中国 ダム 決壊。 【マジやばいぞ】中国・三峡ダム 上流の四川省豪雨でダム決壊寸前? 決壊だと武漢市、上海市等下流域で6億人死亡 日本も漁業や難民問題で影響必至: 今この時&あの日あの時

三峡ダム

中国 ダム 決壊

んちゃ。 梅雨に入ってから、連日の雨。 んも〜、身も心も腐っちゃうよぉ〜。 しかし。 中国ではもっと大変な事態になっているようで。 以前に三峡ダムがそろそろ決壊するのではないかという記事を書きました。 その三峡ダムが 大ピーンチ!! なようですよ。 中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる 6月に入ってから、中国各地で集中豪雨による大規模な洪水が発生した。 中国当局の15日の発表では、国内24の省で850万人が被災した。 17日早朝、中国の三峡ダムの上流にある四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴県の発電所の施設と周辺の村が洪水で流された。 三峡ダム決壊への懸念が再燃した。 中国メディアの報道によると、6月16日以降、中国南部、中部と西南部で豪雨が24時間にわたって継続的に降り続いた。 17日、四川省の丹巴県内で13カ所以上で土砂崩れや地すべりが確認された。 県内の発電量2000キロワットの梅龍発電所と発電量3200キロワットの阿娘溝発電所が、土石流によって崩壊し、一部の村が飲み込まれた。 梅龍発電所の地元である梅龍溝では、大規模な堰止湖が発生した。 中国メディア「天気網」によると、堰止湖の容量は1234万立法メートルだ。 中国国内ネット上で、 四川省などの水害で各地の小型ダムが決壊すれば、湖北省宜昌市にある三峡ダムは崩壊する可能性があるとの心配の声が上がった。 17日、中国人ネットユーザーは海外ツイッターで、「宜昌市より(長江の)下流にいる市民、早く逃げなさい」との国内専門家の警告を相次いで転載した。 この専門家は、中国建築科学研究院の研究員である黄小坤氏だ。 同氏は、SNS微信のグループチャットで警告を書き込んだ。 三峡ダムに詳しい中国人の水利専門家、王維洛氏は大紀元の取材に対して、 「 三峡ダムが崩壊すれば、(長江の中下流にある)宜昌市や湖南省岳陽市から、長江の入り江に位置する上海市まで、甚大な被害をもたらす」と強く懸念した。 王氏は「峡谷(三峡)が形成されたのは、この地域の地盤が弱いからだ」と述べ、同地域の住民も土砂災害に見舞われるリスクが大きいとの見方を示した。 同氏によると、三峡ダムの建設に伴い、多くの住民が新しい町へ立ち退かされた。 新しい団地の大半は、山の斜面や山の上に建てられており、耐震補強工事が施されていないうえ、今は土石流に飲み込まれる恐れがある。 王氏が得た情報では、 国内9万8000基のダムの4割が「安全ではない」という。 引用元: しかも。 すでに洪水の影響から、農作物は壊滅的被害。 中国北部には穀倉地帯があるのですが、そこにはバッタ襲来で、バッタの幼虫が大量発生。 農作物に多大な被害を及ぼしているそう。 ということは。 中国は食糧不足に陥る可能性はほぼ確実ということでしょう。 これで三峡ダムが決壊となれば、 中国終了 ということになってしまうのかも。 こうなってしまったら、日本も他人事ではない。 なんだかんだで、いまだに日本は中国依存が激しい。 様々な生活用品が中国製品だったりするわけですからねぇ。 中国がダメになってしまうと、日本も生活用品をはじめ、様々なところで物資不足に陥る可能性が・・。 日本の政治家は親中な人がけっこういますしね。 経団連なんて、思いっきり親中ですからね。 いまだに中国、中国なんて言いやがって。 さっさと中国から撤退しないと、日本人が困ることになるわ。 それにしても中国。 ホント、余計なもの作っちゃったわなぁ〜。 三峡ダムができた当初は、 1万年に1度の大洪水でも耐えうるダム と、豪語していたのですがね。 それが 1000年に1度の大洪水でも耐えうるダム。 そして今は、 100年に1度の大洪水でも耐えうるダム。 それが。 10年ちょっとしか耐えられなかったダム・・ な〜んてことにならないと良いのですけどね。

次の

中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる (2020年6月22日)

中国 ダム 決壊

んちゃ。 梅雨に入ってから、連日の雨。 んも〜、身も心も腐っちゃうよぉ〜。 しかし。 中国ではもっと大変な事態になっているようで。 以前に三峡ダムがそろそろ決壊するのではないかという記事を書きました。 その三峡ダムが 大ピーンチ!! なようですよ。 中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる 6月に入ってから、中国各地で集中豪雨による大規模な洪水が発生した。 中国当局の15日の発表では、国内24の省で850万人が被災した。 17日早朝、中国の三峡ダムの上流にある四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴県の発電所の施設と周辺の村が洪水で流された。 三峡ダム決壊への懸念が再燃した。 中国メディアの報道によると、6月16日以降、中国南部、中部と西南部で豪雨が24時間にわたって継続的に降り続いた。 17日、四川省の丹巴県内で13カ所以上で土砂崩れや地すべりが確認された。 県内の発電量2000キロワットの梅龍発電所と発電量3200キロワットの阿娘溝発電所が、土石流によって崩壊し、一部の村が飲み込まれた。 梅龍発電所の地元である梅龍溝では、大規模な堰止湖が発生した。 中国メディア「天気網」によると、堰止湖の容量は1234万立法メートルだ。 中国国内ネット上で、 四川省などの水害で各地の小型ダムが決壊すれば、湖北省宜昌市にある三峡ダムは崩壊する可能性があるとの心配の声が上がった。 17日、中国人ネットユーザーは海外ツイッターで、「宜昌市より(長江の)下流にいる市民、早く逃げなさい」との国内専門家の警告を相次いで転載した。 この専門家は、中国建築科学研究院の研究員である黄小坤氏だ。 同氏は、SNS微信のグループチャットで警告を書き込んだ。 三峡ダムに詳しい中国人の水利専門家、王維洛氏は大紀元の取材に対して、 「 三峡ダムが崩壊すれば、(長江の中下流にある)宜昌市や湖南省岳陽市から、長江の入り江に位置する上海市まで、甚大な被害をもたらす」と強く懸念した。 王氏は「峡谷(三峡)が形成されたのは、この地域の地盤が弱いからだ」と述べ、同地域の住民も土砂災害に見舞われるリスクが大きいとの見方を示した。 同氏によると、三峡ダムの建設に伴い、多くの住民が新しい町へ立ち退かされた。 新しい団地の大半は、山の斜面や山の上に建てられており、耐震補強工事が施されていないうえ、今は土石流に飲み込まれる恐れがある。 王氏が得た情報では、 国内9万8000基のダムの4割が「安全ではない」という。 引用元: しかも。 すでに洪水の影響から、農作物は壊滅的被害。 中国北部には穀倉地帯があるのですが、そこにはバッタ襲来で、バッタの幼虫が大量発生。 農作物に多大な被害を及ぼしているそう。 ということは。 中国は食糧不足に陥る可能性はほぼ確実ということでしょう。 これで三峡ダムが決壊となれば、 中国終了 ということになってしまうのかも。 こうなってしまったら、日本も他人事ではない。 なんだかんだで、いまだに日本は中国依存が激しい。 様々な生活用品が中国製品だったりするわけですからねぇ。 中国がダメになってしまうと、日本も生活用品をはじめ、様々なところで物資不足に陥る可能性が・・。 日本の政治家は親中な人がけっこういますしね。 経団連なんて、思いっきり親中ですからね。 いまだに中国、中国なんて言いやがって。 さっさと中国から撤退しないと、日本人が困ることになるわ。 それにしても中国。 ホント、余計なもの作っちゃったわなぁ〜。 三峡ダムができた当初は、 1万年に1度の大洪水でも耐えうるダム と、豪語していたのですがね。 それが 1000年に1度の大洪水でも耐えうるダム。 そして今は、 100年に1度の大洪水でも耐えうるダム。 それが。 10年ちょっとしか耐えられなかったダム・・ な〜んてことにならないと良いのですけどね。

次の

中国・三峡ダム:決壊への懸念が高まる、24の省で大規模な洪水…水利部次官「洪水が、今年のブラックスワン(予想外の出来事)に」 -大紀元

中国 ダム 決壊

湖北省の問題 画像引用:ユーチューブ:かずてんこもりチャンネル 湖北省には、武漢風邪で世界に新型コロナウイルスを広めた武漢市があります。 ここには世界最高基準のP4病毒研究所があります。 噂では、生物兵器を製造していたとも言われていました。 事故で漏れ出したのか、恋に撒き散らしたのかわかりません。 証拠隠滅のために、その研究所を爆破したという噂もあります。 このウイルスで死者の数が、1290 人と報告されています。 あまりにも低い数字の報告ではないかと疑われています。 1800万人が亡くなったとか、骨壺が5000個用意されているとか、様々な情報が飛び交っています。 中国政府の本当の情報が届いていません。 湖北省には、武漢風邪以外に大きな問題を抱えています。 それは、世界最大の三峡ダムです。 このダムが崩壊寸前だというのです。 三峡ダム 湖北省には、世界最大の三峡ダムがあります。 このダムは中国政府が100年の体系として、鳴り物入りで建設したものです。 とてつもなく巨大で、世界最大のアダムです。 ダム湖の長さは、約570キロにも及びます。 東京、大阪間の距離が直線で約400キロぐらいです。 それ以上の長さになります。 三峡ダム2009年に完成しました。 実は、数年前からダムの基礎部分が変形してきているということが言われ始めていました。 三峡ダムは2009年の完成前の段階の調査において、ダムの構造物、防水壁に、なんと約1万カ所の亀裂が発見されたのです。 また、5200カ所以上で、地盤の変形が発見されています。 ダムは、人造地震を起こします。 これだけの負荷がかけられているのですから、当然、周囲では、人工地震が頻発しているに違いありません。 これだけ巨大な人間の構造物ですから、水圧に耐えかねて、いずれ、破壊されてしまうことは誰にでもわかることだと思います。 このダムに関して、中国政府は、一大国家プロジェクトでした。 三峡ダムは、1000年保つと言われていました。 ところが、その後、1000年保つと言われていたのが、100年保つと発言が非常に弱気になってきています。 三峡ダムの危険性 この三峡ダムの危険性について、警鐘を鳴らしていた方がいます。 精華大学の黄万里教授です。 この黄万里教授は、「水利事業の良心」とも呼ばれる有名な方でした。 既にお亡くなりになっています。 生前、黄万里教授は、ダム建設計画が出た当初、中国政府に対して6度も建設反対の上申書を提出していました。 しかし、これらの上申書は全て無視されて結局、ダムは建設されてしまいました。 その後も、黄万里教授はもし、ダムを建設した場合には10年保たないだろうと警告しています。 黄万里教授が、亡くなられる直前に、病床から家族に対して、「三峡ダムを見守り続けるように、もし立ち行かなくなったら、破壊するより方法はない」と遺言を残されております。 いつ決壊してもおかしくない 昨年2019年でこのダム建設から丸10年が経ちました。 この黄万里教授の訴えが正しかったとしたら、世界最大のダム、三峡ダムは、いつ決壊してもおかしくない状況です。 では、もし実際にこの三峡ダムが決壊した場合、どのような事が起こるでしょうか。 長江流域一帯が洪水になります。 この洪水によって数千万人の方が、犠牲になるだろうと試算されているのです。 さらには、上海の都市機能も麻痺するか、または、年全体がのみ込まれてしまうだろうとも言われています。 そしてさらに、このダムに貯められている水には、三峡ダムのさらに上流にある都市の工業廃水、そして生活排水が多く流れ込んでいるとに言われています。 ダムが決壊した場合には非常に衛生環境も、悪化するだろうと言われています。 この衛生環境の悪化によって、下手すれば、新たな病気の蔓延が起こるかもしれません。 参考文献:ユーチューブ:暴動発生!世界最大のダム崩壊!?今湖北省がヤバイ。 まとめ 中国政府が100年の体系として、鳴り物入りで建設した 三峡ダムの危険性について、警鐘を鳴らしていた 世界最大のダム、三峡ダムは、いつ決壊してもおかしくない状況 Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の