メルカリ 価格比較。 超決定版!メルカリとヤフオクどっちを使うべきかすべて教えます | パソコン1台の仕事を提案する「シュアーズ」

メルカリ│ゆうゆうメルカリ便 らくらくメルカリ便 送料 値段 サイズごと徹底比較

メルカリ 価格比較

赤字続きの「ブックオフ」 【30日MJから】店舗数がここ5年で200店以上減るなど苦戦が続く古本チェーン最大手のブックオフコーポレーション。 記者がフリマアプリ「メルカリ」とブックオフで書籍やゲームソフトを売ってみて価格を検証。 そこから見えてきたブックオフの悩みとは。 1面特集です。 — 日経MJ nikkeimj 全国に中古本・中古家電販売チェーン「 BOOKOFF」を展開するブックオフコーポレーションは4月27日に業績修正を発表。 18年3月期の連結最終損益を1億円の黒字から 9億円の赤字に下方修正した。 店舗数も減り続けており、電子書籍化の流れや個人販売可能なフリマアプリに押される形となっている。 「メルカリ」のメリット 高く売れる メルカリを利用する最大のメリットはブックオフの買取金額よりも 高く売れることだろう。 例えばPS4の人気ゲーム『モンスターハンターワールド』の例で言えばブックオフオンラインでの買取価格2,400円に対してメルカリでは3,500円前後で取引が完了している。 しかも実店舗での買取価格は更に安く買い叩かれることも多い。 ブックオフの買取金額は 安すぎる。 ネット情報で調べた限りの冊数と買取金額を表にまとめると下記の通り。 対象 ブログURL 買取金額 1点あたり 1,500円 3円 774円 3. 3円 1,840円 25. 5円 CD300枚 357円 0. 8円 415円 16. 6円 筆者も過去にコミックを40冊ほど持ち込んだことがあったが300円にもならなかった記憶がある。 ゴミを捨てるつもりで持ち込み、1冊 10円前後になればラッキー程度に考えておこう。 価格設定可能 対するメルカリは出品者側で価格設定が可能。 過去の取引も検索可能なため相場を調べ 納得した上で出品することが出来る。 この「納得」の部分がブックオフ買取では欠けている部分であり、安く買い叩かれたとしても持ち込みの手間を考えると諦めざるを得ない事も多かった。 そもそもブックオフは買取金額が明朗ではなく、Web上で公開もされていない(ブックオフオンラインと実店舗の買取価格は別)。 実際に持ち込む・送るまで幾らになるか分からないのは 買取優位の仕様であり、時代に即していない。 販売側と購入側がほぼ対等な関係にあるフリマアプリに負けてしまうのも必然と言える。 手軽さ 一時期ヤフオクにハマっていました。 ヤフオクでどうしても手間なのが、 ・出品 ・梱包 ・発送 の3つです。 ここを徹底的楽にしてくる、メルカリは流石だと思います。 そのうち、梱包もしなくてよくなりそう。 その点で「メルカリ」はとにかく手軽で簡単、 誰でも出品できる。 出品はスマホ1つで完結し、梱包も適当な袋や段ボール、指定の箱に詰めるだけ。 発送も自動発行されるQRコードをコンビニ・直営店で読み取るだけですぐ終わる。 梱包用の段ボールを用意したり、宛先を記載する必要もなく、集荷サービスを利用すれば 自宅まで商品を取りに来てくれる。 とにかく簡単で下手するとブックオフで買取審査を待つよりもストレスが少ない。 興味がある方は1度試してみて欲しい。 「らくらくメルカリ便」を使用すればお互いの住所や本名を知らせずに配送することが出来るため、 個人情報が漏れたりトラブルになる心配が少ない。 出品者の信用度は評価を見ればある程度分かるし、間にメルカリの事務局が挟まれるためトラブル時の返金対応も安心。 ネット初心者でも簡単に始めることが出来るのが大きな魅力となっている。 値引き交渉も メルカリって値引き交渉が当たり前なのけ?買うけど値引きしてって。 悩んでつけた値段なのに。 — m111o mioibou ただし、メルカリは「〇〇円になりませんか?」等の値引き交渉が 非常に多い。 購入側にとってはメリットだが、出品者にとっては煩わしく感じることもあるだろう。 コツとしては売りたい値段より 数百円高い価格を設定しておくこと。 譲歩したように見せて予定通りの金額で販売することが出来る。 ちなみにメルカリは利用層が若いためか、いわゆる プレミア商品を安過ぎる価格で出品していることも多い。 好きなジャンル、欲しい商品は定期的にチェックすると良いだろう。 感想 最近メルカリを始めたが思った以上に 便利でハマり始めている。 自宅で捨てる予定だった書籍・BDも1,000円以上で売れていて有り難い。 部屋も片付き一石二鳥なので興味がある方は是非メルカリ等のフリマアプリを始めてみて欲しい。 ちなみにメルカリを新規登録する方は下記の招待コードを利用することで 最大1万円のポイントが当たるくじ引きに参加可能なので試してみて欲しい。

次の

メルカリor買取査定 徹底比較、長所と短所が分かればカンタンにモノは売れる

メルカリ 価格比較

ラクマとメルカリの違いを比較!900回以上の取引実績からレビュー記事を書いてみた 2020年6月11日 7分 メルカリとラクマどっちがいいのか? 私がメルカリを使いはじめたのは、2015年の秋頃。 少し遅れて、旧ラクマ(今はないです)とフリル(現在のラクマ)も使いはじめました。 メルカリでは530回、ラクマでは440回、購入出品合わせて取引きしています。 使い続けるうちに、メルカリもラクマも変わってきました。 全体的にはサービスが便利になり、ユーザーが増えて、使いやすくなったと思います。 一方、売れにくくなったな。 規制が厳しくなったな。 と感じる部分もあります。 これからフリマアプリを使いはじめようかと思っているなら、メルカリとラクマの併用をおすすめします。 ですが、まだ迷っているし、ちょっと使うのが怖いとか、不安もあると思います。 メルカリとラクマの機能的な違いと、私が使い続けて感じたことを書いたので、参考にしてください。 現在、販売手数料は3. 85%となっています。 いくつか表の中身を補足説明します。 「購入前請」とは買い手が「買ってもいい?」と出品者に申請し、出品者が承認しないと買えないシステムです。 変な人に売りたくない出品者側の安心に配慮したシステムですね。 デメリットもありますけど。 詳しくは別記事で説明してます。 「メルペイ」とは、メルカリが提供しているキャッシュレスサービスです。 電子マネーの一種で、対応している店舗なら メルカリの売上金・ポイントで支払いができます。 チャージするには銀行口座を登録して、そこから引き落とします。 なお、楽天銀行は登録できませんでした。 コンビニなど「iD」が使えるお店は、メルペイ対応していますので、けっこう使える店舗は多いです。 メルカリで商品を売ったお金で、コンビニなどの買い物はメルペイ支払いもできるってことですね。 「ラクマで使える楽天ポイント」っていうのは、楽天カードや楽天ポイントカードで貯められる楽天スーパーポイントのことです。 期間限定ポイントも、楽天キャッシュも使えます。 メルカリとラクマはどっちがおすすめ? 私はメルカリでの取引件数の方が多いですが、最近はラクマをメインに使っています。 メルカリはほぼ購入専用。 ラクマは出品・購入両方で使っています。 ラクマだけで出品しているのは、売上金を1つに集中させたいからです。 以前ほど頻繁に出品していないため、手数料が安く、出金手数料がかからない(楽天銀行使用に限り)ラクマで出品するようにしています。 たくさん出品して稼いでた時は、メルカリがメインでした。 数をこなすには、売れるまでのスピードが早いメルカリが便利だったので。 そんな私が フリマアプリを使い始めたきっかけは、家にある不要品を売るためでした。 メルカリ初回登録でもらった300ポイントで、ロクシタンのハンドクリームを買ったのが一番最初です。 一度メルカリで購入してみることで取引の流れを知って、それから出品を始めました。 やがて メルカリが振込手数料かかるようになったことと、 ラクマのユーザーが増えて売れやすくなってきたため、今では出品はラクマにシフトチェンジしています。 購入する頻度は、メルカリの方がやや多いです。 品揃えは、メルカリの方がいいので。 フリマアプリでは、本を買うことが多いです。 月10冊くらい、話題のビジネス書や小説、コミックエッセイなどを買って、 読み終わったら売っています。 あと 一時的に使いたいものや、お試しで使いたいものを買いますね。 夏用バッグとか、化粧品とか香水など。 スマホ周辺機器やプリンターのインクとかも、余ったポイントなどや売上金で買ったりします。 手に入らなかったグッズとかも、買いますね。 地方に住んでいると、手に入らないものも多いので。 最近だと、ケーブルバイトのシバ犬買いました。 ぶたこ メルカリの特徴とデメリット メルカリはラクマに比べるとユーザー数が多く、メリットも多いです。 一方でトラブルも多くなりがちです。 初心者は洗礼を浴びることもあるので、気をつけてください。 出品する側のメリット• メルカリ便が安くて便利• ユーザー数が多く売れやすい• トラブル対応に運営が介入する 出品する側のデメリット• 販売手数料10%• 売上金の現金化に手数料がかかる• 値下げ交渉が多い• 再出品しないと売れない 購入する側のメリット• ユーザー数が多く出品数が多い• 匿名配送が多い• トラブル対応に運営が介入する 購入する側のデメリット• 売切れになるのが早い• 値下げ交渉しても、横取りされることがある 補足説明しますね。 まず、メリットから。 メルカリ便は便利で安いってことですね。 メルカリ便はクロネコヤマトと提携した「らくらくメルカリ便」と、日本郵便と提携した「ゆうゆうメルカリ便」があります。 どっちを使っても、匿名配送対応しています。 料金も全国一律で、通常の宅配料金より安くなることが多いです。 ラクマも匿名配送があるのですが、日本郵便と提携している郵便局・ローソンからの発送でないと匿名配送になりません。 ド田舎山奥にあるような簡易郵便局だと、送れないこともあります。 匿名配送が安くクロネコヤマトと日本郵便で使えるのは、出品者・購入者ともにメリットですね。 ユーザー数もラクマに比べて多いので、比較的売れやすいです。 出品数も多くなるので、価格競争も起きて安く買いやすくなります。 メルカリ運営のトラブル対応については、初期の頃に比べてよくなっている気がします。 問合せの返事も早くなったと思いました (個人的な意見です。 ) 基本スタンスは、当事者同士て話し合って解決してくださいねと変わってないのですが。 最近は 明らかな詐欺出品(箱だけで中身なしなど)には、運営から返金されたなどの事例があります。 メルカリが社会に浸透したことで、世間の監視が強まった結果でしょうね。 これから社会性がますます求められ、運営側の取り締まりも厳しくなりそうです。 次に、デメリットについて。 販売手数料10%は、ラクマの3. 5%に比べると高いです。 メルカリ便で送ると、送料も手数料も商品代から引かれるので、意外と利益ないなと感じます。 そこも計算して、出品者は価格を考えなきゃいけません。 また、昔は売上金1万円以上は出金無料でしたが、今は 振込手数料が一律200円かかります。 もったいないのでメルカリ内で使うか、メルペイを使って実店舗でお買物して消費するといいですよ。 現金が一番使い勝手がいいので、現金化に手数料が必ずかかるというのはネックだなと思います。 値下げ交渉については、メルカリは多いです。 挨拶なのか?ってくらい、出品すると「値下げできますか?」ってコメントきます。 メルカリは基本的には年齢制限がないので、学生さんも多いでしょう。 (商品によっては事務局側が年齢制限をかけているようです。 ) 値下げ、して欲しい気持ちはわかります…。 ぶたこ 購入者側も、もし値下げ交渉が成立したとしても油断できません。 メルカリはシステム上、買うのは早い者勝ちです。 値下げ交渉した本人が買う前に、誰かに買われることも、割とあります。 俗に言う、横取りです。 私も経験ありますが、出品者に文句言ってもどうしようもないです。 メルカリ自体がそういうルールなのでね。 横取りを避けるため「〇〇様専用」と商品名を変えてくれる出品者が多いですが、専用と書いても横取りされることはあるので、 もう仕方ないと諦めるしかないです。 最後に、 メルカリはユーザー数が多く、比較的売れやすいです。 売れやすいですが、ライバルも多いです。 新しい出品が上に表示されるシステムなので、商品によっては出品してもすぐに次の出品者が現れ、自分の商品はどんどん下に追いやられます。 メルカリでは24時間以内に売れる確率50%と言われてますが、24時間立っても売れないと、もう売れない確率が高いです。 商品によりますけど、売るためにはこまめに再出品しなくてはいけないことも。 再出品なんてコピペで簡単にできるので、売るためにも頑張りますけどね ぶたこ 購入者側も、後で買おうと「いいね」押しておくと、夜には売切れてることもあります。 買い逃しを考えると、決断を焦ることになります。 メルカリは、良くも悪くもスピーディーです。 ラクマの特徴とデメリット ラクマはメルカリに比べるとユーザー数が少なく、売るには努力が要ることもあります。 一方、 楽天経済圏の一部であり、楽天ユーザーひいきの設計になっているなぁとは思いますね。 出品する側のメリット• 販売手数料が3. 5%で安い• ラクマパックで匿名配送可• 楽天銀行使えば振込手数料無料• 購入前申請を使えば他サイトに同時出品できる 出品する側のデメリット• メルカリより売れにくい• 送料がメルカリ便より高め 購入する側のメリット• 楽天スーパーポイントが使える• 購入前申請を使えば横取りされない 購入する側のデメリット• 購入前申請があると時間がかかる• 運営の対応が悪い 補足説明しますね。 まずはメリットから。 販売手数料は3. 5%で、メルカリの10%より倍以上安いです。 あえてデメリットをあげるとすれば、暗算がしにくいってことですね。 ラクマパックは匿名配送ができます。 匿名配送になるのは、日本郵便と提携した配送サービスのみ。 郵便局かローソンに持ち込んで発送しなくてはいけません。 メルカリ便はクロネコヤマトでも匿名配送できますから、ファミリーマートやセブンイレブンも使えます。 私の場合は最寄りコンビニがローソンなので、ラクマの方が発送は楽ですが。 また、 ラクマ便はメルカリ便に比べると、送料が100円か200円くらい高くなることがあります。 それでも普通にゆうパックで送るよりは安くなるので、お得ではあります。 売上金は楽天銀行を振込口座に設定すれば、1万円以上から手数料無料です。 楽天キャッシュにチャージして、楽天ペイでの支払いに使うこともできます。 さらに、 楽天スーパーポイントを使って購入することもできます。 それも簡単に。 ラクマは楽天運営だけあって、楽天ユーザーには優しい設定になっていますね。 ていうか、ユーザーの楽天経済圏への囲い込みですよね? ぶたこ 購入申請は、ラクマだけのシステムです。 メルカリにはないです。 設定すれば 横取り防止とか、 悪い評価の人に売らないということもできます。 他サイトへの同時出品に使うこともできます。 あんまり、おすすめはできないやり方ですが。 一方、 取引のステップが増えるので、面倒といえば面倒くさいシステムです。 私は面倒くさいし売れにくくなるので、めったに使いません。 メリットでもあり、デメリットにもなるシステムです。 次に、デメリットについて。 ラクマはメルカリに比べると、売れにくいです。 ユーザー数が少ないので、購入者も少ないんです。 特に最初は女性専用アプリだったので、男性ユーザーが少ない。 18歳未満は登録できないので、スマホヘビーユーザーであろう学生が少ないのも特徴ですね。 メルカリのように、出品してすぐ売れるというより、じっくりお店に品物を並べてお客さんを待つイメージです。 賞味期限の短いものは、置いておけないですね。 季節商品とか、さっさと売りたいのものは引き際の見極めがいるなぁと思ってます。 ただ、ずっと使っていて、 前よりは売れるようになったと思います。 ラクマは現在1500万ダウンロード。 2015年春くらいのメルカリが流行り始めた時期が、同じく1500万ダウンロード突破だったはずです。 そう考えると、ラクマのユーザー数は意外と多いのかもしれないですね。 運営の対応が悪いっていうのは、違反商品を通報しても全く削除されないんですよね。 私は恥ずかしながら違反出品したこともあるんですけど(故意ではないです)、メルカリで即削除されたのに、ラクマは全く音沙汰なし。 試しに他の違反出品を通報してみましたが、1ヶ月経ってもありました。 まとめ メルカリの特徴• 販売手数料10%• 出金に振込手数料200円かかる• クロネコヤマトと日本郵便で匿名配送できる• メルカリ便は安い• ユーザー数が多い• 売れやすい• 商品が多いし安い• 値下げ交渉も多い• トラブルも多い• 運営の対応は早く厳しい ラクマの特徴• 販売手数料3. 楽天スーパーポイントが使える• 楽天銀行なら1万円以上から振込手数料無料• 匿名配送は日本郵便のみ• ラクマパックは配送料やや高め• ユーザー数がメルカリより少ない• メルカリより売れにくい• メルカリより商品が少ない• 購入前申請でトラブルは少なめかも• 運営の対応は亀 メルカリは売るのも買うのも早く、売れなきゃさっさと再出品を繰り返す感じです。 簡単でスピーディーですね。 ラクマは商品によっては工夫しないと売れないですが、手数料が少なく、購入申請システムで変な人に売らずに済みます。 楽天ポイントが使えるなど、買うのも売るのも楽天ユーザーにはメリットが多いです。 私はメルカリとラクマを併用して、使い分けています。 購入目的なら併用をおすすめします。 出品目的なら、どちらかにしぼったほうがいいと思います。 メルカリとラクマへの同時出品は、けっきょく管理がめんどうで、トラブルにもなりやすいです。 フリマアプリはスキマ時間を使えるのがいいところなので、自分が忙しくなりすぎるような使い方はしない方がいいと思います。 どっちも覗くだけなら登録しないでできますし、気軽にダウンロードしてみたらいいと思いますよ。 もしこれから、フリマアプリを始めてみたいと思ったら 招待コード: Euy0w 登録時に入力で、 100 ポイントもらえます。 ラクマは楽天会員登録必須です。 楽天会員でない方は先に会員登録して、会員サイトからポイントキャンペーンないかチェックしてください。 たぶん、何かしらのキャンペーンやってますから。 招待コード: MRECMN 登録時に入力で、500ポイントもらえます。

次の

メルカリで売れる値段のつけ方はコレ!3ステップで希望の金額に!

メルカリ 価格比較

メルカリを使うメリット メルカリを使うメリットは以下になります。 基本的に何でも売れる• 即決価格なので利益が計算しやすい• 手間がかからない• 月額利用料が無料 基本的に何でも売れる メルカリは 出品のハードルが低いため、 こんな物までも?というほど、 何でも売れます。 それこそ、公園に落ちてるような 松ぼっくりなども売れています。 おそらく、 学校の工作用や 飾り付けようで 需要があるのだと思います。 なぜこれが売れているのか?という需要の部分さえ 分かれば、何でも売ることができます。 評価やコメントなどの対応を見て、トラブルになりそうだなと思ったら取引をしないように気をつけましょう。 プレミア品 ブランド品 の相場が低い ヤフオクと比べると、 メルカリは客層が若年層寄りです。 ヤフオクは基本的に年齢層が高いので、 それに伴い 相場も高いのですが、 メルカリは若年層の利用者が多いこともあり あまりブランドの知識もなく、 低く設定している事があります。 これは、 出品側としてはデメリットですが、 仕入れる側としてはメリットにもなりますね。 これは楽に利用できる分、 仕方のないことかもしれませんね。 ヤフオクを使うメリット ヤフオクを使うメリットは、 以下の4つです。 例えば10000円の商品を出品するとします。 メルカリだと 手数料引いて 9000円の売り上げになります。 ヤフオクのだと 手数料引いて 9136円の売り上げになります。 差額は136円です。 ヤフオクの 月額利用料は498円なので、 40000円分売れば、 差額が544円になります。 ということは、 毎月 40000円 約37000円 分以上 売った場合に ヤフオクの方がお得 に利用出来ます。 ヤフオクで仕入れをする場合には、 ヤフーマネーが使えるので、 現金で売り上げを得るよりも お得になるかもしれませんね。 落札代金を早く受け取れる ヤフオクの換金スピードは圧倒的速さです。 メルカリの場合は振込スケジュールにそって 大体申請をしてから4〜10日ほどかかりますが、 ヤフオクは、 土日祝日を除き、 13時までに売り上げが確定されたら 翌日に登録した口座に振り込まれます。 逆に、ヤフオクを使うデメリットとは? ヤフオクには、 以下のようなデメリットがあります。 オークション形式で出品すると安く売れることもある• 月額利用料がかかる 比較表 ヤフオク メルカリ 出品形式 オークション形式 (フリマもあり) フリマ形式 月額利用料 498円(税込み) なし 販売手数料 8. 64% 10% 振込手数料 なし 210円 出品期間 あり なし 換金スピード 13時までの売上確定で翌日 申請後4~10日後 客層 年齢層高め 若年層多め 相場 ブランド品は高値で売れる 基本的に何でも売れるが 相場は低め 使いやすさ オークション形式は 超初心者には難しい 慣れるまで時間がかかる スマホからの利用なので 手軽に簡単に使える 操作も簡単シンプル このように比較してみると、 メルカリ、ヤフオクそれぞれに強みがあるので、 一概にはどちらを利用した方がいい! とは言いにくい部分があります。 1、ブランド品のショップ袋 ブランド品そのものではなく、 ショップ袋のみの出品です。 ヤフオク メルカリ ヤフオク価格: 480円 メルカリ価格: 3500円 こういった「こんなものまで?」 と思うような商品はやはりメルカリが強いです。 2、カメラレンズ 続いて、 マニアに価値が付きやすく、 素人だと値付けが甘くなるような商品です。 ヤフオク メルカリ ヤフオク価格: 22510円 メルカリ価格: 1234円 こちら、メルカリでは祖父から譲り受けたと 説明欄に記載がありました。 若年層が多いメルカリでは、 たまに、価値をよく知らない人が、 とんでもない破格で値付けしていることがあります。 こちらの動画の中でも、 激安で販売されたカメラが紹介されています。 特に カメラは素人には分からず 破格で販売される傾向にあります。 3、ブランドコスメ 最後に価格の 相場が分かりやすいブランド品です。 ヤフオク メルカリ ヤフオク価格: 4400円 メルカリ価格: 3600円 メルカリの方は プレゼント用に 綺麗に梱包された箱付きの新品で、 さらにサンプル品までついていますが、 値段ではヤフオクより安く売れています。 また、ブランドものの服も、 ヤフオクの方が高く売れる傾向にあります。 今回は メルカリとヤフオクの比較をしてみました。 メルカリとヤフオクどっちがいいの? というところについては、 どっちにもそれぞれの良さがあるので 良さを生かしながら 両方上手く使うのがいいです。 しかし、どちらも使いやすさや 売れやすさにはそこまで 大きな違いはないので、 使いやすい方を使ってみて、 売れ残ってるな〜と思うものがあれば、 もう一方に出品してみる というような使い方でもいいでしょう。 仕入れとして使う場合には、 仕入れ先は多いに越したことはないので 両方リサーチして下さい。 とくにメルカリは若年層寄りですので、 値付けも甘い傾向があります。 また、メルカリ以外に代表的な フリマアプリとして、 ラクマ(旧フリル)があります。 ラクマとメルカリの違いも、分かりにくいですよね。 そこで、 ラクマとメルカリの 違いを纏めみてました。 フリマアプリをよく使うあなたは、 コチラの記事も合わせて読んでみてください。

次の