モンゴロイド コロナ。 新型コロナウイルス(COVID

新型コロナウイルス(COVID

モンゴロイド コロナ

押谷仁・東北大教授(左)と西浦博・北海道大教授 前例のない新型コロナウイルスに右往左往しているのは、国民だけでなくメディアも同じだ。 専門家と称する人々の主張も錯綜し、事態がどこへ向かっているのかわからない。 その中で、4月11日夜に放送されたNHKスペシャル「新型コロナウイルス 瀬戸際の攻防」は、検査が不十分という批判を受けながら死者が少ない日本の感染の実情を解き明かしてみせた。 「感染拡大阻止最前線からの報告」という副題どおり、東京・霞が関の厚生労働省クラスター対策班にカメラを入れた。 他の新聞やテレビニュース番組に先駆けた現場からの報告だった。 政府の専門家会議メンバーの押谷仁・東北大教授とクラスター対策班に加わる西浦博・北海道大教授のつぶやきや刻々と変わる表情を伝えた。 「クラスターつぶし」という日本独自の対処 政府の新型コロナウイルス対策では、中国からの入国禁止の遅れやPCR検査数が少なく感染者の把握がしっかりされていないことに批判が出ていた。 しかし、感染爆発を迎えた欧米各国に比べ、日本は死者が少ないまま推移している。 検査が不十分で感染者数が抑えられているのは理解できても、日本での死者が少ない理由についてはっきりと説明した報道はこれまでお目にかからなかった。 今回のNスペでは、クラスター(感染者集団)が発生した案件について、それぞれ濃厚接触者の数や足取りをしらみつぶしにして対応していく作業を指示する押谷教授を追いかけていく。 危機管理の専門家が「リスクについてまず大きく網をかけるのが定石」と指摘するのとは違い、人数をかけてクラスターに個別対応し拡大を防いでいる実態を描き出した。 なるべく多く検査して感染者を発見し重症化を防ぐという海外の対策と異なり、クラスターつぶしで重症患者を出さないようにするという日本の対処の独自性を浮かび上がらせた。 役所の一室でのやり取りが中心だけに絵柄は地味。 エキサイティングな場面はほとんどない。 感情があふれ出す劇的な言葉が交わされるわけでもない。 ただ、むしろもぐらたたきを重ねるような積み重ねが、ウイルスという見えない敵に対峙する最前線の実相なのでは、と徐々に感じるようになった。 押谷教授は、病院でPCR検査を増やすのは感染者を拡大させる恐れがあるとして否定的だった。 同時に、社会経済生活をなるべく維持しながら感染拡大を阻止する道を選択したことを明らかにした。 都市封鎖(ロックダウン)をした中国・武漢や欧米、匿名ながら感染者の移動記録という個人情報をネット上で公表する韓国とは違う手法で立ち向かっているわけだ。

次の

新型コロナにも有効か 海藻にヒトコロナウイルスの増殖抑制する効果 中部大らの研究

モンゴロイド コロナ

アンジオテンシン変換酵素 構造・発現 [ ] アンジオテンシン変換酵素(以下「ACE」)はその HExxH にを有するの一種であり、上に存在する。 ACEには2つの異なるタイプが存在し、それぞれ somatic ACE sACE と germinal ACE gACE と呼ばれる。 sACEは全身の細胞に広く分布するのに対して、gACEは発現している組織が限られており、に発現していることが知られている。 また、sACEは活性部位をN末端側とC末端側に2つ持つのに対し、gACEは活性部位を1つしか持たない。 sACEのN末端及びC末端の活性中心部位はそれぞれアミノ酸配列は同じであるにもかかわらず、に対する反応性など性質が異なる点が存在する。 機能 [ ] レニン-アンジオテンシン系におけるACEの役割。 ACEの基本的な働きはアンジオテンシンIを活性体へ変換し、の制御を行うことにある。 また、ACEはの分解に関与するIIと同等であることが知られている。 つまり、ACEはアンジオテンシンIの変換とキニナーゼIIの分解の両方に働く酵素である。 その他にもや LH-RH 等を基質とすることが知られており、は低い。 近年ではACEの : renin-angiotensin system、RAS 以外に対する機能も解明されつつある。 ACE2 [ ] 2000年、ACEのとしてACE2が同定された。 ACEとACE2の構造は類似しているが、Ang I,Ang IIの両方を分解する一方でブラジキニンを分解できないことが報告されていることからACEとACE2では基質が異なると考えられている。 また、ACE2は、等の(ACE阻害薬)によって抑制されない。 ACE2は、、、、に高く発現しており、、、、に低く発現している。

次の

日本人はなぜ新型コロナウイルスに強いのか 新進気鋭のゲノム学者が解説

モンゴロイド コロナ

問題は、「なぜ中国の武漢で発生したのか?」と、誰も考えていないことです。 未だにエボラ・ウイルスやSARSが発生したのは、人間が猿やハクビシン、蝙蝠などを食べたせいである、と国立感染研究所の専門家たちは解説しています。 私が不審に思っているのは、世界的な科学学会自体が捏造していることです。 つまり、現代の自然科学の研究や学会は科学的な正義を振り回すことで成立しているところがあり、医療や科学の研究成果が、政府や軍の思惑が強く絡んでいるのが現状です。 実際に、欧米諸国では政府機関や欧州原子核研究機構(CERN)などが、独自で研究開発を進めた成果がインターネットやIT技術、バイオ技術などの分野である程度は公表されることがあります。 ところが、決して公表されない研究結果もあり、人口地震装置などもそのうちの一つである可能性があります。 実際、彼らは学会の見解を人為的に操作できるほどの力があり、必要不可欠な問題がないところだけ情報公開しているわけです。 結局、自分たちに不都合な真実や利権になる成果は決して公開することはありません。 特に、米軍やロシア軍、そして中国軍は明らかにバイオ技術の分野、つまりウイルス感染症などはその最たるものであるということです。 出典:2020年1月21日 NHK NEWS WEB) 17年前に中国のSARSや、10年前にサウジアラビアでMERSが発症した時と同じく、今回のコロナウイルスも研究所から実験体が逃げた可能性があります。 例えば、SARSの時はアメリカ国防総省(ペンタゴン)のスポークスマンは、「中国軍はウイルス兵器の開発拠点が5つある」と発言しています。 バイオ兵器の開発大国であった旧ソ連(現ロシア)は、冷戦終了後にその技術やノウハウを中国政府に提供し、軍事支援をしていたことはすでに明らかになっています。 現在でもウイルス兵器の開発は、世界の先進国や軍事大国では当たり前のことであるということです。 旧ソ連では、「バイオプレパラート」と呼ばれる軍産複合体が「生物化学兵器」を研究開発するために、各地に実験拠点を建設しましたが、その中でも特に有名なのが「エボラ+天然痘のウイルス兵器」です。 現在、天然痘ウイルスはWHO(世界保健機構)でも絶滅宣言を行い、私たち人類に免疫がないために一度パンデミックになってしまうとそれ以上は止めようがない現実があります。 当時、アメリカやソ連は天然痘ウイルスを保有している理由は、免疫を防ぐため、と述べていました。 しかし、ソ連では天然痘ウイルスにさらに殺傷力が高いエボラウイルスを加えて人類を滅亡できるほどの強力なウイルス兵器を開発していたわけです。 それに比べると、今回のコロナウイルスは死亡率が低い風邪の症状に似たウイルスとも言えます。 出典:2020年1月21日 大紀元 Epoch times) 中国メディアでは、コロナウイルスの遺伝子の8割はSARSウイルスと同じであると報じています。 実は、コロナウイルスのDNA組成よりもSARSウイルスのほうがDNAが大きいことが明らかになっています。 それでもなぜ人が死に至るのかと言えば、誰かがそれに別のウイルスを混合したからです。 具体的に言うと、SARSウイルスのDNAに多く含まれていた成分は、イネ科の植物などのウイルスに近く、風邪(インフルエンザ)のように簡単に多くの人に感染し、人を殺し、さらに人種を選びながら作用するというわけです。 つまり、中国人や韓国人、タイ人、そして日本人など「黄色人種だけに感染させるウイルス兵器」であるいう結論です。 不可思議なのは、中国軍はウイルス兵器の開発を旧ソ連から支援されて様々なウイルスも入手していたことです。 実は、アメリカ陸軍のウイルス兵器部隊が1990年代に中国人民解放軍と共同演習を実施しています。 そして、アメリカ防総省のスポークスマンの話では「中国人民解放軍ではなく、欧米の国際金融資本の仕業である可能性が高い…」と述べています。 「国際金融資本」とは、IMF(国際通貨基金)やBIS(国際決済銀行)などの国際機関、そして国際的な銀行家のことです。 例えば、フランスは「パスツール研究所」というウイルスの開発研究を行う施設を持っています。 長い間、南アフリカはアパルトヘイト政策の下で「黒人だけに感染させる選択的に殺すウイルス」の研究開発を行っていると言われてきました。 私自身、SARSウイルスとコロナウイルスについて調査するとよく出くわすのが「南アフリカ」にある国立感染症研究所(NICD)であったことが気になりました。 出典:2008年10月31日 AFPBBニュース) そして、コロナウイルスのDNA特許を持っているのも、その研究機関であることがわかりました。 要するに、何者かがコロナウイルスをDNA組成して中国の中央部にある武漢にばら撒いたということです。 あるいは、中国人民解放軍が南アフリカからコロナウイルスを購入し、研究開発をしていた際にそれが漏れてしまった可能性もあります。 いずれにしても、問題はSARSやMERSウイルスに感染した人々の死亡理由が特殊であったことを一般市民が全く知らないことです。

次の