていて露出しているのは一本のみ。 ハンドルキャップはこれまで通りのサイズでアオリスタンドや各種リールスタンドが装着可能です。 ちなみに製造は前モデルと同じマレーシア製。 剛性に優れたHAGANEボディ 無印ストラディックは、剛性に優れた HAGANEボディ(アルミ製)を採用しています。 負荷の掛かる釣りには断然アルミ製ボディのリールが最適です。 約5%の飛距離UP ロングストロークスプール 今後のスタンダードになるであろう ロングストロークスプールを新採用。 ステラ、19ヴァンキッシュにのみに搭載されているロングストロークスプールがNEWストラディックにも搭載。 キャスト性能もフラッグシップに近づきました。 C3000サイズで従来比約5%の飛距離UPを達成。 (ドーム内での当社飛距離テストによる) いつもルアーが届かないあのポイントへ、NEWストラディックなら届けてくれるかもしれません。 2500-3000番でストローク長が14. 5mmから17mmにアップしています。 これにより、ロングストロークスプールより 前のスプールとは互換性がないので注意。 (15・19ストラ間で互換性なし) 装着自体はできますが、スプール・ストローク長が異なるため正常にラインを巻くことができません。 また、前モデルで不評だったラインクリップが新しくなりました。 細いラインから太めのラインまで留めやすくなっています。 白い樹脂パーツを外さないように注意。 <スプール重量> 自重:44. 3g 15 ストラ C3000M:49. 【コアソリッドシリーズ】 高剛性ローター コアソリッドシリーズの特徴である高剛性ローター。 高剛性といってもアルミやマグネシウムなどの金属製ではなく、高強度樹脂製となっています。 手で押さえてみたところ、マグナムライトローターよりは撓みにくいです。 形状が変わった高剛性ローター、気になる重量ですが・・・ <ローター重量> 自重:49. 88g 15ストラの同サイズのローター重量が約45グラムなので、なんと5グラムもの重量増となっています。 巻き始めの軽さに大きく影響する部分なのでこれは残念…。 ネジ込みハンドル ハンドルはガタの出にくい ねじ込み式ハンドル。 ハンドル軸部分が変わっており、前モデルは緩めると折り畳めるようになっていましたが、新型は一体となっています。 個人的に必要性が分からなかった折り畳み機構。 一体になったことで余計なあそびがありません。 <ハンドル重量> 総重量:25. 4g ハンドル本体:14. 54g ハンドルノブ:9. 08g 3000番で約5gの軽量化 <リール総重量> 自重:245. 8g 4000番ボディに2500-3000サイズのスプール・ローターを搭載した3000番で 前モデルから約5グラム軽量化されています。 リジットサポートドラグは非搭載のまま いろいろとアップグレードされたNEWストラディックですが、 リジットサポートドラグは非搭載のままとなっています。 前モデル同様にスプール受け側にはベアリングを追加することができますが、スプール内には追加できません。 ファースト・インプレッション 防水機構コアプロテクトが Xプロテクトになる程度だと思っていた新型ストラディック。 それが予想を遥かに上回る進化っぷり。 これにより、上位機種:ステラやヴァンキッシュ並の巻き心地が期待されたようですが、実際のところは他の方のレビューと同じく、巻き(特に巻き始め)は重く、巻き心地も滑らかではありますが決して感動するほどのものではありません。 巻き心地に関して言えば、同じマイクロモジュールギアといっても、ステラとは素材から製造工程、加工精度、組み立てまで雲泥の差があります。 この辺りは当然の差なので致し方ありません。 まだ一度使ってみた程度ですが、使用感は前モデルとそう変わらないかと。 ここまで酷評しているようですが、決してがっかりしているわけではなく、まぁこんなものかという印象。 番手サイズでドラグワッシャーの素材を使い分けるなど、地味な配慮はポイント高いです。 (1000~2500はフェルト製、C3000以上は耐久性に優れたクロスカーボン製ドラグワッシャーを採用) 何だかあまり良く言われていないNEWストラディックですが、以下の条件を満たしたリールとしては最もコスパに優れたリールだと思っています。 ・アルミ製ボディ ・アルミ(ジュラルミン)製ギア ・ワンピースベール ・ねじ込み式ハンドル ライトショアジギング、シーバス、大型ロックフィッシュなど、C3000以上を使うような釣り全般には理に適ったリールです。 価格帯としては「18 カルディア」が対抗馬ですが、特性でいえば「19 レグザ」が対抗馬となります。 この「19 ストラディック」が負荷の高い釣り向けのタフさを重視したリールです。 カテゴリー• 698• 112• 220• 545• 143• 338• 146• 979• 214• 507• 197•

次の

シマノ 新旧ストラディックを比較 15・19年モデル

シマノ ストラ ディック 19

19ストラディックのベアリングを追加できる場所 19ストラディックのどこにベアリングを追加できるのか? 今回ベアリングを入れる場所をまとめておこう。 スプールシャフト支え スプールを外したところにあるこのパーツ。 ここの黒いプラスチック製のカラーをベアリングに交換することが出来るぞ。 ハンドルノブ 19ストラディックのハンドルノブには純正の状態で1個ベアリングが入っている。 ハンドルノブは2個のベアリング カラー で支えることが出来るので、1個ベアリングに交換できる。 スプール ドラグ にベアリング追加は不可能 リールの機種によってはスプール内部のドラグ部にベアリングを追加できるものもある。 しかし、 19ストラディックの場合は内部構造的にベアリングを追加することはできない。 ここにベアリングを追加できればよかったんだけど、上位機種との差別化の為なんだろう。 ベアリングの種類について リールに使用するベアリングだが、カスタムメーカーのものから工業用の汎用ベアリングまで種類がいくつかある。 ステンレス製ベアリングを選ぶ ベアリングの素材には種類があるが、リールに使用するベアリングは 錆に対して強いステンレス製のものを選ぶこと! スチール製のベアリングの方が価格は安いが、水につかると錆びやすいので要注意! リール用ベアリングと汎用ベアリングの違い カスタムパーツメーカー ヘッジホッグスタジオなど から発売されているベアリングだが、錆びに対してより強く、回転も滑らかなものを選んでいるらしいので価格は高価である。 私が今まで使ってきた印象としては、工業用の汎用ステンレスベアリングで性能は十分だと感じている。 高級なベアリングを使ったからと言って、リールの滑らかさがハッキリと変わるような印象は殆どないんだよね。 価格も圧倒的に安いので、私の場合は高級なベアリングは使わない事が殆ど。 こだわり派の方はリール用のベアリングを購入すれば良いが、安いベアリングを購入して少しでも回転が悪くなったら交換するスタイルの方が私の場合はおすすめだね! なお、今回は安く・お手軽に仕上げるために汎用ベアリングを使って19ストラディックにベアリングを追加していく。 必要なベアリングの規格 次に、19ストラディックに追加するベアリングの種類を紹介しておこう。 19ストラディック3000番台まで 19ストラディックは リールの番手により、必要なベアリングの規格が変わってくるので要注意! 3000番台までの小型の19ストラディックにベアリングを追加するのであれば、必要なベアリングはこんな感じだ。 私が好んで使用しているのがMTCWの「MT-04」というオイルだ。 極少量で効果があり、被膜も強くて耐久性に優れているオイルなんだよね。 非常にしっとりとした回転になり、淡水~海水まで対応できる。 19ストラディックのスプールシャフトにベアリングを追加する手順 必要な道具が揃ったところで、早速ベアリングを追加してみよう。 スプールを外す まずはドラグノブを緩め、スプールを外しておこう。 ワッシャー類を外す 次に、スプールシャフトに取り付けられている黒くて薄いワッシャーを全て外していこう。 ワッシャーの数が変わると糸巻き形状が変わるので、無くさないように気をつける。 ネジを六角レンチで外す ワッシャーを全て外すと、かなり小さい穴が見えるはず。 このように用意した六角レンチを入れてネジを外す。 ネジはかなり小さく、無くしやすいので要注意! プラスチックカラーをベアリングに交換する ここまで来たらプラスチック製のカラーが取り外せるはずだが、注意事項がある。 プラスチック製のカラーと樹脂製のパーツがくっ付いているんだけど、カラーの裏側にほっそい針金のような固定パーツが付いている。 このパーツが非常に無くしやすくて厄介なので、取り外す時は慎重に作業する事!! 小さな針金のような固定パーツが取り外せたら、注油したベアリングに組み替えてあとは元に戻していくだけだ。 この黒いカラーを 1170、または1180のベアリングに入れ替えるんだ 忘れずに注油!。 元通りになったらスプールシャフトへのベアリング追加は完了! ハンドルノブにベアリングを追加する 次はハンドルノブにベアリングを1個追加しよう。 ノブキャップを外す 19ストラディックはハンドルノブの形状がいくつかあるが、使用しているベアリングのサイズは同じになる。 ノブキャップを外すと、中にネジ山が見える。 ここをマイナスドライバーであけ、ノブを取り外してみよう。 ノブ一式を取り外す 慣れていない方は順番が分からなくならないよう、外した順番にパーツを並べておこう。 この1番ハンドルの付け根側にある、白いカラーをベアリングに交換するだけだ。 ちなみに、このリールの場合はノブ先端側のベアリングの内側に1枚あった。 ベアリングに交換し、組付ける とりあえずカラーを注油したベアリングに組み替えて1度組み上げ、ノブを回してみよう。 ここで回転が悪い時は、ワッシャーを1枚外して組みなおしてみる。 なお、完全にハンドルノブのガタを無くすのはかなり難しく、ガタが無いとノブの回転が悪くなるもの。 ほんの少し遊びがあるくらいでOKだ。 ハンドルノブは社外パーツに交換するのもおすすめ! ハンドルノブにベアリングを1個購入してカスタムするのも良いが、最近は激安でベアリング付きのハンドルノブも売っているのが現状。 なのでベアリング付きのハンドルノブを購入するというのもおすすめで、私の場合はハンドルノブごと交換することが殆ど。 ゴメクサスハンドルノブ 私が好んで使用しているのがゴメクサスのハンドルノブ。

次の

19ストラディックを買ったのでじっくり見たり初代と比較したりしてみる。|釣りあび!

シマノ ストラ ディック 19

19ストラディックのベアリングを追加できる場所 19ストラディックのどこにベアリングを追加できるのか? 今回ベアリングを入れる場所をまとめておこう。 スプールシャフト支え スプールを外したところにあるこのパーツ。 ここの黒いプラスチック製のカラーをベアリングに交換することが出来るぞ。 ハンドルノブ 19ストラディックのハンドルノブには純正の状態で1個ベアリングが入っている。 ハンドルノブは2個のベアリング カラー で支えることが出来るので、1個ベアリングに交換できる。 スプール ドラグ にベアリング追加は不可能 リールの機種によってはスプール内部のドラグ部にベアリングを追加できるものもある。 しかし、 19ストラディックの場合は内部構造的にベアリングを追加することはできない。 ここにベアリングを追加できればよかったんだけど、上位機種との差別化の為なんだろう。 ベアリングの種類について リールに使用するベアリングだが、カスタムメーカーのものから工業用の汎用ベアリングまで種類がいくつかある。 ステンレス製ベアリングを選ぶ ベアリングの素材には種類があるが、リールに使用するベアリングは 錆に対して強いステンレス製のものを選ぶこと! スチール製のベアリングの方が価格は安いが、水につかると錆びやすいので要注意! リール用ベアリングと汎用ベアリングの違い カスタムパーツメーカー ヘッジホッグスタジオなど から発売されているベアリングだが、錆びに対してより強く、回転も滑らかなものを選んでいるらしいので価格は高価である。 私が今まで使ってきた印象としては、工業用の汎用ステンレスベアリングで性能は十分だと感じている。 高級なベアリングを使ったからと言って、リールの滑らかさがハッキリと変わるような印象は殆どないんだよね。 価格も圧倒的に安いので、私の場合は高級なベアリングは使わない事が殆ど。 こだわり派の方はリール用のベアリングを購入すれば良いが、安いベアリングを購入して少しでも回転が悪くなったら交換するスタイルの方が私の場合はおすすめだね! なお、今回は安く・お手軽に仕上げるために汎用ベアリングを使って19ストラディックにベアリングを追加していく。 必要なベアリングの規格 次に、19ストラディックに追加するベアリングの種類を紹介しておこう。 19ストラディック3000番台まで 19ストラディックは リールの番手により、必要なベアリングの規格が変わってくるので要注意! 3000番台までの小型の19ストラディックにベアリングを追加するのであれば、必要なベアリングはこんな感じだ。 私が好んで使用しているのがMTCWの「MT-04」というオイルだ。 極少量で効果があり、被膜も強くて耐久性に優れているオイルなんだよね。 非常にしっとりとした回転になり、淡水~海水まで対応できる。 19ストラディックのスプールシャフトにベアリングを追加する手順 必要な道具が揃ったところで、早速ベアリングを追加してみよう。 スプールを外す まずはドラグノブを緩め、スプールを外しておこう。 ワッシャー類を外す 次に、スプールシャフトに取り付けられている黒くて薄いワッシャーを全て外していこう。 ワッシャーの数が変わると糸巻き形状が変わるので、無くさないように気をつける。 ネジを六角レンチで外す ワッシャーを全て外すと、かなり小さい穴が見えるはず。 このように用意した六角レンチを入れてネジを外す。 ネジはかなり小さく、無くしやすいので要注意! プラスチックカラーをベアリングに交換する ここまで来たらプラスチック製のカラーが取り外せるはずだが、注意事項がある。 プラスチック製のカラーと樹脂製のパーツがくっ付いているんだけど、カラーの裏側にほっそい針金のような固定パーツが付いている。 このパーツが非常に無くしやすくて厄介なので、取り外す時は慎重に作業する事!! 小さな針金のような固定パーツが取り外せたら、注油したベアリングに組み替えてあとは元に戻していくだけだ。 この黒いカラーを 1170、または1180のベアリングに入れ替えるんだ 忘れずに注油!。 元通りになったらスプールシャフトへのベアリング追加は完了! ハンドルノブにベアリングを追加する 次はハンドルノブにベアリングを1個追加しよう。 ノブキャップを外す 19ストラディックはハンドルノブの形状がいくつかあるが、使用しているベアリングのサイズは同じになる。 ノブキャップを外すと、中にネジ山が見える。 ここをマイナスドライバーであけ、ノブを取り外してみよう。 ノブ一式を取り外す 慣れていない方は順番が分からなくならないよう、外した順番にパーツを並べておこう。 この1番ハンドルの付け根側にある、白いカラーをベアリングに交換するだけだ。 ちなみに、このリールの場合はノブ先端側のベアリングの内側に1枚あった。 ベアリングに交換し、組付ける とりあえずカラーを注油したベアリングに組み替えて1度組み上げ、ノブを回してみよう。 ここで回転が悪い時は、ワッシャーを1枚外して組みなおしてみる。 なお、完全にハンドルノブのガタを無くすのはかなり難しく、ガタが無いとノブの回転が悪くなるもの。 ほんの少し遊びがあるくらいでOKだ。 ハンドルノブは社外パーツに交換するのもおすすめ! ハンドルノブにベアリングを1個購入してカスタムするのも良いが、最近は激安でベアリング付きのハンドルノブも売っているのが現状。 なのでベアリング付きのハンドルノブを購入するというのもおすすめで、私の場合はハンドルノブごと交換することが殆ど。 ゴメクサスハンドルノブ 私が好んで使用しているのがゴメクサスのハンドルノブ。

次の