コロナ 倍加時間 都道府県。 ◆【新型コロナ】日本の「感染者数」の「倍加時間(doubling time)」は短くなっています:感染拡大ペースがわかる指標「倍加時間」

◆【新型コロナ】「感染者数」の「倍加時間(倍増時間・Doubling Time)」の動向から感染拡大ペースを把握すると、今後1週間で国内の新たな「感染者数」は約2500人増えそうです:一方で、日本の死亡者数の増加ペースは、ぎりぎりのところで踏みとどまっているのかもしれません:倍加時間をExcelで計算してみました

コロナ 倍加時間 都道府県

朝日新聞が今月、政府の緊急事態宣言などについて47都道府県の知事にアンケートし、全員が回答した。 特措法の改正が「必要」と回答したのは神奈川、愛知、大阪、福岡など34府県の知事。 改正内容で「補償規定」に続いて多かったのは、休業要請に応じないパチンコ店などが課題となった「要請・指示に応じない場合の罰則規定」で、25知事が挙げた。 また、理髪店や百貨店などの休業要請の範囲をめぐって政府と東京都が対立するなど知事権限のあいまいさが指摘された「休業要請・指示における国の総合調整と知事権限の明確化」を選んだのは21知事。 東京都の小池百合子知事は、改正の必要性については「その他」と回答したが、休業要請などの知事の裁量権の拡大を国に要望していることを記述した。 私権の制限、慎重な意見も 一方、小池氏のほか「その他」と回答した10知事の中には、私権の制限につながる特措法の改正には慎重な意見もあった。 秋田県の佐竹敬久知事は「移動や営業の自由は国民の権利であり、現行の法体系では罰則規定は難しい」と記述。 滋賀県の三日月大造知事も「罰則を伴う私権の制限など、今回の経験を踏まえ、国民的な議論の上での判断が必要」と答えた。 特措法改正を「必要ではない」と答えたのは静岡、大分の2知事。 広瀬勝貞・大分県知事は「特段問題となるような事案は発生しなかった」と回答した。 また、感染拡大の「第2波」に備え、緊急事態宣言を再指定する際の具体的な数値基準については、全体の5割超の26道府県の知事が「国が示すべきだ」と回答。 「示すべきではない」としたのは和歌山、大分の2知事だった。 政府が4月に宣言の対象を全国に拡大したことについては、「必要があった」が44道府県の知事で、多くが感染拡大防止のため、都道府県境を越える移動抑制の必要性を理由に挙げた。 「必要はなかった」と回答した知事はいなかった。 宣言の解除にあたり、政府が「直近1週間の新規感染者が10万人あたり0・5人程度以下」を目安に医療提供体制などから総合的に判断したことについて、判断基準が「明確だった」と答えたのは22道府県の知事。 各都道府県ごとの解除のタイミングは、39府県の知事が「適切だった」と回答した。 コロナ対応のため、特措法に基づかない独自の外出自粛・休業の要請は、30都道府県の知事が実施したと回答した。 (菊地直己、楢崎貴司).

次の

各国の新型コロナウイルス感染状況を公開データを使って分析・予測する

コロナ 倍加時間 都道府県

表のページと棒グラフのページの2種類です。 それぞれ、「感染者数」と死亡者数についての「倍加時間」を知ることができます。 プルダウンメニューを設定していて、表示させたい国を選べます。 表の場合は複数の国を選ぶことができます。 「倍加時間」は、各日付の5日前からの増加率を使用して算出しています。 「倍加時間」が短くなっていれば、増加スピードが加速しているということになります。 逆に、「倍加時間」が長くなっていれば、増加スピードが鈍化していることになります。 日本の「感染者数」の「倍加時間」は短くなってきています。 増加ペースは、3月20日ごろと比べて、速くなってきていることがわかります。 3月上旬の外出自粛、学校休校などの「引き締め」施策の効果が3月20日ごろの「倍加時間」の長さに表れていると見ることもできます。 その増加ペースは欧米諸国と比べて緩やかです。 検査数が影響していると考えられます。 ダッシュボードのグラフの右上の欄外のところをクリックれば、グラフのデータをダウンロードできます。 Rの前処理では、lag を使って、5日前からの増加率を算出して、倍加時間を計算しています。 アメリカの「地域別の変数」を前処理して、「州別」での推移をグラフ化できるようにしました。 また、州コードのフィールドを作成してコロプレス地図も作成しています。 無料で利用できる、グーグルの「データポータル」のダッシュボードです。 データさえあれば、簡単に作成できます。 「国」別、「地域」別に日ごとの感染者数の推移を見ることができます。 下記リンクのページから利用できます。 楽天で購入 がんばれ、イタリア。 関心がある場合は、一日に一度見るといいのではないかと思います。 都道府県別にグラフ化可能です。

次の

各国の新型コロナウイルス感染状況を公開データを使って分析・予測する

コロナ 倍加時間 都道府県

表のページと棒グラフのページの2種類です。 それぞれ、「感染者数」と死亡者数についての「倍加時間」を知ることができます。 プルダウンメニューを設定していて、表示させたい国を選べます。 表の場合は複数の国を選ぶことができます。 「倍加時間」は、各日付の5日前からの増加率を使用して算出しています。 「倍加時間」が短くなっていれば、増加スピードが加速しているということになります。 逆に、「倍加時間」が長くなっていれば、増加スピードが鈍化していることになります。 日本の「感染者数」の「倍加時間」は短くなってきています。 増加ペースは、3月20日ごろと比べて、速くなってきていることがわかります。 3月上旬の外出自粛、学校休校などの「引き締め」施策の効果が3月20日ごろの「倍加時間」の長さに表れていると見ることもできます。 その増加ペースは欧米諸国と比べて緩やかです。 検査数が影響していると考えられます。 ダッシュボードのグラフの右上の欄外のところをクリックれば、グラフのデータをダウンロードできます。 Rの前処理では、lag を使って、5日前からの増加率を算出して、倍加時間を計算しています。

次の