健康 経営 優良 法人。 ホワイト500とは?健康経営優良法人2020の評価ポイントと認定基準

健康経営優良法人のメリットとは?【2019年12月最新/事例あり】

健康 経営 優良 法人

ホワイト500は、健康経営を目指す企業の本気度を示す この健康経営優良法人認定制度は、次世代ヘルスケア産業協議会と日本健康会議(健康寿命延伸と適正な医療のために、民間が中心となって組織した活動体)が連携して実施します。 日本健康会議の「健康なまち 職場づくり宣言2020」の中の宣言4、「健康組合等保険者と連携して健康経営に取り組む企業を500社以上とする」。 同様に、宣言5、「協会けんぼ等保険者のサポートを得て健康宣言等に取り組む企業を一万社以上とする」、という目標達成のための具体的な取り組みでもあります。 大規模法人部門は「 ホワイト500」と名付けられ、2020年までに認定企業500法人以上を目指しています。 一方で、中小規模法人部門は、保険者が進める「健康宣言」に取り組んでいる企業の中から認定していくことになります。 健康経営優良法人認定制度には「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」がある(経産省サイトより) 2017年・2018年の「健康経営優良法人」認定企業は? 初回となる2017年度の認定法人は、• 大規模法人部門(ホワイ卜500)は235法人• 中小規模法人部門は95法人 が認定されました。 2回めとなる2018年には、• 大規模法人部門541法人• 中小規模法人部門775法人 が認定され、「ホワイト500」は「500法人認定」という目標を早くも達成しています。 特筆すべきは中小企業部門の認定数の急増で、企業規模の大小を問わず、健康経営への注目度が急速に高まっていることを裏付ける結果となりました。 健康経営優良法人「ホワイト500」ロゴ 認定企業は、健康経営優良法人のロゴマークを名刺や看板などに自由に付けることができ、中小企業などであれば、こうしたロゴを使うことで、新卒採用イベントのブースなどでも、大いにアピールできます。 「健康経営優良法人認定制度」、各部門の基準とは? 大規模法人部門の条件は、以下の通りです。 1 製造業その他:301人以上• 2 卸売業:101人以上• 3 小売業:51人以上• 業種については、「医療法人」を除き、中小企業基本法上の類型に基づきます。 中小規模法人部門の条件は、以下の通りです。 1 製造業その他:300人以下• 2 卸売業:100人以下• 3 小売業:50人以下• 4 医療法人・サービス業:100人以下の法人 「健康経営優良法人認定制度」の申請方法は? 申請することで、自社の取組み状況の確認にもなる 大企業対象の「ホワイト500」への第一ステップは、 「健康経営度調査」に回答することです。 これは、経済産業省が実施するアンケート調査で、従業員の健康管理に関する取り組みや成果を把握するために行われます。 企業は約80問からなる設問に回答することで、「ホワイト500」認定申請の資格が得られます。 逆にいえば、この調査に回答していない企業は申請すらできません。 注意すべきは、 企業単独では申請できない点です。 「ホワイト500」は、 健康保険組合などの保険者と連携した健康経営への取り組みが前提となっています。 したがって、企業と保険者の連名で申請することが必須です。 健康経営度調査は実施期間が決まっており、2017年度は9月から実施されました。 2018年度の詳細は、決定次第発表される予定です。 中小規模法人部門は、「健康宣言」をした企業のうち、一定の基準を満たした法人を健康経営優良法人として認定します。 こちらは、健康経営度調査への回答は前提ではありません。 代わりに、申請書内容を協会けんぼなどがチェックして申請します。 中小規模法人も健康経営度調査への回答はできます。 提出した企業には、結果サマリー(フィードバックシート)が送付されます。 これには健康経営への取り組み状況がコンパクトにまとまっており、他社と比較した時の自社の取り組み状況が一目でわかるので、その後の取り組みに生かすことができます。 参考: 「健康経営優良法人認定制度」の選定基準は? 健康経営優良法人認定制度の認定基準は、• 1.経営理念(経営者の自覚)• 2.組織体制• 3.制度・施策実行• 評価・改善• 5.法令遵守・リスクマネジメント の5つのフレームワークがあり、それぞれの具体的な評価項目に洽って審査されます。 たとえば、「1.経営理念の評価項目」には、中小規模法人部門の場合「健康宣言の社内外への発信及び経営者自身の健診受診」とあります。 それだけ経営者には本気でやってほしいということです。 また、特に重要な「3.制度・施策実行」のカテゴリーにおいては、中小規模法人の方がクリアすべき項目数が少なく、中小企業の実情に配慮するとともに、企業独白の取り組みが評価されやすくなっています。

次の

「健康経営優良法人2020」認定法人が認定されました! (METI/経済産業省)

健康 経営 優良 法人

健康経営優良法人とは? 健康経営優良法人は、2017年度からはじまった新しい制度で、行政からの全面支援のもと活動をおこなうが認定する法人です。 また健康経営とは「社員の健康管理を経営投資として捉える考え方」を指し、とくに優良な健康経営をおこなっている企業・法人を健康経営優良法人と呼びます。 また、健康経営優良法人は「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」の2つに分類されます。 前者は別名「ホワイト500」とも呼ばれています。 以上の条件を満たしていれば、アルバイトやパートでも該当します。 【関連】 大規模法人部門の従業員数は? 企業や職場においてチームワークが重要視される理由はいくつかあります。 なかでも代表的なものは、下記の3つです。 製造業:301人〜 医療法人・サービス業:101人〜 卸売業:101人〜 小売業:51人〜 中規模法人部門の従業員数は? 製造業:1〜300人以下 医療法人・サービス業:1〜100人以下 卸売業:1〜100人以下 小売業:1〜50人以下 健康経営優良法人は「国のお墨付き」といえる 健康経営優良法人の認定を取得すると「認定マーク」が付与されます。 このマークは自社製品やホームページ、求人広告にも掲載することが可能で、「国の認定を受けた企業」として世間に知ってもらえます。 また、社員をはじめ関係企業、求職者、銀行などの金融機関からも好印象をもってもらえるでしょう。 もちろん、認定を受けるためには複数の認定基準を満たさなければなりません。 詳しい基準はのちほど解説します。 健康経営優良法人の5つのメリット 健康経営優良法人の認定には、一体どのようなメリットがあるのでしょう。 ここでは、代表的な5つのメリットをご紹介します。 企業イメージが向上する 1つ目は「企業イメージの向上」です。 自社が健康経営優良法人として認められているということは、「社員を大切にしている」「社会的に信頼できる」ことの根拠になります。 社員、その家族、取引先の企業、さらには就活生など、多くの人からの評価につながるのです。 また、「ブラック企業問題」が叫ばれている今だからこそ、健康経営優良法人を取得しておくことで、より強固なブランディングが可能となるでしょう。 低金利で融資を受けられる 2つ目に挙げられるのが「低金利で融資を受けられる」ことです。 健康経営優良法人として認められると、大手銀行や地方銀行・信用金庫といった金融機関からの信頼も獲得できます。 金融機関側は「この企業になら安心してお金を貸せる」と考えるため、低金利での融資を受けられる可能性が高まります。 さらなる事業拡大を目指す企業であれば、金融機関からの融資は必要不可欠。 スムーズに融資を受けるためにも、健康経営優良法人は取得しておくべきでしょう。 人材確保につながる 3つ目が「人材確保につながる」という点です。 現代の日本においては少子高齢化が加速。 雇用においては「売り手市場」が続いています。 今まで以上に採用のハードルが高くなっており、若い世代は報酬よりも「仕事へのやりがい」「労働環境」を重要視する傾向にあります。 そこで、健康経営優良法人の取得によって「社員の健康を第一に考えています」ということを証明できます。 そうすると、新たな人材確保にも役立つ上に、会社から離れていく既存社員も減少することでしょう。 社員のパフォーマンスが上がる 4つ目が「社員のパフォーマンス向上」です。 健康経営優良法人に認定されると、世間からの評価も高くなります。 「社員の健康を第一に考えている会社」として認知されるため、社員にも安心感を与えることができるのです。 社員としても、「この会社にもっと貢献したい」と考えるため、一人ひとりのパフォーマンスも高まります。 また、経済産業省のをご覧ください。 【引用】 この図によると、「メンタル」それから「睡眠」による損失額が大きくなっています。 長時間労働・ストレスを感じる労働環境のもとでは、社員のパフォーマンスを下げ、会社にとっても不利益をもたらしてしまうのです。 社員のパフォーマンスを上げるためにも、健康経営への取り組みは重要といえるでしょう。 業績向上につながる 健康経営優良法人に認められることは、会社の業績向上にもつながるでしょう。 そもそも、会社に利益をもたらしてくれるのは「一人ひとりの社員」に他なりません。 健康経営は、そういった「企業における原動力」に注目した経営手法ともいえるのです。 社員の健康を第一に考えた施策をおこなっていれば、自然と社員のパフォーマンスが向上します。 そうすると社員は「より良い商品・サービスを生み出したい」と思うようになり、会社への貢献度もいっそう高くなるのです。 会社全体のパフォーマンスも上がり、業績も向上することでしょう。 健康経営優良法人の5つの認定基準 健康経営優良法人として認められるには、「5つの認定基準」をクリアする必要があります。 それらの基準について詳しく見ていきましょう。 経営理念・方針• 組織体制• 制度・施策実行• 評価・改善• 法令遵守・リスクマネジメント 1. 経営理念・方針 社員への健康管理をしっかりとおこなう旨を「経営理念」として明文化する必要があります。 「健康宣言を社内外に発信しているか?」「経営者自身が健診を受けているか?」なども認定要件となります。 大規模法人・中小規模法人ともに必須です。 組織体制 会社が保有しているすべての店舗・工場に「健康管理の担当者」をつけることが必要となります。 担当者の兼務は認められないため、場所ごとに別の担当者を設置することが求められます。 大規模法人・中小規模法人ともに必須です。 制度・施策実行 健康経営をおこなう上で重要な、以下の「14の施策」において、一定条件を満たす必要があります。 1:定期健診の受診率(100%) 2:受診の推奨 3:ストレスチェックの実施 4:健康増進・過重労働防止の計画 5:管理職・一般社員に対する教育機関の設置 6:適切なワークライフバランス実現への取り組み 7:コミュニケーション促進への取り組み 8:保健指導の実施 9:食生活改善への取り組み 10:運動機会の増進への取り組み 11:受動喫煙への対策 12:感染症予防への取り組み 13:長時間労働者への対応に関する取り組み 14:不調者への対応に関する取り組み 大規模法人・中小規模法人によって、満たすべき条件の数は異なります。 詳しくは、をご覧ください。 評価・改善 40歳以上の社員の健康診断データを用意し、提出する必要があります。 (必要に応じて) 5. 法令遵守・リスクマネジメント 社員の健康管理に関連する法令について、重大な違反をしていないことを申告する必要があります。 大規模法人・中小規模法人ともに必須です。 【事例紹介】健康経営事例2選 続いて、健康経営の取り組み事例を見ていきましょう。 ここでは、数ある中から2つの事例をピックアップしています。 【事例1】株式会社サカタ製作所 株式会社サカタ製作所は、公共産業用建造物の「金属屋根」に使われる金具の生産をおこなうメーカーです。 健康経営に関しては、「社員が輝く組織づくり・人づくり」をモットーに、健康に関するさまざまな取り組みをおこなっています。 【具体的な取り組み内容】• バランスボールの利用を呼びかけることで、「やる気があるけど運動のキッカケがない」という社員の運動機会を設けた• 味噌汁の塩分量をはかりながら試飲する社内イベントを開催した• 1日に必要な野菜を実際に盛りつけて確認する「野菜プラスランチ」を実施した• タバコをやめたいけどやめられない社員向けに「禁煙チャレンジ」を実施した• 社員のパフォーマンスを上げるために、昼寝スペースを改善した• おろそかにしがちな「歯の健康」に関心をもってもらうべく、社内で「歯科健診」を実施した これらの取り組みによって、社員自身に運動する習慣がつき、食生活にも気を配るようになったといいます。 また、禁煙チャレンジによってタバコをやめられた社員もいたそうです。 また、以上の取り組みを、短期的ではなく中長期的な目線で取り入れたことで、社員の満足度やパフォーマンスも上がったといいます。 【参考】 【事例2】株式会社ローソン 株式会社ローソンは、ご存知のように全国のコンビニチェーン「ローソン」を展開する会社です。 2005年より健康経営にも力を入れており、社員自身の健康管理はもちろん、その家族の健康づくりにも注力しています。 健康増進の土台づくりとなる施策も多数。 【具体的な取り組み内容】• 健康診断未受診の場合、賞与を15%カットする「ディスインセンティブ制度」の導入により、健康診断受診率100%を達成• 健康に関するeラーニング等をおこなうとポンタポイントが受け取れる「ローソンヘルスケアポイント」を実施した• 1日8,000歩を目標に、携帯アプリに歩数を記録する「元気チャレンジ」を実施した• 社員のコミュニケーションと健康増進を目的に、全国8地区で「ローソン健康大運動会」を開催• 診断の結果「健康ハイリスク」となった社員に対して、生活習慣病・重症化予防を目的に、医師や管理栄養士による「面談フォロー」をおこなった ローソンだけでなく、さまざまな店舗で使える「ポンタポイント」を駆使し、社員の健康増進をはかっているのはローソンならではといえます。 大企業であるものの運動会を実施したり、歩数をアプリに記録したり、さらには医師や管理栄養士によるアドバイス機会をもうけるなど、その健康への徹底ぶりは参考にしたいところですね。 【参考】 健康経営優良法人のまとめ 本記事では、健康経営優良法人のメリットについて、以下のポイントを中心にお伝えしてきました。 企業イメージが向上する• 低金利で融資を受けられる• 人材確保につながる• 社員のパフォーマンスが上がる• 業績向上につながる 以上のように、健康経営優良法人にはさまざまなメリットが存在します。 健康経営優良法人への認定は、会社の維持や成長に欠かせない「人材確保」「企業イメージ」に直結し、社員一人ひとりのパフォーマンス向上にも役立ちます。 「今よりもっと利益を出し、会社を成長させたい」とお考えの経営者・人事の方は、ぜひ今回の内容を参考にしつつ、より社員の健康を考えた会社づくりを意識してみてください。 引き続き、本メディアでは社内エンゲージメント向上に役立つ情報をお届けしていきます。

次の

一般社団法人 健康経営優良法人推進協会

健康 経営 優良 法人

健康経営 「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。 企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。 経済産業省では、健康経営に係る各種顕彰制度として、平成26年度から「健康経営銘柄」の選定を行っており、平成28年度には「健康経営優良法人認定制度」を創設しました。 優良な健康経営に取り組む法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として社会的に評価を受けることができる環境を整備しています。 なお、健康経営は、日本再興戦略、未来投資戦略に位置づけられた「国民の健康寿命の延伸」に関する取り組みの一つです。 健康経営の顕彰制度 健康経営銘柄 東京証券取引所と共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む上場企業を「健康経営銘柄」として選定しています。 長期的な視点から企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業として紹介することを通じ、企業による「健康経営」の取組を促進することを目指しています。 6回目となる「健康経営銘柄2020」では30業種40社を選定しました。 健康経営優良法人 「健康経営優良法人認定制度」とは、健康経営に取り組む企業等の「見える化」をさらに進めるため、上場企業に限らず、未上場の企業や、医療法人等の法人を「健康経営優良法人」として認定する制度です。 4回目の認定となる「健康経営優良法人2020」では、大規模法人部門(ホワイト500)に1480法人、中小規模法人部門に4816法人が令和2年3月2日に認定されました。 経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。 近畿地域における健康経営優良法人の紹介• NEW! NEW! 近畿地域における自治体などの取り組みの紹介 自治体• その他• 枚方信用金庫「職域サポート」• 健康宣言事業を行う近畿地域の保険者一覧 全国健康保険協会• 健康保険組合連合会• 滋賀連合会「健康宣言」• 京都連合会「健康宣言」• 兵庫連合会「ひょうご健康企業宣言」• 奈良連合会「健康宣言 なら」• 和歌山連合会「健康づくりチャレンジ運動 その他• 健康経営に関する出版物• このページに関するお問い合わせ先 近畿経済産業局 地域経済部 バイオ・医療機器技術振興課 住所:〒540-8535 大阪市中央区大手前1-5-44 電話番号:06-6966-6163 FAX番号:06-6966-6097 メールアドレス:.

次の