川口 元郷 事故。 高畑 剛弁護士(弁護士法人 翠 川口事務所)

福本聡容疑者の顔画像がこちら!現場と勤務先判明で、事故原因が酷すぎる

川口 元郷 事故

福本聡容疑者が引き起こした事件の詳細 産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。 25日午後4時10分ごろ、埼玉県川口市元郷の市道交差点で、民間学童保育の送迎車が、道を横断していた川口市の小学3年、印南晴希君(9)の自転車をはねた。 印南君は頭や胸を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。 川口署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、送迎車のアルバイト、福本聡容疑者(74)=同市元郷=を現行犯逮捕した。 署によると、福本容疑者は「気付かなかった」と話している。 署は容疑を過失致死に切り替えて調べる。 送迎車はワゴン車で、後部座席に児童、添乗員が1人ずつ乗っていた。 同容疑者を含め、いずれもけがはなかった。 送迎車は学童保育に向かう途中だったとみられる。 印南君は友人宅へ向かっていたという。 現場の交差点に信号機はなく、署が詳しい事故原因を調べている。 出典: 福本聡容疑者について こちらが逮捕された福本聡容疑者のプロフィールです。 名前:福本聡(ふくもと さとし) 年齢:74歳 職業:学童保育送迎アルバイト 埼玉県川口市元郷 福本聡容疑者は、5日午後4時すぎ、学童保育の送迎のワゴン車を運転していた際、川口市元郷の信号機の無い十字路で、自転車に乗っていた小学3年生の印南晴希くんをはねた疑いで逮捕された人物です。 スポンサーリンク 福本聡容疑者の顔画像がこちら では、福本聡容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか? 報道機関の発表によれば、以下の様に福本聡容疑者の顔画像が公開されておりました。 出典: 一見すると、福本容疑者は優しいそうな年配男性という印象を持ちますが、小学3年生の未来ある若者の命を奪ってしまったのです。 スポンサーリンク 福本聡容疑者が事故を引き起こした現場がこちら では、福本聡容疑者が事故を引き起こしたとされる現場は一体どこだったのでしょうか? 報道機関の発表によれば、以下の様な場所であったということです。 出典: こちらを調査してみた結果、以下の様な場所であることが判明しました。 現場は、信号機の無い十字路でありますが、防火道路側は優先道路でありますので、車両は優先して通行することが可能です。 しかしながら、防火道路と交差をする道路は一時停止の標識があるため、必ず車両は一時停止をして左右の確認をしなければなりませんし、見通しもそこまで良い訳ではありませんから、事故が多発する交差点を見て間違いないでしょう。 福本聡容疑者の事故原因は何? では、福本聡容疑者の事故原因は一体なんだったのでしょうか? 報道機関の発表によれば、警察の調べに対して福本聡容疑者は「男の子に全く気がついていなかった」という趣旨の供述をしております。 後述しますが、福本容疑者が事故を引き起こした夕方の時間帯というのは、非常に事故が多く発生するのだそうで、被害男児に気がつかなったということも十分に考えられます。 もちろん、現場が見通しの悪い交差点であり、さらには信号機もないとなると急に飛び出してきたのかもしれませんが、福本聡容疑者の年齢が74歳と高齢であったために、気がつく速度や反射のスピードゴア鈍ってしたのかもしれません。 スポンサーリンク 福本聡容疑者が送迎をしてた学童施設について 福本聡容疑者でありますが、学童保育の送迎のワゴン車を運転していた際に事故を引き起こしておりますが、一体どこの学童保育所だったのでしょうか? NNNの映像には、その事故車両が掲載されており、そこから福本聡容疑者が送迎をしていた学童施設が判明しました。 出典: こちらの画像から、福本聡容疑者が送迎をしていたのは埼玉県川口市川口3-2-5 リブレ川口一番街5号棟201号にある「Kids Duo 川口」であることが判明しました。 Kids Duoとは、英語漬けの環境で児童を預かる、新しいタイプの学童保育であり、学年・多人数のクラスの中で社会性や協調性、そして何より大切とされるコミュニケーション力を磨きながら、海外の文化と日本の文化のそれぞれ良い部分を吸収し、真の国際感覚を持った人間育成を目指していることでも知られております。 福本聡容疑者が運転していたのはそんなKids Duoの川口校のスクールバスで、ボディが黄色でカラーリングされていることが特徴のスクールバスであります。 また、現場からKids Duoの川口校までおよそ2. 3kmの距離であり、以下の様なルートで送迎をしていたのではないかと推測されます。 スポンサーリンク 福本聡容疑者にはねられ死亡した印南晴希くんについて 福本聡容疑者が運転するスクールバスによってはねられてしまい、残念ながら亡くなってしまったのは小学校3年生の印南晴希(いんなみ はるき)くんという人物です。 現場周辺を自転車で走行していたということから、おそらくではありますが印南くんは川口市立元郷南小学校に通っていたのではないかと考えられます。 頭や胸を強く打っていて死亡したということですが、これは頭部が陥没し、欠損等で原型を留めておらず、治療不可能な状態のことさすニュースの隠語であり、ほぼ即死だったのではないかと考えられます。 亡くなった印南晴希くんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。 スポンサーリンク 福本聡容疑者が事故を引き起こした時間帯は、一番交通事故が多い 交通事故総合分析センターによれば、交通事故が発生する時間帯として一番多いのは夕方の16時〜18時前後なのだそうです。 出典: この原因としてあげられるのが、朝夕の出勤、帰宅の時間帯は車の通行量が多くなることがあげられますが、夕方は徐々に日が落ちていき、暗くなって視界が悪くなるのに加え、仕事で疲れていたり一日活動して脳がぼーっとしてしまっているため、注意力が散漫になってしまうことがあげられるといいます。 今回、事故を引き起こした福本聡容疑者もまさにこの時間帯である午後4時10頃に事故を起こしておりますから、夕方の交通事故の多さに巻き込まれてしまったといっても過言ではないでしょう。 スポンサーリンク 福本聡容疑者の事故から学べること 今回の事故で最も痛感したのが、高齢になって運転することが危険であるということと、免許の返納が大事であるということです。 福本聡容疑者はじめ、2019年は特に高齢者による交通事故が頻発しており、中でも被害者が今回の印南くんの様に小学生や幼稚園児、保育園児など未来ある若者であるケースがほとんであります。 高齢ドライバーによる事故の最たるものが、2019年4月に東京池袋で発生したプリウスの暴走事故であります。 これにより、高齢ドライバーによる免許の返納者が増えたというニュースもありましたが、今回もプライベートではなく、事業に従事している高齢ドライバーによって引き起こされてしまいました。 さらに、これが送迎中のバスの中に学童保育の生徒たちが乗っていたと思うとゾッとします。 高齢ドライバーの免許返納と、事故の危険性。 やはり、一刻も早く国も対策をしなければならないのではないでしょうか? 初めまして、 BrandNewSです。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

エルザタワー55

川口 元郷 事故

エルザタワー55 埼玉県の地図を表示 施設情報 所在地 〒332-0011 2丁目15-1 : 状態 完成 建設期間 10月 - 7月 用途 共同住宅 地上高 最頂部 塔屋2階 高さ 185. 8m 各種諸元 階数 地下1階 地上55階 敷地面積 18,551 建築面積 6,269 延床面積 75,820 構造形式 エレベーター数 7台 戸数 650戸 駐車台数 650台 関連企業 設計 東京一級建築士事務所 施工 竹中工務店・・共同企業体 デベロッパー 管理運営 エルザタワー55は2丁目15-1にある。 に川口工場の跡地に建設され、2004年ににが建設されるまでは住居としての建造物では日本最高 185. 8m であった(現在の順位はを参照)。 概要 [ ] 主演の映画『』(公開)以来、川口市はの街として知られ、エルザタワー55の立地する元郷地区周辺には鋳物工場が集積していた。 だが、次第に鋳物工場は新郷地区等への移転や廃業によって減少。 適地が続々と生まれていった。 、が元郷地区において、とりわけ広大だった日本ピストンリング川口工場跡地約5. 6ヘクタールを大規模総合開発を目的に買収。 翌年に超高層マンションやショッピングセンター等を整備する総事業費約540億円を投じた「ライオンズスクエア」をスタートさせる。 プロジェクトにおいて最初に分譲されたマンションである「エルザタワー55」は、地下1階、地上55階建て。 10月に着工し、7月に竣工した。 総戸数は650戸。 販売価格は最高で最上階55階・5LDKの1億7680万円。 平均価格4000万円台で「日本一」の金看板で即日完売した。 これまでの超高層住宅には、街がもつべき「コミュニティ形成に必要な場」が不足していたとして、設計を手掛けたがその反省を踏まえ、エルザタワー55では超高層住宅を垂直に広がる街として捉えた「立体コミュニティ」を提案した。 立体コミュニティは、120戸から180戸を一単位とした「近隣区」に住棟を分け、それを縦に積み重ねて構成する。 それぞれの近隣区に相当する階には、廊下の手摺などの色を塗り分けて識別できるようにした。 さらに近隣区ごとに「コミュニティコア」と呼ばれる用途を特化した共有施設を配置した。 1階のロビーには各種サービスを提供するフロント係を置き 、は型とし、吹き抜け空間に躍動感を与え、シースルーエレベーターにすることで住人の目が届きやすいようにした。 建物の足元には中高木約1000本、低木1万2000株を植え、シンボル広場、森のリビング、わんぱく広場等を設けた。 また建物外周には修景池を整備。 この池は住棟からの落下物で人がケガをしないよう、建物下に人を近づけない役目も持たせた。 大規模修繕工事 [ ] 建設から15年以上が経過した頃から、が議論を始め、設備の劣化が進んでおり修繕が必要と判断し、の子会社、シミズ・ビルライフケアを施工業者に選定。 3月から修繕に着手し、外壁の塗装、の防水工事のほか、ビル外壁の継ぎ目や隙間を埋める材の打ち替えなどを約2年かけ行った。 工事費約12億円は全額をで賄った。 構造 [ ] 1階はアトリウムロビー、2階は駐輪場で、3階より上のフロアが住居となる。 居住者の交流の場として、またサークル活動の場として10階、20階、29階、36階、43階、55階に以下のコミュニティコアが設けられている。 10階 - キッズライブラリー• 20階 - クラフトルーム• 29階 - 和室サロン• 36階 - スカイスタジオ• 43階 - ゲストルーム• 55階 - スカイラウンジ 7台のエレベーターのうち6台はシースルーエレベーターであり、11人乗りの高速エレベーターがそれぞれの階層に2台ずつ設置されている。 残りの1台は非常用エレベーターである。 エレベーターの乗り換え階である29階と43階は、居住者の憩いの場としてタウンプラザが設けられている。 周辺 [ ] 近接して商業施設棟「ライオンズスクエア川口」(川口エルザタワー店・川口元郷店などが入る)が整備され 、保育園(レオ保育園)・医療施設(川口第一クリニック)が誘致されたほか、1月には(地下1階、地上32階、389戸)が竣工した。 ほかに、川口市に敷地の一部を学校建設用地として提供した(2011年4月が新築移転)。 立地 [ ] エルザタワー55がある南平地区、元郷は東京都との境であるから程近く、、に近い。 また2001年に国道122号の地下にが開通し、最寄り駅はである。 川口駅からは「元郷・エルザタワー循環」という系統のバスが運行されている。 交通 [ ]• から徒歩6分• から徒歩18分• (川24) エルザタワー前停留所 脚注 [ ]• 杉林秀夫, 鈴木清丈, 小黒卓「」『コンクリート工学』第36巻第2号、、1998年2月、 27-31頁、 :、。 『近代建築』2002年3月号 94頁• 『日経アーキテクチュア』1998年11月30日号 68頁• 『日経アーキテクチュア』1998年11月23日号 63 - 64頁• 「55階建て本格修繕 川口のマンション 12億円 積立金で 工法や費用負担 先進事例」『日本経済新聞』地方経済面 埼玉 2015年6月12日• シミズ・ビルライフケア. 2019年11月23日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 「特集 役立つ住宅情報 高さ日本一!55階建て 川口に総合開発型マンション」『毎日新聞』1998年7月16日 関連項目 [ ]• - 当マンションを舞台(東京都内の設定)とした 外部リンク [ ]• - 大京穴吹不動産• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

交通事故対応の川口市の病院・整形外科

川口 元郷 事故

福本聡容疑者が引き起こした事件の詳細 産経ニュースほか、メディア各局が以下の様なニュースを報じ、話題となっています。 25日午後4時10分ごろ、埼玉県川口市元郷の市道交差点で、民間学童保育の送迎車が、道を横断していた川口市の小学3年、印南晴希君(9)の自転車をはねた。 印南君は頭や胸を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。 川口署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、送迎車のアルバイト、福本聡容疑者(74)=同市元郷=を現行犯逮捕した。 署によると、福本容疑者は「気付かなかった」と話している。 署は容疑を過失致死に切り替えて調べる。 送迎車はワゴン車で、後部座席に児童、添乗員が1人ずつ乗っていた。 同容疑者を含め、いずれもけがはなかった。 送迎車は学童保育に向かう途中だったとみられる。 印南君は友人宅へ向かっていたという。 現場の交差点に信号機はなく、署が詳しい事故原因を調べている。 出典: 福本聡容疑者について こちらが逮捕された福本聡容疑者のプロフィールです。 名前:福本聡(ふくもと さとし) 年齢:74歳 職業:学童保育送迎アルバイト 埼玉県川口市元郷 福本聡容疑者は、5日午後4時すぎ、学童保育の送迎のワゴン車を運転していた際、川口市元郷の信号機の無い十字路で、自転車に乗っていた小学3年生の印南晴希くんをはねた疑いで逮捕された人物です。 スポンサーリンク 福本聡容疑者の顔画像がこちら では、福本聡容疑者の顔画像などは公開されているのでしょうか? 報道機関の発表によれば、以下の様に福本聡容疑者の顔画像が公開されておりました。 出典: 一見すると、福本容疑者は優しいそうな年配男性という印象を持ちますが、小学3年生の未来ある若者の命を奪ってしまったのです。 スポンサーリンク 福本聡容疑者が事故を引き起こした現場がこちら では、福本聡容疑者が事故を引き起こしたとされる現場は一体どこだったのでしょうか? 報道機関の発表によれば、以下の様な場所であったということです。 出典: こちらを調査してみた結果、以下の様な場所であることが判明しました。 現場は、信号機の無い十字路でありますが、防火道路側は優先道路でありますので、車両は優先して通行することが可能です。 しかしながら、防火道路と交差をする道路は一時停止の標識があるため、必ず車両は一時停止をして左右の確認をしなければなりませんし、見通しもそこまで良い訳ではありませんから、事故が多発する交差点を見て間違いないでしょう。 福本聡容疑者の事故原因は何? では、福本聡容疑者の事故原因は一体なんだったのでしょうか? 報道機関の発表によれば、警察の調べに対して福本聡容疑者は「男の子に全く気がついていなかった」という趣旨の供述をしております。 後述しますが、福本容疑者が事故を引き起こした夕方の時間帯というのは、非常に事故が多く発生するのだそうで、被害男児に気がつかなったということも十分に考えられます。 もちろん、現場が見通しの悪い交差点であり、さらには信号機もないとなると急に飛び出してきたのかもしれませんが、福本聡容疑者の年齢が74歳と高齢であったために、気がつく速度や反射のスピードゴア鈍ってしたのかもしれません。 スポンサーリンク 福本聡容疑者が送迎をしてた学童施設について 福本聡容疑者でありますが、学童保育の送迎のワゴン車を運転していた際に事故を引き起こしておりますが、一体どこの学童保育所だったのでしょうか? NNNの映像には、その事故車両が掲載されており、そこから福本聡容疑者が送迎をしていた学童施設が判明しました。 出典: こちらの画像から、福本聡容疑者が送迎をしていたのは埼玉県川口市川口3-2-5 リブレ川口一番街5号棟201号にある「Kids Duo 川口」であることが判明しました。 Kids Duoとは、英語漬けの環境で児童を預かる、新しいタイプの学童保育であり、学年・多人数のクラスの中で社会性や協調性、そして何より大切とされるコミュニケーション力を磨きながら、海外の文化と日本の文化のそれぞれ良い部分を吸収し、真の国際感覚を持った人間育成を目指していることでも知られております。 福本聡容疑者が運転していたのはそんなKids Duoの川口校のスクールバスで、ボディが黄色でカラーリングされていることが特徴のスクールバスであります。 また、現場からKids Duoの川口校までおよそ2. 3kmの距離であり、以下の様なルートで送迎をしていたのではないかと推測されます。 スポンサーリンク 福本聡容疑者にはねられ死亡した印南晴希くんについて 福本聡容疑者が運転するスクールバスによってはねられてしまい、残念ながら亡くなってしまったのは小学校3年生の印南晴希(いんなみ はるき)くんという人物です。 現場周辺を自転車で走行していたということから、おそらくではありますが印南くんは川口市立元郷南小学校に通っていたのではないかと考えられます。 頭や胸を強く打っていて死亡したということですが、これは頭部が陥没し、欠損等で原型を留めておらず、治療不可能な状態のことさすニュースの隠語であり、ほぼ即死だったのではないかと考えられます。 亡くなった印南晴希くんには心よりご冥福をお祈り申し上げます。 スポンサーリンク 福本聡容疑者が事故を引き起こした時間帯は、一番交通事故が多い 交通事故総合分析センターによれば、交通事故が発生する時間帯として一番多いのは夕方の16時〜18時前後なのだそうです。 出典: この原因としてあげられるのが、朝夕の出勤、帰宅の時間帯は車の通行量が多くなることがあげられますが、夕方は徐々に日が落ちていき、暗くなって視界が悪くなるのに加え、仕事で疲れていたり一日活動して脳がぼーっとしてしまっているため、注意力が散漫になってしまうことがあげられるといいます。 今回、事故を引き起こした福本聡容疑者もまさにこの時間帯である午後4時10頃に事故を起こしておりますから、夕方の交通事故の多さに巻き込まれてしまったといっても過言ではないでしょう。 スポンサーリンク 福本聡容疑者の事故から学べること 今回の事故で最も痛感したのが、高齢になって運転することが危険であるということと、免許の返納が大事であるということです。 福本聡容疑者はじめ、2019年は特に高齢者による交通事故が頻発しており、中でも被害者が今回の印南くんの様に小学生や幼稚園児、保育園児など未来ある若者であるケースがほとんであります。 高齢ドライバーによる事故の最たるものが、2019年4月に東京池袋で発生したプリウスの暴走事故であります。 これにより、高齢ドライバーによる免許の返納者が増えたというニュースもありましたが、今回もプライベートではなく、事業に従事している高齢ドライバーによって引き起こされてしまいました。 さらに、これが送迎中のバスの中に学童保育の生徒たちが乗っていたと思うとゾッとします。 高齢ドライバーの免許返納と、事故の危険性。 やはり、一刻も早く国も対策をしなければならないのではないでしょうか? 初めまして、 BrandNewSです。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の