クソわよ。 クソデカ羅生門とは (クソデカラショウモンとは) [単語記事]

クソ野郎と美しき世界 THE BASTARD AND THE BEAUTIFUL WORLD

クソわよ

問題のあったドコモ代理店を運営する兼松コミュニケーションズ(出所:同社公式Webサイト) お客からのメールで発覚 1月6日: 事件の発生 市川インター店で侮辱されたメモの存在に気付いたお客は、店員に抗議。 メモを書いた店員は謝罪をした。 納得しないお客は店長への面会も申し出たが、直接会うことはできなかった。 お客は一連の対応に不信感を抱いたという。 兼松コミュニケーションズの責任者は「大変な事態が発生しているという認識が、店内で共有されなかった」と説明する。 1月8日: お客の通報 午後10時頃、侮辱されたお客が兼松コミュニケーションズの公式Webサイトにある問い合せフォームから、事件の概要を通報。 1月9日: 問題の発覚 午後1時、兼松コミュニケーションズが問い合せフォームの内容から事件を把握。 直ちに市川インター店の店長とメモを書いた店員を本社に呼びつけ、ヒアリングを行う。 午後7時、お客に対して、経緯について直接説明するとともに謝罪をしたいという趣旨のメールを送る。 1月10日: 1回目の謝罪 午後6時、市川インター店で、NTTドコモの千葉支店と兼松コミュニケーションズの責任者がお客に対しておわびするとともに経緯を説明。 店長とメモを書いた店員は同席していない。 また、兼松コミュニケーションズは公式Webサイトで「弊社店舗での不適切なお客様対応に関するお詫びとご報告」という文章を公表する。 ドコモも同日、不適切なお客への対応を謝罪する文章を公表している。 関連記事• ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。 店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。 ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 お客が困惑した根本原因は事前告知が不足していたことだ。 ただ、イオンが採用する価格表記を採用する道もあったかもしれない。 かつては1000店以上を展開していたが、マネされるのも早かった。 運営会社は2022年をめどに、約100店舗を業態転換する方針だ。 その一方で、生まれ変わる予定のアピタ岐阜店の周辺住民からは不安の声が出ている。

次の

クソデカ羅生門とは (クソデカラショウモンとは) [単語記事]

クソわよ

ある日の超暮方 ほぼ夜 の事。 一人の下人が、クソいの完全なで雨やみを悪いほどずっと待ちまくっていた。 みたいに広い門のには、この大男のほ誰もいない。 ただ、所々丹塗のびっくりするくらい剥げた、信じられないほど大きな円柱に、象くらいある蟋蟀が一匹とまっている。 クソが、のように広いにある以上は、この狂った男のほも、激・雨やみをする巨大市女笠や爆裂揉が、もう二三百人はありそうな。 それが、この男のほは誰も全くいない。 何故かと云うと、この二三千年、には、超とか的とか最強大とか極限饑饉とか云うエグすぎる災がつづいて起こった。 そこでクソ広いのれ方はもう一通りとかそういうではない。 旧記によると、クソいやのをすごいパワーで打砕いて、その丹がベッチャベチャについたり、金銀の箔がもうイヤにうくらいついたりした木を、路ばたに親の仇のようにメチャメチャつみ重ねて、薪の料に売りまくっていたと云う事。 クソがいいことで知られるがその始末、を疑うでいの完全修理などは、元より誰も捨てて顧る者がなかった。 するとそのするくらい荒れ果てたのをよい事にして、クソ狐狸が棲む。 最強の盗人が6万人棲む。 とうとういには、悲しくうくらい引のないきったない死人を、この門へ猛で持って来て、超で棄てて行くと云う習慣さえ出来た。 そこで、日の目が怖いまったく見えなくなると、誰でもメチャメチャ気味を悪るがって、この門の近所へはするくらい足ぶみをしない事になってったの。 その代りまた超な鴉がどこか、億でたくさん集って来た。 昼間見ると、その鴉が何万羽となく輪を描いて、クソ高い鴟尾のまわりを鼓膜の音量で啼きながら、で飛びまわっている。 ことに門の上の空が、で思目を疑うくらいあかくなる時には、それがを量まいたようにはっきり見えた。 鴉は、勿論、頭いい門の上に大量にある死人の肉を、気が狂ったように啄みに来るの。 ただ、所々、ほぼ崩れかかった、そうしてその崩れ目にメチャメチャの森のごとく倒したクソ長い石段の上に、鴉のえげつなく糞が、点々と白くこびりついているのが見える。 下人は七段ある石段の一番上の段に、洗いてほぼ透明になった紺の襖の尻を据えて、右の頬に出来まくった、クッソ大きな面皰を気にしながら、メチャメチャ、とんでもないのふりしきるのを眺めていた。 作者はさっき、「下人が雨やみをメチャメチャ待っていた」と書いた。 し、下人は激烈がやんでも、格別どうしようと云う当てはない。 ふだんなら、勿論、クソ強い主人のえげつなくい家へ帰る可き筈。 所がその糞主人は、四五日前に暇を出し倒された。 前にも書いたように、当時ただでさえ最低最悪のの掃き溜めの町は一通りならず衰微くって本当に惨めな感じになっていた。 今この最強に下人が、永年、犬のごとくこき使われていた主人、暇を出されたのも、実はこの大衰微のクソしょぼい小小余波にほかならない。 だ「下人が雨やみをメチャメチャ待っていた」と云うよりも「クソにふりこめられた下人が、行き所がなくて、超途方にくれていた」と云う方が、完全に。 その上、の空模様も少ず、この平安朝の下人のUimet-Sentimentalisme of the Godsに影響した。 申の刻ふり出した大雨は、いまだに上るけしきがかけらもない。 は、狂ったクソさのをつで、メチャメチャ遠く、ざあっと云う轟音をあつめて来る。 夕闇は次第に空をびっくりするほど低くして、見上げると、超巨の超巨根が、斜につき出した超巨大甍の先に、ドチャクソ重たくうす暗い雲を嫌になるくらい支えまくっている。 どうにもならない事を、どうにかするためには、を選んでいる遑は本当にまったくない。 選んでいれば、築土のか、道ばたの土の真上で、超苦しい饑死をするばかり。 そうして、こので一い門の上へ猛で持って来て、きったない犬のように超速で棄てられてうばかり。 しこの「すれば」は、いつまでたっても、結局「すれば」であった。 クソザコ下人は、を選ばないという事をエグしながらも、この「すれば」のかたをつけるために、当然、その後に来る可き「最強の盗人になるよりほ仕方がない」と云う事を、にするだけの、莫大なが出ずにいたの。 下人は、くらいクソ大きな嚔をして、、ほど大儀そうに立上った。 かってくらいに夕冷えのする最悪の罪の都は、もう火桶が8億個欲しいほどの寒さ。 は信じられないほどい門の巨柱と巨柱との間を、クソ濃さの夕闇と共に遠慮なく、吹けまくる。 丹塗の超巨大柱にとまっていた象の蟋蟀も、もうどこかへ行ってった。 下人は、頸をのを超えてちぢめながら、の汗袗に無理やり重ね倒した、紺の襖の肩を的にありえない動きで高くしてクソ門のまわりを見まわした。 雨風の患のない、人目にかかる惧のない、一晩メチャメチャ楽にねられそうな所があれば、そこでともかくも、クッソ長い夜を明かそうと思っら。 すると、幸い超巨の上の並みにい楼へ上る、幅の広い、これも丹をみたいに塗りたくったが眼についた。 上なら、人がいても、どうせ臭くてきったない死人ばかり。 下人はそこで、腰にさげた巨大な聖柄の大が鞘走らないように気をつけ倒しながら、藁をた巨大な足を、そのでの一番下の段へ渾身の力でふみかけた。 、何百分かの後。 クソの楼の上へ出る、幅のアホみたいに広いの中段に、一人の巨大な男が、猫のように身をちぢめまくって、くらい息を殺しながら、上の容子を窺っていた。 楼の上さす大火炎の目を灼く光が、かす、の右の頬をぬらしている。 えげつなく短い鬚の中に、とんでもなく赤く膿を持った巨大な面皰の大量にある頬。 巨下人は、始め、この上にいる者は、臭死人ばかりだと高を括っていた。 それが、を二三千段上って見ると、上では誰か大火をとぼして、もその大火をそここことのご速さで動かしているらしい。 これは、そのドブのように濁った、この世の理を超えて黄いろい光が、すべての隅々に巨食いをかけた裏に、激しく揺れながら映ったので、メチャすぐにそれと知れたの。 このの夜に、このクソの上で、すら灼くをともしてらは、どうせただの者ではない。 下人は、巨大な守宮のようにをぬすんで、やっとクソ急なを、一番上の段まで這うようにしてつめた。 そうして体を出来るだけ、紙のように平にしながら、頸を出来るだけ、っ首のごとく前へ出して、恐る恐る、巨大な楼の内を覗いて見た。 見ると、地の果てまで広がるがご楼の内には、噂に聞いた通り、幾つかの山のように巨大な死骸が、に棄ててあるが、の極光の及ぶが、思ったよりクソ狭いので、数は幾つともわない。 ただ、おぼろげながら、知れるのは、その中に完全にの死骸と、高級なを着まくった死骸とがあるという事。 勿論、中には女も男もまじっているらしい。 そうして、その死骸は皆、それが、かつて、生きていただと云うさえ疑われるほど、土を捏ね倒して造ったのように、口をくらい開いたり手をで延ばしたりして、床の上にころがっていた。 も、肩とか胸とかの山くらい高くなっている部分に、した猛火の光をうけて、クソ低くなっている部分の影を一層超ほど暗くしながら、に唖の如く黙っていた。 下人は、それらの超死骸のメチャメチャくっせえ腐爛した最悪のに思、鼻を掩って掩って掩いまくった。 し、その手は、次の瞬間には、もう鼻を掩う事を完全に忘れ尽くしていた。 あるャメチャに強いクソが、んどことごとくこの最強男のを奪ってっらだ。 下人の巨眼は、その時、生てはじめてその激臭死骸の中に蹲っている最低最悪を見た。 檜皮色のきったねえを着た、のように背の低い、のように痩せこけた、髪頭の、豆猿のような老婆。 その老婆は、右の手に大火炎をともした最高級松の巨片を持って、その大死骸の一巨顔を覗きこむように眺め倒していた。 髪の毛のクソ長い所を見ると、多分のの死骸であろう。 下人は、六〇〇分の恐怖と四〇〇分のとにつき動かされ続けて、 七十二 は呼吸をするのさえ忘れていた。 旧記のの語を全て丸々借りれば、「頭身の剛毛も一生太り続ける」ように感じまくったの。 すると糞老婆は、高級松の片を、床板の間に狂ったように挿して挿して挿し倒して、、今まで眺め続けていた大死骸の両手をかけると、丁度、大猿の親が大猿の虱を全部とるように、その長い髪の毛を一〇〇〇〇本ずつ抜きはじめた。 髪は手にのように従って抜けるらしい。 その髪の毛が、一〇〇〇〇本ずつ抜けるのに従って、下人の腐りきった心は、恐怖が少しずつ完全に消えて行った。 そうして、それと完全にピッタリ同時に、この老婆に対するを絶するはげしいが、少しずつ動いて来た。 む、この世にしうるありとあらゆる悪に対する巨大な反感が、一分毎に強さを等比的に増して来たの。 この時、誰かがこの最強のたる下人に、さっき門のでこの性根の腐ったドブ男が考えていた、超苦しい饑死をするか最強の盗人王になるかと云う世紀の大を、改めて持出したら、恐らく超下人は、何の未練のもなく、本当にめちゃめちゃ苦しい饑死を選んだ事であろう。 それほど、こののあらゆる悪を一憎む心は、老婆の床に挿くった最高級松の片のように、超勢いよく出していたの。 大で学のない下人には、勿論、何故糞老婆が死人の髪の毛を抜くか本当に一切わなかった。 従って、には、それをのいずれに片づけてよまったく知らなかった。 し下人にとっては、このの聖夜に、このクソの真上で、大死人の髪の毛を抜くと云う事が、それだけで既にに許すべざる最低の悪の中の悪であった。 勿論、クソアホ下人は、さっきまでが、一の大盗人王になる気でいた事なぞは、とうの昔に忘れきっていたの。 そこで、下人は、両足にを入れまくって、超いきなり、大三 約一万二千 上へ飛び上った。 そうして最高の名刀と謳われる聖柄の大に手をかけながら、超大股に老婆のど真ん前へ歩みよった。 老婆がほど驚いたのは云うまでもない。 老婆は、一目下人を見ると、まるで攻城弩にでも弾かれたように、天高く飛び上った。 「おのれ、どこへ行く。 」 最強下人は、老婆が大死骸全てに無様につまずきながら、なくらい慌てふためいて逃げようとする行手を完全に塞いで、こう罵りまくった。 糞老婆は、それでも神速で巨大下人をつきのけて行こうとする。 下人はまた、それをに行かすまいとして、すごい力で押しもどす。 二人は巨大死骸のまん真ん中で、しばらく、完全に無言のまま、つかみ合った。 しは、のはじめ誰にでも完全っている。 下人はとうとう、老婆の腕を力でつかんで、無理にそこへ叩きつけるように倒した。 丁度、の脚のような、本当に骨と皮ばかりの細腕。 「何をしていた。 云わぬと、これだぞよ。 」 下人は、老婆を全力でどつき放すと、いきなり、大の鞘を瞬間的に払って、白い鋼の品のように美しい色をその眼の前へつきつけた。 けれども、極悪老婆は完全におし黙っている。 両手をわなわな高速でふるわせて、強肩で息を切りながら、眼を、眼球がまぶたの外へ完全に飛び出そうになるほど、ありえない見開いて、唖のようにく黙っている。 これを見ると、最強下人は始めて明白にこの糞老婆の生死が、、の完全なるにまったくされていると云う事をめちゃくちゃくった。 そうしてこの超は、今までけわしくさかっていた巨大の心を、い間にか零度まで冷ましてった。 後に残ったのは、ただ、ある大をして、それが超にめちゃくまくした時の、最高の安らかな得意と大満足とがあるばかり。 そこで、有能下人は、老婆を高み見下しながら、少し声を柔らげてんど聞き取れないほどの超でこう云った。 「己はの庁のなどではない。 今し方この巨門のを通りかかった旅の者だ。 だお前に縄をかけまくって、どうしようと云うような事は神仏に誓ってにない。 ただ、今時分この巨の真上で、何をして居たのだか、それを己に話くりさえすれば最高にいいのだ。 」 すると、糞老婆は、超見開いていた眼を、的にありえない形で一層大きくして、じっとその下人のブッサイクでの悪い巨大な顔を見守った。 まぶたの超赤くなった、凶暴肉食最恐鳥のような、めちゃくちゃ鋭い眼で見まくったの。 、本当に醜い皺で、んど、鼻と一つになった唇を、何か石のごとく硬い物でも噛んでいるように動かした。 極細い喉で、針のように尖った喉仏の動いているのが見える。 その時、その喉、凶鴉の啼くような汚い声が、喘ぎ喘ぎ、下人の大耳へ伝わって来た。 「この髪を抜いてな、この髪を抜いてな、巨大鬘にしようと思うたのじゃ。 」 天下の無敵下人は、老婆の答が存外、めちゃくちゃ平凡なのにしたくなるくらい本当にした。 そうして極限まですると同時に、また前の強烈なをした本気のが、氷のように冷やかなと一しょに、心の中へ大量にって来まくった。 すると、その超メチャメチャな気色が、先方へものごとく完全に通じ倒したのであろう。 老婆は、片手に、まだ大死骸の頭奪いまくった長いを大量に持ったなり、蟇のようなクソ小声で、口ごもりながら、こんな事を云った。 「成程な、死人の髪の毛を抜くと云う事は、何ぼう滅茶苦茶に悪い最低の事かも知れぬ。 じゃが、ここにいる死人どもは、皆、そのくらいな事を、されてもいいばかりだぞよ。 、わしが今、髪を抜いた女などはな、を四寸ばかりずつに切って干したのを、干巨大怪魚だと云うて、帯の陣へ売りに往んだわ。 大疫病に五回かかって死ななんだら、今でも売りに往んでいた事であろ。 それもよ、この女の売る干巨大怪魚は、味が頬が落ちるほど本当によいと云うて、帯どもが、に欠かさず菜料に買いまくっていたそうな。 わしは、この女た事がに残るほどに悪いとはまったく思うて。 せねば、とてつもなく苦しい饑死をするのじゃて、仕方がなくした事であろ。 されば、今また、わしていた事も超悪い事とは思わぬぞよ。 これとてもやはりせねば、超苦しい饑死をするじゃて、マジ仕方がなくする事じゃわいの。 じゃて、その本当に仕方がない事を、よく知っての極は、大方わしのする事もに見まくってくれるであろ。 」 老婆は、大体こんなの事を超で云った。 巨大下人は、大を瞬きの間に鞘におさめて、その大の美しい柄を左の手でおさえながら、ほど冷然として、この話を聞いていた。 勿論、右の手では、メチャメチャ赤く頬に膿を大量に持った超大きな面皰を気にくりながら、聞いているの。 し、これを聞いている中に、下人の史上空前にな心には、あるクソいが生て来た。 それは、さっきクソい門ので、この男には全く欠けていた。 そうして、またさっきこので門の真上へ瞬間的に上って、この老婆を離れした動きで捕えた時のとは、、完全に反対な方向に動こうとする。 下人は、超苦しい饑死をするか大盗人王になる、まったく一瞬たりとも迷わなかったばかりではない。 その時のこの最低男の心もち云えば、苦しい苦しい饑死などと云う事は、んど、考える事さえ出来ないほど、の完全な外に追い出され倒していた。 「きっと、そうか。 」 老婆の話が完ると、下人はメチャメチャ嘲るような声で念を押しに押した。 そうして、一〇〇〇足前へ出ると、不意に右の手を面皰七尺離して、老婆の襟上を神速でつかみながら、噛みつくようにクソい声でこう云った。 「では、己が完全引剥をしようとまったく恨むまいな。 己もそうしなければ、二後に饑死をする体。 」 のをとる下人は、目にも止ないほどすばやく、老婆のを完全に剥ぎとった。 、のように太い足にしがみつこうとする老婆を、超手荒く死骸の上へ蹴倒した。 の口までは、僅に五千歩を数えるばかり。 下人は、剥ぎとった檜皮色のをわきにかかえて、またたく間にほど急なを夜の底へかけた。 しばらく、まさしく死んだように倒れていた糞老婆が、巨大死骸の中、そののあに醜すぎる体を起したのは、本当に間もなくの事。 老婆はような、ようなクソうるさい声を立てながら、まだのようにさかっている火の光をたよりに、の口まで、で這って行った。 そうして、そこ、びっくりするほど短いを倒にして、クソ門のを覗きこんだ。 外には、ただ、黒洞々たるがあるばかり。 下人のは、誰も知らない。

次の

クソデカ羅生門

クソわよ

その難易度から「開始2秒で死ぬ」「即死が売りのゲーム」と言われるゲームに、指原は「面白いんですか?」と怪訝な顔をしてみせる。 実際にゲームを始めた指原は、お約束通り開始2秒に死んで「どういうこと?」「違うんです違うんです」「正直何をやられたかも分からない」と戸惑うことに。 トランスフォームを覚え、10秒ほど進められたものの結局やられてしまった指原は「もうダメだ……」と心が折れてしまい、「クソおもんなかった」と吐き捨てた。 98 ID:4f8hEpQR0. 87 ID:pvg8Lb2M0. 21 ID:2XwRbpzF0. 81 ID:kQL5eexi0. 36 ID:UhSUGBhU0. 80 ID:enV3RLow0. 75 ID:STAsYQNx0. 29 ID:IfPVNHJv0. 47 ID:GYeZtq3p0. 69 ID:aobq8BgBO. 39 ID:276JmIcE0. 04 ID:ziKhc8jH0. 66 ID:zP3uklBA0. 34 ID:Sm0HbrhG0. 72 ID:53VGZWlD0. 74 ID:QUntAMf20. 60 ID:j5VgXUj60. 26 ID:oGWyZkdH0. 47 ID:ftzxuU4s0. 58 ID:YjMx6epg0. 15 ID:kbvLRFvb0. 97 ID:4f8hEpQR0. net まあ、スペランカーはすぐ死ぬが ゲームとしてはおもしろい部類だったからな なんだかんだやりこんだ記憶がある、音楽も秀逸だったし.

次の