今年 の 厄年 男。 2020年【令和2年】今年の厄年早見表|男性・女性 | 厄年

厄年の男は必見!厄払いは必要?

今年 の 厄年 男

厄年は体に変化が出始めるとき? 厄年と言えば、誰もがすぐに数え年の男性42歳の「男の大厄」と、女性33歳の「女の大厄」を想像しますが、男性は25歳と61歳、女性は19歳と37歳、61歳も同じように厄年に当たっているのをご存知でしょうか? また、厄年の前年に当たる「前厄」と後の年に当たる「後厄」を合わせた3年間は充分に注意を払わなければならないといわれています。 厄年の根拠はさておいて、男性・女性の厄年とされる年は、男性や女性にとって体に変化がある時期と重なっていますので、注意すべき年であることは誰もが理解できることです。 人生における節目の年と捉えて自分の身体を注意深くチェックして、リフレッシュする良い機会かもしれません。 前厄、本厄、後厄をチャンスととらえて、今日から厄落とし厄除け生活をスタートしましょう。 厄年には体のケア(養生)を 貝原益軒は「養生訓」に、養生とは「変(へん)」に備える術であると書いています。 「変」とは、環境の変化や日常で蓄積されるストレスや有害物質のによる心や体の変化などのことです。 私たちを取り巻く「変」には、四季による自然環境の変化、加齢による肉体の変化、人間関係や環境などの変化、飲料水や食事の偏りなどによる厄(毒)の蓄積による体の変化、仕事や生活習慣からの睡眠の時間や深さの変化などがありますが、その「変」により体に蓄積される「厄(やく)」の体への影響に備えるのが厄年なのかもしれません。 厄年は、私たちを取り巻く環境や生活習慣を見直し、体のケアを行い心身ともにリフレッシュするよい機会にしたいものです。 厄年にやってはいけないこと 厄年にやってはいけないことはあるのでしょうか? 結婚。 引っ越し・・・・・・・ なぜ、厄年に結婚をやってはいけないの? なぜ、厄年に転職をやってはいけないの? なぜ、厄年に引っ越しをやってはいけないの? どれも、明確な根拠はありませんよね。 たとえ厄年であっても、十分に準備をし、迷いがなければ結婚も転職も引っ越しも慎重に進めればよいことです。 では、厄年にやると効果的なことはあるのでしょうか? 厄年をプラス思考にとらえて、体と心のケアと厄落とし厄除け生活を始めるにはチャンスのときです。 現在の私たちを取り巻く環境は、自動車の排ガスやごみ焼却場から出るダイオキシン、住宅建材から出るホルムアルデヒド、携帯電話やパソコンから出る有害電磁波、オゾン層破壊による強い紫外線など体への悪影響を心配されるものが数多くあります。 また、日本人は一年間に4㎏の食品添加物を食べているといわれています。 水道水の塩素はビタミンを30%も壊すともいわれています。 市販の野菜の30~40%には農薬が残留しているともいわれています。 このように私たちが知らないうちに口から取り込んでいる毒素(厄)を体外に出すことが非常に重要になってきます。 通常、体内に入った有害物質のおよそ70%くらいは便として排泄されます。 また、有害物質の約20%は尿として排泄されたり、汗として排泄されますので、厄落とし厄除け生活の基本は、有害物質を取り込むことを防ぐことと、腸内環境を良好に保つことや、適度の運動で良い汗をかくことで有害物質を排泄することです。 厄年をよい機会ととらえて、厄年にやってはいけないことを考えるより、プラス思考で厄落とし厄除け生活を始めましょう。 2020年女性の厄年早見表 2003年(平成15年)生まれ・数え年18歳 前厄 2002年(平成14年)生まれ・数え年19歳 本厄 2001年(平成13年)生まれ・数え年20歳 後厄 1989年(平成 元年)生まれ・数え年32歳 前厄 1988年(昭和63年)生まれ・数え年33歳 大厄 1987年(昭和62年)生まれ・数え年34歳 後厄 1985年(昭和60年)生まれ・数え年36歳 前厄 1984年(昭和59年)生まれ・数え年37歳 本厄 1983年(昭和58年)生まれ・数え年38歳 後厄 1961年(昭和36年)生まれ・数え年60歳 前厄 1960年(昭和35年)生まれ・数え年61歳 本厄 1959年(昭和34年)生まれ・数え年62歳 後厄 方位除けには分類するとふたつの種類があります。 1つは「年回り」による方位除けで、本命星が、その年にどの方向に位置して いるかで吉凶を占い災いを防ぐための方位除けです。 そして、もう一つが転居や旅行など、文字通り行く先の「方角・方位」による災いを防ぐための方位除けです。 家族でも、生まれ年によって良い方角・悪い 方角は異なるため、なかなか家族全員の吉方位が揃うことはありません。 そのような場合に方位除けのお祓いを受けて、災いを少しでも無難に収めます。 厄除け、方位除けの年にあたる方は、まずはお近くの氏神様や崇敬神社にてお祓いをお受けると良いでしょう。 2020年の年盤と方位除け一覧は下記のようになります。 ・本命星が北東の表鬼門に回座する年は、何事にも変化・変動が多く、運気も衰えがちになります。 けがや病気にも注意が必要な年となるので方位除けをすると良いでしょう。 ・本命星が北に回座する年は、最も運気が停滞する年です。 何事にも謙虚な気持ちで、次の飛躍への準備の年となるので方位除けをすると良いでしょう。 ・本命星が南西の裏鬼門に回座する年は、前年まで衰退の運気が徐々に好転しはじめます。 しかし無理は禁物。 特に年の前半は要注意なとしとなるので方位除けをすると良いでしょう。 2020年は、本命星が一白水星、三碧木星、四緑木星、七赤金星の人が必要に応じて方位除けをすると良い年回りとなります。 八方塞(静観宮) 七赤金星 1921(大正10年) 1930(昭和5年)・1939(昭和14年)・1948(昭和23年)・1957(昭和32年)・1966(昭和41年)・1975(昭和50年 ・1984(昭和59年) 1993(平成5年)・2002(平成14年)・2011(平成23年)・2020(令和2年) 裏鬼門(準備宮) 四緑木星 1924(大正13年) 1933(昭和8年)・1942(昭和17年)・1951(昭和26年)・1960(昭和35年)・1969(昭和44年)・1978(昭和53年)・1987(昭和62年) 1996(平成8年)・2005(平成17年)・2014(平成26年) 表鬼門(変化宮) 一白水星 1927(昭和2年)・1936(昭和11年)・1945(昭和20年)・1954(昭和29年)・1963(昭和38年)・1972(昭和47年)・1981(昭和56年) 1990(平成2年)・1999(平成11年)・2008(平成20年)・2017(平成29年) 北(困難宮) 三碧木星 1925(大正14年) 1934(昭和9年)・1943(昭和18年)・1952(昭和27年)・1961(昭和36年)・1970(昭和45年)・1979(昭和54年)・1988(昭和63年) 1997(平成9年)・2006(平成18年)・2015(平成27年) 人生においては、気の充実した運気の良い時と 気の沈滞した運気の悪い時とのいくつかの波があります。 気の沈滞した運気の悪い年回りの時は、健康で充実した人生を送りたいと願って方位除けをすることで、人生の大切さや人生の意義を考える良い機会とすると良いでしょう。

次の

[pivx.cryptonode.co] 今年の厄年早見表(平成32年度版/西暦2020年度版)

今年 の 厄年 男

例えば、お盆の場合、明治6年 1873年 の新暦採用以降、 新暦7月15日の新暦盆、 新暦8月15日の月遅れ盆、 旧暦7月15日の旧暦盆 新暦では毎年日付が異なる 、 というように地域によっていろんなケースにわかれています。 厄年もそれと同様、地域や神社仏閣ごとにいろいろなケースにわかれ、 どれが正しいとは一概にはいえません。 厄年は一般的には数え年にもとづきますが、 数え年や干支の区切りとなる年始をいつとみなすかの解釈の違いにより、 現在の日本では、神社仏閣によって、 1 新暦の元日 1月1日 から新年として数え年を加算し厄年のはじまりとするケース 2 立春 2月4日頃 から新年として数え年を加算し厄年のはじまりとするケース のどちらかにわかれます。 このため、元日から節分のあいだに生まれた場合は、 数え年・干支・厄年は神社仏閣によって1年ほどずれることになります。 1 新暦の元日 1月1日 から新年として数え年を加算し厄年のはじまりとするケース このケースでは、 1978年1月1日〜12月31日生まれの女性は、 2009年1月1日〜12月31日が前厄 数え32歳 、 2010年1月1日〜12月31日が本厄 数え33歳 、 2011年1月1日〜12月31日が後厄 数え34歳 、 となります。 このケースで計算している神社仏閣には次のようなところがあります。 明治神宮 厄年表 門戸厄神 東光寺 厄年表・自動計算プログラム 2 立春 2月4日頃 から新年として数え年を加算し厄年のはじまりとするケース このケースでは、 1977年2月4日〜1978年2月3日生まれの女性は、 2008年2月4日〜2009年2月3日が前厄 数え32歳 、 2009年2月4日〜2010年2月3日が本厄 数え33歳 、 2010年2月4日〜2011年2月3日が後厄 数え34歳 、 となります。 このケースで計算している神社仏閣には次のようなところがあります。 大杉神社 厄年表 佐野厄除け大師 惣宗寺 厄年表・自動計算プログラム このため、1978年 昭和53年 1月1日〜2月3日生まれの女性なら、 1 のケースの神社仏閣では2010年1月1日〜12月31日が本厄 数え33歳 とされ、 2 のケースの神社仏閣では2009年2月4日〜2010年2月3日が本厄 数え33歳 とされます。 また、なかには川崎大師のようにその年になる満年齢にもとづいて厄年を決めるケースもあり、 その場合は1978年生まれは満33歳になる今年 2011年 が本厄とされます。 このように厄年は神社仏閣ごとに異なりますので、 どこか信仰している神社仏閣があるなら、そこでいわれている厄年がその人にとっての厄年です。 お寺で「1977年 昭和52年 生まれの人たちと同じ」といわれたのであれば、そのお寺はおそらく 2 の立春 2月4日頃 から厄年のはじまりとするケースだったのでしょう。 質問者様がそのお寺を信じているのであれば質問者様は昨年が後厄、 質問者様が例えば明治神宮を信じているなら質問者様は今年が後厄、 川崎大師を信じているなら質問者様は今年が本厄、 となります。 なお、 1 の新暦の元日 1月1日 から厄年のはじまりとするケースのみを正しいとして、しかも女性の厄年を数え19歳・数え33歳・数え37歳・数え61歳と断言している回答がありますが、 厄年とされる年齢は神社仏閣によって、 19歳・33歳、 19歳・33歳・37歳、 19歳・33歳・61歳、 など、いろいろなケースがあります。 そもそも、その回答者が明治神宮と成田山新勝寺と熱田神宮のURLをだしていますが、 そのURLにある各神社仏閣の厄年表を見ればわかるとおり、 明治神宮では「数え19歳・数え33歳・数え37歳」としていて数え61歳は厄年としていませんし、 成田山新勝寺では「数え4歳・数え13歳・数え19歳・数え33歳・数え61歳」としていて数え37歳は厄年としていませんし、 熱田神宮では「数え19歳・数え33歳」としていて数え37歳と数え61歳は厄年としていません。 また、《川崎大師の厄年一覧(数え年・60歳は満年齢)》とありますが、これは出鱈目です。 そのURLにある川崎大師の厄年表のどこにも「数え年・60歳は満年齢」などとは書かれていません。 川崎大師が数え年ではなく満年齢で厄年を計算しているのは有名な話で、 川崎大師に取材した下記の『ディノス』の記事中の川崎大師の資料でも、 「平成16年 2004年 の女性の本厄33歳は昭和46年 1971年 生まれ」等とあり、 川崎大師では満19歳・満33歳・満60歳を厄年としていることがわかるでしょう。 もう女の厄年で悩まない! - ディノス/取材協力 川崎大師 川崎大師のパンフレットからの転載記事 実際に川崎大師に厄除けに行った人の例 厄年の年齢は一般的には数え年(誕生日前は満年齢+2歳、誕生日後は満年齢+1歳)です。 1978年(昭和53年)のお生まれなら誕生日に関係なく数え年34歳の女性の大厄の後厄です。 数え年は、年神さまを迎えたお正月に1歳年をとるとの考えによるもので、満年齢は誕生日がきて1歳年をとり、干支は節分が来て替わるという考え方とは異なります。 [以下はご参考まで] 現在の長寿社会ではピンときませんが、平均寿命が55歳だった時代が基準となっていますので、男女とも体調に変調が出やすい年齢が厄年といわれています。 男性は仕事と家庭の責任が重くなる年齢(数え年25歳)、中年にさしかかりいろいろな病気が出やすい年齢(数え年42歳)、高齢のため亡くなる方が多い年齢(数え年61歳) 女性は初産の年齢(数え年19歳)、第3~5子の出産と子育ての年齢(数え年33歳)、加えて高齢出産の年齢(数え年37歳)、高齢のため亡くなる方が多い年齢(数え年61歳) とかくストレスが溜まりやすい現代人にとっても、心身の健康を害したり様々なトラブルに出会わないように過すよう日頃から生活習慣等に気を付けたいものですね。 明治神宮の厄年一覧(数え年) 川崎大師の厄年一覧(数え年・60歳は満年齢) 成田山新勝寺の厄年一覧(数え年) 西新井大師の厄年一覧(数え年) 熱田神宮の厄年一覧(数え年).

次の

厄年の男女の数え年や年齢を解説

今年 の 厄年 男

13歳・25歳・37歳・49歳・61歳・73歳・85歳・97歳です。 ・ ただし、 61歳以降のトゥシビーは長寿のお祝いとなるので、厄除けの意味合いを持つ年齢は、13歳・25歳・37歳・49歳となります。 …全国的には61歳に還暦が訪れて、以降は70歳の古希、88歳の米寿、90歳の卒寿…などと続きますよね。 沖縄でも全国の長寿祝いに倣い、88歳(トーカチ)がある一方、 97歳のトゥシビーでは、カジマヤーを行います。 複雑な「数え年」 ここで、現代よく質問されるのが 「数え年」の数え方です。 数え年は 「お正月」を基準とした数え方で、 産まれた年を「1」とします。 ・ ですから今の年齢に、一月以降、誕生日がすでに来ていれば 「1」をプラスします。 一月以降に 誕生日が来ていなければ「2」を足せば、それが数え年です。 …面白いことに、12月末に産まれた子どもでも、 年を超えれば2歳!12月24日産まれの子が翌年の元旦には2歳の計算…と考えると不思議ではないでしょうか。 「お正月」を基準に、 誕生日前・誕生日後、で計算するのがポイントです。 神社へ厄除けに 自宅でヒヌカンやお仏壇にウサギムン(お供え物)をして、御願をするのが習わしですが、厄年には沖縄でも、 厄祓いをする方も多くなりました。 普天間宮の 洞窟に女神が籠った…、などの伝説がある神社です。 祈祷料の目安は三千円~五千円ほどでしょうか。 のし袋、もしくは白い封筒に包んでお渡ししてください。 表書きは 「御初穂料」や「玉串料」とし、紅白で蝶々結びの水引きを使用します。 (お寺で祈祷をする場合には 「お布施」です。 ) 電話で予約をする神社やお寺が多いですが、この時に祈祷料の目安と 渡すタイミングを聞いておくと安心できます。 厄年、沖縄家庭でのお供え物 厄年は沖縄では「ウフトゥシビー」、長寿のお祝いである カジマヤー(97歳)は旧暦9月7日ですが、その他の厄除けの拝みは、沖縄では旧暦1月前半(2日~13日)頃に行います。 2020年の新暦では1月26日 日 ~2月6日 木)に、マドゥトゥシビー(厄年ではない家族も健康と安全を拝みます。 )がありますが、このなかの 「子(ね)」年となるのが「ウフトゥシビー」で 旧暦1月10日…、新暦2020年2月3日です。 61歳までは厄除け、61歳以上はお祝いの意味合いになりますので、お供えする料理も変わります。 61歳以上は「ハレの膳」を用意してください。 厄年の沖縄の拝み方 ヒヌカンとお仏壇に前項のお供え物(ウサギムン)を供えたら、 ヒヌカンへはタヒラ半(二枚半)、お仏壇へはタヒラ(二枚)をお供えして、家長を中心にして拝みを捧げます。 「祈願立て」とは毎年旧正月に行うもので、 無事と安泰をお願いすることです。 ・ 「〇〇〇〇が ウフトゥシビーとなりました。 いつもお見守りいただき、ありがとうございます。 今年一年も無事に健やかに、幸せに過ごせますよう、 ミーマンティ ウタビミスーリー ウートゥートゥーディービル」 … このような内容の言葉をお伝えすれば、厄年の沖縄家庭での拝みは終了です。 いかがでしたでしょうか、今日は厄年の 沖縄家庭での拝み方やお供え物をお伝えしました。 もちろん、これに加えて厄除けをお願いする家庭も多いです。 さらに 13歳の厄年は、沖縄では記念写真を撮る家庭も多いですよね。 昔ながらの考え方では厄年ですが、現代の沖縄では「よく育った」との、 お祝いのイメージもあります。 それでも本来は13歳も厄年…、ぜひ、神社で厄除けをすると共に、ヒヌカンや御先祖様にも 守護を祈願してみてはいかがでしょうか。 まとめ.

次の