チェンソーマン オーエス。 チェンソーマン【最新話】69話のネタバレ「シャイニングパワー」感想!

【チェンソーマン 69話感想】今までで一番迫力ある倒し方でワロタwwwwww

チェンソーマン オーエス

チェンソーマン【最新話】69話のネタバレ 光の力の効果 デンジはガソリンを全身にかぶり、自分自身に火をつける。 デンジは全身を炎に焼かれながら、トーリカの師匠に飛びついていく。 『アチャアアア!!あアッい。 アアチャアチャアチャアチャ!!いいいいっ。 』 とデンジは炎の熱さに悲鳴をあげる。 デンジは自分の肉体を燃やして、骨も焼かれていた。 トーリカの師匠はデンジを掴んで投げ捨てる。 『ギャアッ!!』 とデンジは悲鳴をあげながら地面へと倒れ込む。 『闇の力で智見を深めて尚、馬鹿の行動は理解できません。 』 とトーリカの師匠はデンジの行動に理解できずにいる。 『アっちいいい!!馬鹿じゃねえ! こちとら毎日教育テレビみてんだぜ!!』 とデンジが反論すると、 『なっ!?』 とトーリカの師匠が驚きの声をあげる。 デンジのチェンソーのチェーンがジャラっとトーリカの師匠の身体に巻き付いていた。 』 とデンジは炎に焼かれ声をあげる。 『チェーンが・・・。 』 とトーリカの師匠は驚きの声をあげる。 『アッチ。 ギアャアちい!! ウラアア。 アア!! ぎゃアアアい!!』 とデンジは飛び上がり、トーリカの師匠の身体をチェンソーで貫く。 『無駄な事です。 私は痛みを分散できます。 』 とトーリカの師匠が言うと、周りの人形達にひび割れができていく。 『ギイイ。 アチッ。 』 とデンジは熱さに苦しみの声をあげながら、トーリカの師匠に身体を持ち上げられる。 『テメ・・・エ体ん治り遅くなってるぜ・・・! 光ん力でなあ。 』 とデンジはトーリカの師匠の傷の治りが遅いことに気づく。 意地の綱引き 『ぐぇ。 』 とデンジはトーリカの師匠にガッと壁に押し付けられ、痛みに声をあげる。 押し付けられた壁を突き破って、大量の人形がデンジに襲い掛かる。 『あがアアアアあア!? オんギャアアアア!? ああ・・・。 ア・・・!』 とデンジは驚きと痛みに声をあげる。 『何も知らずマキマに尻尾を振る犬にはふさわしい死に方ですね。 そのまま焼け死んでください。 』 とトーリカの師匠は言う。 デンジは人形の肩にガブっとかぶりつき、血をゴクンっと飲む。 『アアアア・・・!! こっちも光ん力で回復ウ・・・!!』 とデンジは人形から飲んだ血で肉体を再生する。 『人形の血を飲みましたね・・・。 しつこい男です……。 』 とトーリカの師匠はデンジのしつこさにため息をつく。 ドドっと人形達に背後から蹴られたデンジは地面に倒れ込む。 トーリカの師匠が手で合図すると、大量の人形達がデンジに襲い掛かる。 人形達は腕を刃物に変化させ、ザクザクザクっとデンジを切り刻んでいく。 『そろそろ死んでください。 すぐマキマに会わせてあげます。 』 とトーリカの師匠言う。 突如としてジャラっとチェーンがトーリカの師匠の身体に巻き付けられる。 『なっ。 』 とトーリカの師匠は驚きの声をあげ、チェーンに引き寄せられる。 』 とデンジは人形達にまとわりつかれながらも、チェーンでトーリカの師匠を引き寄せる。 『引き寄せられている。 バケモノ・・・。 アイツは理解ができません。 近づけないでください。 』 とトーリカの師匠は踏ん張りながら、人形達に指示を出す。 トーリカの師匠の前に人形達が並びチェーンを手に持つ。 ギギギギギギっと音を立てながら、デンジと人形達の綱引き状態となる。 『ああ・・・!アアア。 ああアア!!』 と人形達の攻撃と炎に焼かれて、デンジは苦しみの声をあげる。 『いい加減死んでください。 』 とトーリカの師匠は言う。 人形が普通乗用車を運転し、デンジにドッとぶち当たる。 デンジにぶつかった車はドッと大爆発を起こす。 爆炎の中からジャララっとチェーンが引かれる。 『オーエス!!オーエス!!オーエス!!』 とデンジは炎に激しく焼かれながらもチェーンを引いている。 自爆上等 『ぐっ。 わかりません。 なぜ死なないのですか。 』 とトーリカの師匠はデンジの存在に恐怖を感じる。 『みんなで仲良く俺を殺すのはいいけどよお・・・! マキマさんが死んだら!! マキマさんと旅行できねえじゃねえかア!!』 とデンジは怒りに声をあげる。 『ああ!?』 とトーリカの師匠は強く引き寄せられ、声をあげる。 デンジはチェーンソー化した左足でトーリカの師匠の身体を蹴り切り裂く。 な!?』 とトーリカの師匠は炎に焼かれ、驚きの声をあげる。 『これが俺のオ・・・! 光ん力だアアアアああ!!』 とデンジは叫びながら車を持ち上げ、トーリカの師匠へと投げつける。 車は爆発を起こし、トーリカの師匠を焼きながら吹き飛ばしていく。 『ぎゃああああアア!!』 と爆発に巻き込まれたデンジは悲鳴をあげる。 自爆上等!爆車炎上!! チェンソーマン【最新話】69話の感想 デンジは頑丈すぎますね。 炎に焼かれても、人形達に切り刻まれても、トーリカの師匠に立ちむかっていきます。 その回復力はすでに闇の力を得たトーリカの師匠を超えていますね。 岸辺先生の特訓の成果なんでしょうね。 特訓では何度も戦闘不能になり、血を飲むことで復活していましたね。 その繰り返しでデンジの身体は強靭な肉体へと進化しているのかもしれませんね。 トーリカの師匠でさえデンジのしぶとさには恐怖を抱いてしまっていますね。 その強靭な肉体を支える精神力もすごいものですね。 大半はマキマに対する思いが占めているようですが(笑) トーリカの師匠はこのまま焼かれて死んでくれるのでしょうか。 闇の力で再び超再生するのでしょうか。 次回も楽しみですね!.

次の

チェンソーマン最新話69話ネタバレ感想考察!勢いだけで突き進むデンジとコベニの愛車でのラストが最高すぎる!!

チェンソーマン オーエス

『チェンソーマン』第69話のネタバレ 『チェンソーマン』第69話、 「シャイングパワー」のネタバレです。 デンジVSサンタ 「アチャアアア!!」 「アアチャアチャアチャアチャ!!」 火だるま状態の尋常でない熱さに「アチャア!」と叫ぶデンジ。 常に落ち着き払っていたサンタも、まさかの攻撃に思わず声をあげてしまいます。 「闇の力で智見を深めて尚 馬鹿の行動は理解できません」 たまらずデンジを投げ飛ばし、冷静さを取り戻そうとするサンタ。 「アっちいいい!!」 「馬鹿じゃねえ!こちとら毎日教育テレビみてんだぜ!!」 サンタの発言を否定しながら起き上がるデンジ。 すると、サンタが異変に気付きます。 「チェーンが・・」 チェンソーのチェーンが自分の体に巻き付けられていたのです。 サンタの動きを封じたデンジは、叫びながら跳び上がり、首と胴体を貫くのでした。 光の力で回復するデンジ 「無駄な事です」 「私は痛みを分散できます」 渾身の一撃を与えられたサンタでしたが、他の人形に痛みを分散し、余裕をアピールします。 「テメ・・エ体ん治り遅くなってるぜ・・!」 「光ん力でなあ」 馬鹿だと思ったデンジからの指摘に、無言で壁にデンジを押し付けるサンタ。 次の瞬間、無数の人形が壁を破壊し、デンジを突き刺してきました。 「オんギャアアアア!?」 たちまちズタズタにされ、デンジの全身から血飛沫が。 火だるま状態と、人形の攻撃で瀕死のダメージを追ってしまうデンジ。 「何も知らずマキマに尻尾を振る犬にはふさわしい死に方ですね」 「そのまま焼け死んでください」 デンジに意味深な手向けの言葉を放つサンタ。 サンタとしては、このままデンジに死んでほしいところでしたが、追い込まれてからしぶといのがデンジです。 「アアアア・・・!!」 「こっちも光ん力で回復ウ・・!!」 人形の血を吸って回復を図るのでした。 サンタの理解から外れるデンジの力 「人形の血を飲みましたね・・しつこい男です・・」 デンジを完全復活させないため、人形たちに山乗りになってデンジを攻撃させるサンタ。 「そろそろ死んでください」 「すぐマキマに会わせてあげます」 今度こそデンジを仕留めたと確信するサンタ。 すると、起き上がったデンジがチェーンを引っ張りサンタを引き寄せようとします。 「引き寄せられている バケモノ・・」 「アイツは理解できません 近づけないでください」 デンジに引き寄せられないよう、人形たちにも綱引きならぬ、チェーン引きに参加させるサンタ。 闇の力を得たサンタでしたが、尋常でないしぶとさを見せるデンジに脅威を感じてしまうのでした。 「ああ・・!アアアああアア!!」 絶叫しながらチェーンを引き続けるデンジ。 「いい加減死んでください」 並みのやり方ではデンジを殺せないと悟ったのか、人形の運転する自動車に突っ込ませ、デンジとともに爆発させてしまいます。 今度こそは仕留めたかと、燃え盛る炎を凝視するサンタ。 「オーエス!!オーエス!!」 「オーエス!!」 元気な掛け声をあげながら、デンジが炎から駆け出してくるのでした。 デンジが立ち上がる理由 「ぐっ わかりません」 「なぜ死なないのですか 恐い」 常識的に考えれば、とっくにデンジは死んでいるはずです。 さすがのサンタも、デンジに恐怖を覚えてしまうのでした。 「みんなで仲良く俺を殺すのはいいけどよお・・!」 「マキマさんが死んだら!!マキマさんと旅行できねえじゃねえかア!!」 おののくサンタにマキマとの旅行への想いを、燃えながら語るデンジ。 サンタは闇の力によって智見を得ましたが、マキマへの気持ちは見誤っていたのです。 怒号の勢いのままサンタを引き寄せると、飛び蹴りでサンタの体を貫きます。 まさかの大ダメージに戸惑うサンタ。 反対に怒りに燃えるデンジは止まりません。 「これが俺のオ・・!」 「光ん力だアアアアああ!!」 さきほどのお返しだと言わんばかりに、自動車を持ち上げ、うずくまるサンタに叩き付けるデンジ。 「ぎゃああああアア!!」 自らのダメージを顧みず、サンタと爆発の炎を浴びるのでした。 第70話に続きます。 『チェンソーマン』第69話の感想・考察 デンジの底知れなさが強調された回でしたね。 闇の力を得たサンタが最終的にはデンジに恐怖してしまうのですから、やはりデンジのデタラメなところは悪魔をビビらせてしまうようです。 どれだけの智見を得たとしても、常識の枠外にいるデンジを理解することはできないでしょうね。 サンタはデンジやクァンシを始末したら、マキマを殺すつもりだったはずですが、マキマはデンジの比ではない恐怖を与えてくれただろうと思います。 マキマは反則的な強さだけでなく、いまだに何者なのかもよくわかっていません。 そもそもなんですけど、闇の力を求めるぐらいマキマを恐れていたのではないでしょうか。 普通に倒せるなら闇の力なんていらないはずですからね。 気になるのは、サンタが闇の悪魔を選んだ理由です。 マキマに対抗できる強力な力というだけでなく、確実に殺せると思ったのかもしれません。 ただ、どうやって闇の悪魔とコンタクトを取ったのか謎なんですよね。 サンタが独自に闇の悪魔を知ったのか、地獄にいる悪魔側から接触があったのか気になるところ。 闇の悪魔はマキマに地獄へ来させようとしているところがあったので、互いに存在を知っていた可能性が考えられます。 地獄の超越者たちにとって、マキマが邪魔だとしたら、悪魔が人間に取引を持ち掛けてくることもありそうですね。 永遠の悪魔もデンジを殺すため、アキたちに契約を持ち掛けてきましたから。 そういえば、なぜかサンタはマキマ抹殺に執着している感じがしましたが、闇の悪魔からマキマの秘密を知ったのかもしれませんね。 仮にマキマの秘密を知ったとしても、因縁などがない相手に執着するものでしょうか。 でも、マキマの前に現れたサンタは、「はじめまして」と言っていたんですよね。 サンタの発言が嘘でないとすれば、面識のない相手を海を渡ってまで殺そうとしていたのだと。 ん~、『チェンソーマン』らしく何の説明もありませんから、またマキマに関する謎が増えてしまいましたね。 さて、はじめにデンジについて触れましたが、デンジの強さってデタラメなところではなく、結局のことろメンタルかなと思います。 基本的に心は折れませんし、目的意識を持ってしまえば強敵にも恐れず、身動きが取れない状態でなければ、ボロボロでも一歩も引きませんよね。 今回でいえば、マキマとの旅行がモチベーションになっていましたが、永久に旅行がない事態になった場合はあっさりと負けてしまうのかも。 今後明かされるマキマの真実を知ったとき、デンジがどんな行動を取るのか注目したいです。

次の

チェンソーマン最新話69話ネタバレ感想考察!勢いだけで突き進むデンジとコベニの愛車でのラストが最高すぎる!!

チェンソーマン オーエス

『チェンソーマン』第69話のネタバレ 『チェンソーマン』第69話、 「シャイングパワー」のネタバレです。 デンジVSサンタ 「アチャアアア!!」 「アアチャアチャアチャアチャ!!」 火だるま状態の尋常でない熱さに「アチャア!」と叫ぶデンジ。 常に落ち着き払っていたサンタも、まさかの攻撃に思わず声をあげてしまいます。 「闇の力で智見を深めて尚 馬鹿の行動は理解できません」 たまらずデンジを投げ飛ばし、冷静さを取り戻そうとするサンタ。 「アっちいいい!!」 「馬鹿じゃねえ!こちとら毎日教育テレビみてんだぜ!!」 サンタの発言を否定しながら起き上がるデンジ。 すると、サンタが異変に気付きます。 「チェーンが・・」 チェンソーのチェーンが自分の体に巻き付けられていたのです。 サンタの動きを封じたデンジは、叫びながら跳び上がり、首と胴体を貫くのでした。 光の力で回復するデンジ 「無駄な事です」 「私は痛みを分散できます」 渾身の一撃を与えられたサンタでしたが、他の人形に痛みを分散し、余裕をアピールします。 「テメ・・エ体ん治り遅くなってるぜ・・!」 「光ん力でなあ」 馬鹿だと思ったデンジからの指摘に、無言で壁にデンジを押し付けるサンタ。 次の瞬間、無数の人形が壁を破壊し、デンジを突き刺してきました。 「オんギャアアアア!?」 たちまちズタズタにされ、デンジの全身から血飛沫が。 火だるま状態と、人形の攻撃で瀕死のダメージを追ってしまうデンジ。 「何も知らずマキマに尻尾を振る犬にはふさわしい死に方ですね」 「そのまま焼け死んでください」 デンジに意味深な手向けの言葉を放つサンタ。 サンタとしては、このままデンジに死んでほしいところでしたが、追い込まれてからしぶといのがデンジです。 「アアアア・・・!!」 「こっちも光ん力で回復ウ・・!!」 人形の血を吸って回復を図るのでした。 サンタの理解から外れるデンジの力 「人形の血を飲みましたね・・しつこい男です・・」 デンジを完全復活させないため、人形たちに山乗りになってデンジを攻撃させるサンタ。 「そろそろ死んでください」 「すぐマキマに会わせてあげます」 今度こそデンジを仕留めたと確信するサンタ。 すると、起き上がったデンジがチェーンを引っ張りサンタを引き寄せようとします。 「引き寄せられている バケモノ・・」 「アイツは理解できません 近づけないでください」 デンジに引き寄せられないよう、人形たちにも綱引きならぬ、チェーン引きに参加させるサンタ。 闇の力を得たサンタでしたが、尋常でないしぶとさを見せるデンジに脅威を感じてしまうのでした。 「ああ・・!アアアああアア!!」 絶叫しながらチェーンを引き続けるデンジ。 「いい加減死んでください」 並みのやり方ではデンジを殺せないと悟ったのか、人形の運転する自動車に突っ込ませ、デンジとともに爆発させてしまいます。 今度こそは仕留めたかと、燃え盛る炎を凝視するサンタ。 「オーエス!!オーエス!!」 「オーエス!!」 元気な掛け声をあげながら、デンジが炎から駆け出してくるのでした。 デンジが立ち上がる理由 「ぐっ わかりません」 「なぜ死なないのですか 恐い」 常識的に考えれば、とっくにデンジは死んでいるはずです。 さすがのサンタも、デンジに恐怖を覚えてしまうのでした。 「みんなで仲良く俺を殺すのはいいけどよお・・!」 「マキマさんが死んだら!!マキマさんと旅行できねえじゃねえかア!!」 おののくサンタにマキマとの旅行への想いを、燃えながら語るデンジ。 サンタは闇の力によって智見を得ましたが、マキマへの気持ちは見誤っていたのです。 怒号の勢いのままサンタを引き寄せると、飛び蹴りでサンタの体を貫きます。 まさかの大ダメージに戸惑うサンタ。 反対に怒りに燃えるデンジは止まりません。 「これが俺のオ・・!」 「光ん力だアアアアああ!!」 さきほどのお返しだと言わんばかりに、自動車を持ち上げ、うずくまるサンタに叩き付けるデンジ。 「ぎゃああああアア!!」 自らのダメージを顧みず、サンタと爆発の炎を浴びるのでした。 第70話に続きます。 『チェンソーマン』第69話の感想・考察 デンジの底知れなさが強調された回でしたね。 闇の力を得たサンタが最終的にはデンジに恐怖してしまうのですから、やはりデンジのデタラメなところは悪魔をビビらせてしまうようです。 どれだけの智見を得たとしても、常識の枠外にいるデンジを理解することはできないでしょうね。 サンタはデンジやクァンシを始末したら、マキマを殺すつもりだったはずですが、マキマはデンジの比ではない恐怖を与えてくれただろうと思います。 マキマは反則的な強さだけでなく、いまだに何者なのかもよくわかっていません。 そもそもなんですけど、闇の力を求めるぐらいマキマを恐れていたのではないでしょうか。 普通に倒せるなら闇の力なんていらないはずですからね。 気になるのは、サンタが闇の悪魔を選んだ理由です。 マキマに対抗できる強力な力というだけでなく、確実に殺せると思ったのかもしれません。 ただ、どうやって闇の悪魔とコンタクトを取ったのか謎なんですよね。 サンタが独自に闇の悪魔を知ったのか、地獄にいる悪魔側から接触があったのか気になるところ。 闇の悪魔はマキマに地獄へ来させようとしているところがあったので、互いに存在を知っていた可能性が考えられます。 地獄の超越者たちにとって、マキマが邪魔だとしたら、悪魔が人間に取引を持ち掛けてくることもありそうですね。 永遠の悪魔もデンジを殺すため、アキたちに契約を持ち掛けてきましたから。 そういえば、なぜかサンタはマキマ抹殺に執着している感じがしましたが、闇の悪魔からマキマの秘密を知ったのかもしれませんね。 仮にマキマの秘密を知ったとしても、因縁などがない相手に執着するものでしょうか。 でも、マキマの前に現れたサンタは、「はじめまして」と言っていたんですよね。 サンタの発言が嘘でないとすれば、面識のない相手を海を渡ってまで殺そうとしていたのだと。 ん~、『チェンソーマン』らしく何の説明もありませんから、またマキマに関する謎が増えてしまいましたね。 さて、はじめにデンジについて触れましたが、デンジの強さってデタラメなところではなく、結局のことろメンタルかなと思います。 基本的に心は折れませんし、目的意識を持ってしまえば強敵にも恐れず、身動きが取れない状態でなければ、ボロボロでも一歩も引きませんよね。 今回でいえば、マキマとの旅行がモチベーションになっていましたが、永久に旅行がない事態になった場合はあっさりと負けてしまうのかも。 今後明かされるマキマの真実を知ったとき、デンジがどんな行動を取るのか注目したいです。

次の